木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 鳩山内閣記者会見 | main | 鈴木宗男外務委員長 >>
報道界の金属疲労・本日のおすすめブログ
★以前に書いたこと:

日本の中枢が二十年前にすべきことをしていないことが日本がブレる原因である

日本の中枢とは永田町、霞ヶ関、丸の内界隈にいる政治家、役人、報道人、経済人などから成る日本国家の意思決定に関わる集団

http://onomar.jugem.jp/?day=20090725

★「みんなで渡れば恐くない」・・・死語?

パロ

「みんなで見なけりゃそれで良い」現象が日本の中枢にあることが日本の低迷、混迷を招いているのである

派生現象のひとつが横着な報道である


どの世界をとっても一流の人は日々の精進があって大をなしている。手抜きとか横着とかがない。あらゆる機会をとらえて高いところへ進んでいく

ピアニスト・江口玲が書いたこと:
バイオリニスト・ギルシャハムと一緒にニューヨークの田舎の町での演奏へ行く途中、汽車の待ち時間が生じた。シャハムは駅の構内の柱の蔭でバイオリンを取り出して練習を始めた

おのまが目撃したこと:
昼間はビジネス客で混んでる雪園レストランであるが夜は空いている。シェフのジョンが店の一角で新聞を読んでいた。何を読んでいるのかと訊いたら、他のレストランでどういうものを出しているかをチェックしているのだと答えた

数人あつまって雪園で食べるときは一人$30ドルの予算でジョンに任せている。ここ八年そうやってきたが、いつ行っても初めて見る料理がでてくる。ジョンのレパートリーが増えつづけているからだ

ちなみにおのまはシンガポール時代の四年間、会食が多かった。殆どが中華料理であった。秘書はいつもレストランと相談してメニューをつくった。大概の中華料理を食べたと思った。それが間違いだと雪園で知った


一流の職人にある姿勢が日本のテレビや新聞には少ない

事象を前から後ろから、右から左から、草の根から宇宙のはてから見て、分析して、整理して報道しているというのが少ない

日々の報道だけではない

北米の書店に並んでいる政治や経済、歴史の本の99%に索引がついている。読者は索引を見てその本の大小軽重、どこに焦点をあるかが分かる。著者は自分が書いたものに過不足がないかをチェックできる。読んだあと時間がたって、もう一度見たいと思う個所をすぐ探せる

日本の書店に並んでいる政治、経済、歴史の本の99%に索引がついていない。読者は読みっぱなし、著者は書きっぱなし。読んだあと時間がたって、もういちど見たいと思う個所を探すのに時間がかかる


日本の既成マスメディアが流す情報を信じない人がいるのは戦前も戦後も変わらない

新聞は娯楽メディアの一種でしかないと喝破している人もいる

そういう人がネット時代になって増えている

既成マスメディアに期待しているマジメなひとがいる

期待が裏切られると怒る

マスゴミとののしる人はマスメディアに期待をかけているのだ。サラリーマン・報道人に何を期待するのかと冷めてるひとは何も云わない、ぐちらない


政治、官僚と同じように劣化している日本の報道界

劣化原因のひとつが「記者クラブ」

それを改革すると云ったのが民主党であるが初日につまずいた


その辺のことを書いたブログを紹介しようと思って書き出したのだがついつい長くなってしまった

サワリだけ紹介する

「別に記者クラブが悪いという話じゃない。政府の会見を開放してくれと言っているんです。記者クラブに限定した会見が、官僚とメディアの馴れ合いを生み、メディアは官僚に都合がいいように利用されてきた。その体質から脱却することが、脱官僚の入り口なんです」 


同じ問題を取り上げているもうひとつのサイト

2009・9・16

小沢代表は、こう答えた。
「わたしは政治も行政も経済社会も、日本はもっとオープンな社会にならなくてはいけない。ディスクロージャー、横文字でを使えばそういうことですが、それが大事だと思っております。これは自民党の幹事長をしていたとき以来、どなたとでもお話をしますよということを言ってきた思いもございます。そしてまた、それ以降もとくに制限はまったくしておりません。どなたでも会見にはおいでくださいということを申し上げております。この考えは変わりません」


http://www.the-journal.jp/contents/yamaguchi/

クリックすればへたらない
クリックしないと豚になる


http://blog.with2.net/link.php?310164

訪問者  260 222 257 183 201 199 327 215 380
投票者   69  67 73 75  64  67 73   55 55
ランク   18   20 17 18 19   18 19   23 25


全文はこちら

 
 

 

2009年9月17日(木)

鳩山内閣早くも公約違反? 隠れた官僚支配の温床壊せず

 民主党の鳩山由紀夫代表は、記者でごった返す狭い民主党本部に設けられた「ついたて」前の会見から、ようやく開放された。

 鳩山代表は16日、首班指名選挙で選任され、第93代、60人目の首相となった。直ちに首相官邸に入り、組閣作業に着手。午後6時から首相として、そして官邸で、初めての記者会見に臨んだ。

 政権交代という積年の夢を果たし、官邸に「入城」し、首相として会見を行った鳩山代表は、会見場のエンジ色のカーテンを背に、こう第一声を発した。

 「総理に選出をいただいた瞬間に、日本の歴史が変わるという、身震いするような感激を感じ、一方では大変重い責任を負った。この国を本当の意味での国民主権の世の中に変えていかなければならない。そのためには、いわゆる脱官僚依存の政治というものを今こそ世の中に問うて、そしてそれを実践していかなければなりません」

 国民の期待を背負った鳩山首相、民主党政権は今後、「脱官僚」を旗印に、霞が関にメスを入れ、大なたを振るう。

 しかし、早くもこの記念すべき就任会見自体が「官僚支配の象徴」であり、「公約違反だ」と指摘する声が上がっている。

慣例に基づく取材規制に守られた“永田村”

鳩山邦夫氏の公設秘書を務めたこともあるフリージャーナリストの上杉隆氏 (撮影:都築雅人)
画像のクリックで拡大表示

 声の主は上杉隆氏。鳩山首相の弟、鳩山邦夫氏の公設秘書を務めた後、米紙「ニューヨーク・タイムズ」東京支局の記者となり、現在は「週刊文春」など雑誌メディアを中心に、フリージャーナリストとして筆を走らせる。

 首班指名が滞りなく終わり、閣僚の呼び込みが始まった頃、上杉氏は永田町でこう息巻いた。

 「鳩山代表、小沢一郎代表代行自ら、『民主党が政権を取ったら、会見はオープンにする』と、3度も約束した。にもかかわらず、最初の会見から果たされていない。事実上の公約を破り、国民の知る権利を侵害する行為で、極めて残念です」

 長年の「慣例」で、官邸や国会、省庁など永田町での会見は、新聞社と在京キー局などが加盟する「記者クラブ」が、各組織と共同で開催することになっている。

 首相官邸での取材活動であれば、「内閣記者会」、自民党本部であれば「平河クラブ」などと細分化されており、会見への参加は原則、それぞれの加盟社に限られる。

 だが、民主党本部だけは違った。

「今回は5人の記者にお入りいただこうと思っています」

 2002年、当時幹事長だった岡田克也氏(外務大臣に就任)が、週刊誌やスポーツ紙、海外報道機関、フリージャーナリストなど広くに記者会見を開放し、以降「どなたでも参加いただけます」とのスタンスを貫いてきた。

 そのスタンスは民主党が政権を取ることが確実となった総選挙以降でも変わらない。投開票日の開票センターの会見や、連日、民主党本部で開かれた会見は、広く、国内外のメディアに開放された。

 しかし、場所が官邸に移った途端、事情が変わった。会見への参加が許されたのは、内閣記者会に加盟する各社の記者、海外メディアの記者10人程度、そして、日本雑誌記者会に加盟していて、国会記者証を持つ5人の雑誌記者である。上杉氏は、官邸の外にいた。

 断っておくが、この話は「大手メディアvs在野メディア」という対立構図で描こうとしているわけではない。「新政権vs官僚」という対立構図が、早くも透けて見えるのだ。


| おのまのプロフィール | 政治経済 | 00:02 | comments(2) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:02 | - | - |
政治家VS官僚。
どう見ても政治家には勝ち目がなさそうですね。
角栄さんは別だったらしい。
とすれば小沢さんなら、と考えますが彼は初めから対決しないような気がします。理由はないです。

私はどうしても自民党が行き詰まったのはブッシュ家の政策行き詰まりの余波を日本も受けたとしか考えられません。
米政治家を動かしているのはエネルギー多国籍コングロマリットと金融、防衛、農業を含む傘下の企業群と見ますと30年間に及ぶブッシュ王朝の崩壊が08年の選挙でジェイ・ロックフェラーが民主党のオバマを支持したのと偶然の関係ではないと思います。

戦後の日本は米軍プレゼンスに象徴される米国下の終戦支配が何かの形で残っている(具体的には知りませんが)その顕著な分野が防衛(産業)ジェット飛行機製造業、農畜産業と多岐に渡っているのではないでしょうか?

米国の政治は民・共に2分され階層闘争如く2者は交わることがないと
見え、民主党は国内政策に強く共和党は国際政策に関心があるようです。共和党支持者は国際的に利害関係を持つと成ります。
とすればブッシュ共和党の影響下に置かれた対日政策(日本に於けるネオコン同調者や古森氏の様な論客存在理由がここにある)はブッシュがこけたとしても嘗てのブッシュ支持者はオバマ支持者となって日本に影響力を与えようとするでしょう。

これが正しいとすれば、リベラルの考えで日米の協調が出来ると思いますが、経済問題・軍事・基地問題についてはなんら変わるところがないと思います。

数ヶ月もすれば上記の考えが正しいか間違っているかわかることでしょう。



| tomtom | 2009/09/19 10:01 PM |

どうして、みんな入れてくれないんですかね〜。
変なの。

ところで話しが変わって申し訳ありませんが自立支援法が廃止される方向に決まったようです。私は助かります。毎年の手続きが、どんなに面倒くさい事か。ついでに特定疾患の面倒な手続きも改正してほしいです。
| ちぎ | 2009/09/19 10:40 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2778
鳩山文化大革命・デザート政策の致命的欠陥
   ||| 政治はデザートハウスではない |||  鳩山政権が連発するデザート政策は、日本の官公庁の人的・知的資産の喪失を招く    次期鳩山政権の打ち出そうとしている施策が  次々に明らかになるにつれ  そのあまりの無謀さ加減に、  不安を通り越して
| 米流時評 | 2009/09/18 11:36 AM |
日本のパワーシフト・保守から革新へ、歴史的大転換
  ||| 日本のパワーシフト・鳩山内閣発足 |||  保守から革新へ。日本の歴史的な方向転換を図る、鳩山首相の民主党内閣誕生   ついに発足したハトヤマ=キマイラ内閣。 キマイラというのは、ギリシャ神話に出てくる、ライオンの頭と山羊の身体を持ち、蛇の尻
| 米流時評 | 2009/09/18 11:46 AM |
自民党総裁選 「ダメ垣・・・ウンウン。西村 WHO? 河野?引退撤回したのか?エッ、太郎!?」 小沢一郎
第1次鳩山内閣支持率が報道各社で発表になり、各社とも高い支持率が出ました。 史上2位なんて、報道する "まずゴミ" もあって、じゃあ1位...
| ラ・ターシュに魅せられて | 2009/09/18 7:16 PM |
報道統制という嘘
  NIKKEI BP netに花岡信昭の「我々の国家はどこに向かっているのか」というコラムがある。 その中に下記のようなくだりがあった。 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090917/182230/?P=2 官庁取材の道を閉ざす鳩山新政権  平野官房長官によれば、 「官僚の
| 雑感 | 2009/09/18 10:36 PM |
【情報公開】各閣僚は外相を見習って会見における参加制限を撤廃すべきだ!【門戸開放】
 マニフェスト実現に向け、順調に船出したかに見える鳩山新政権であるが、正直言って 今ひとつしっくり来ないところ がある。  それは、鳩山新政権と新聞社やTV局など既存マスゴミの関係のあり方である。  無論それは、既存マスゴミが殊更騒ぎ立てている各省庁事務
| ステイメンの雑記帖  | 2009/09/19 1:29 AM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters