木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ローウェンピアノ | main | 散歩の効用 >>
喜顔能・億渡入場園
きょうの題をみてピンときたら貴方の記憶力、推理力は抜群。

キッチナー⇒トロント⇒バンクーバーと旅行をして昨日からわがやに泊まっている高木裕美、水沢利栄夫妻が住んでいる福井県は海の幸には恵まれていて、私も四年程前ご馳走になったことがあります。

福井駅ちかくの飲み屋街のビルにある「加納」は東京にもありそうな構えの店。小さなカウンターに陣取り、ビールを飲んだところまでは普通でしたが、そのあとにでてきた刺身や蟹料理のうまいのには驚きました。ふたりがよく来る店なのだそうです。こう書いているとまた行きたくなります。

そういうところで食べているふたりを日本料理店に案内するには一工夫いります。でもって連れて行ったのが表題にある店。キツラノにあるオクトパスガーデンと読めましたか?材料が新鮮、創作寿司が面白い、そしてご存知のように落語家たちがいる。実は水沢さんはダジャレが大すきで、会話のほとんどはダジャレで構成されています。高木さんから、アナタいいかげんにやめさいとよく怒られていますがそれでやめるようなヒトではありません。

店に入ったのが六時半、客の入りは七分。カウンターに席をつくってもらい、店主サダさんの前にすわったとたんに水沢さんとのかけあいが始まりました。カウンターの端にいた若いカナダ人カップルも英語のダジャレで笑わせる。高木さんは創作すし、とくにポールマキに感激。サダさんが石川県、山中温泉にある「かよう亭」という旅館に毎年行っていると聞いて、次回は福井まできてくださいと意気投合。

さんざん騒いで四時間の長居。さて勘定を払おうとしたら、さきに帰ったカナダ人が我々の為に百ドル払っていったといいます。見知らぬカナダ人におごってもらうなどは三十年のあいだ初めてです。生活実感では百ドルは一万円より価値ありです。こういうのを「芸は身を助ける」というのでしょうか、なんだか複雑な気持ちです。

「加納」はHPをつくっていません。福井市にいったら片町という飲み屋街に行ってください。いまならマツタケ料理が始まったころです。

http://www.diners.co.jp/comyu/signature/selected/2002_01/top_body.html
http://www.van-info.com/octopusjapanese.html
| おのまのプロフィール | バンクーバー | 13:17 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:17 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/274
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters