木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 相撲・名古屋場所中日 | main | 木を彫る >>
蜂退治
三年前のいまごろ。寝袋をもってこの家に泊まりこみ改修工事をはじめた頃のことです。玄関ちかくの木壁のすきまから蜂が出入りしています。
床工事にきていたポーランド人が、家の中に巣がある、危ないから専門家に頼むか、薬を買ってきて吹きかけるかしたらよいと言います。薬を買ってきて出入り口らしきところに吹き込むと翌日から蜂の姿はなくなりました。
先週、玄関前の花壇に散水をしていると蜂がわんわん集まってきます。ハハアと思いよく見るとやはり木の壁のすきまから蜂が出たり入ったり。こちらを刺すことはしませんが来客になにかあるといけません。またも同じ薬を買ってきてシュっと吹き付けておき、一時間後にみると十匹ほどの死骸がありました。巣を作り始めて時間がたっていなかったのかもしれません。
花壇からちかい玄関脇は蜂にとって便利でしょうが、ニンゲンと共有すべき場所にあらず。気の毒ですがこうするしかない。サダム・フセインが毒ガスでクルド人を虐殺したのと同じ行為だと思いました。
ところで蜂を英語でなんというかと問われればbee と答える方が多いでしょう。ところが蜂殺しのスプレイ缶にはbeeとは書いてなく、hornet、waspと書いてありました。


| おのまのプロフィール | 動物 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/27
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters