木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< カケスの挨拶 | main | ひさしぶりの雨 >>
バーナビー野外コンサート
バーナビーというバンクーバー市に隣接した市にディア・レイクという湖があります。我が家から距離にして20キロ、高速道路にのって車で15分。そこで昨夜七時半から野外コンサートが開かれました。無料です。

この野外コンサートは今年で五十回目になるそうですが、いままでそういうコンサートがあるのを知りませんでした。例年七、八千人ほどの観客が、今回は一万人集まったそうです。自分でイスや敷物、なかには小型テーブルまでもってきて、好きなところに陣取ります。老人から赤ん坊、犬まできていました。

出し物はバンクーバー交響楽団が中心で、ドボルザーク(謝肉祭)オッヘンバック(天国と地獄)チャイコフスキー(クルミ割り人形)などポピュラーな曲を数曲演奏しました。舞台はテント、一万人もいる野外のためマイクロフォン、スピーカーを使っての演奏。右にあるハープの音が左から聞えたり、やたらティンパニーの音が大きかったりで、昔のSPレコードのような音響です。それでも学生のバイオリニスト、ピアニストと共演すると(チゴイネルワイゼン、ラフマニノフのピアノ協奏曲二番三楽章)普通の演奏会にちかい音になりました。

指揮者はビクトリア交響楽団の音楽監督もしているという女性。彼女が曲ごとに説明をするのですが、ある演奏の最中に公園のまうえを飛行機がよこぎりました。飛行機の音が演奏を邪魔したのはほんの一分ほどでしたが、イラクではアメリカ軍が爆撃しているのだなという思いにとらわれました。その演奏がおわると、彼女が、こういうきれいな夏の夜、いろいろな人がこうして集っている、なんの恐怖も感じる必要のないカナダという国はすばらしい、と言い、観客から一斉に拍手が送られました。一万人の観客がみな同じ思いで飛行機の音を聞いたのかもしれません。

| おのまのプロフィール | 音楽・美術・映画 | 18:51 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:51 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/266
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters