木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 林雨・第四十三回・五月騒動 | main | 二階堂ドットコム・ 鳩山政権@小泉・竹中の総括 >>
ゲンキー記・動物病院三回目・船乗り

 ★
六月二日(火)。さいごの予防注射をうつためゲンキーを病院へ連れて行きました。 

猫運搬カバン、略して「猫運」には慣れたようですが車が動き出すと情けない声をだします。病院へ行くのが分かっているのか、それともどこか知らないところへ行くと思って不安になっているのか。

小さい時分から今に至るまで何度も何度も引越しをし、またいろいろな所に旅してきた斧魔ですが見知らぬところへ行くときには好奇心にくわえて恐怖心が生じます。恐怖心とはおおげさな。

日本に行っているあいだでさえもなにがしかのストレスを感じます。ストレスの本性とは一種の恐怖心なのだろうと思うわけです。

外猫ゲンキーにとっては見知らぬところへ行くことではなく猿のシステムに囚われることが恐怖を呼び起こすのかも知れません。


病院で待っていると先客・♂が「猫運」とともに診察室からでてきました。猫運を見てびっくりしました。ゲンキーがいる!

その人もゲンキーが入っている猫運をみてビックリして云いました。ふたりの父親はセーラー(船乗り)だ!

写真を撮っていいと云うので車からカメラをとってきてパチリ。

 

写真を撮りやすいように扉を開けてくれました。ゲンキーだったら飛び出してくるでしょうがこちらさんは奥に引っ込んで動きません。





ゲンキーとツーショット。




動物保護センターから貰った猫♂、推定年齢四歳四ヶ月、外にでるのは一日に一時間くらい、家から二十メートル以上は離れない、他の猫との折り合いは悪いとのことでした。




クリックしたら恐くない クリックしないと豚になる


http://blog.with2.net/link.php?310164


二十一位 247人 660点

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 23:34 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:34 | - | - |
おのまさん、こんんちは!
最初、文章を読まずに写真だけを見て、「ゲンキーちゃん、ホッペを猫運の壁に引っ付けてる」と思っていたら...!
目の色、毛のフサフサ感、鼻がピンクなどなど一緒ですねぇ〜!
猫達はいたって『猫に小判』といった感じで気にもしませんが、パパさん達は大興奮だった事でしょうね(笑)!

私達も猫を飼っていた頃、引越しや病院に行く際は大変でした。
車/引越しトラックの中で大騒ぎでしたから...
今は“おてんば犬”がいるので、どこに行くのも喜んでます(笑)!
まさに「猫は家になつく」「犬は人になつく」本当だなぁ〜と思いましたよ!
| トン子 | 2009/06/04 10:57 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2628
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters