木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 朝鮮・人質外交を認める | main | 朝鮮・日本が先頭? >>
朝鮮の内情は分からないということが分かった


(写真:TIME)


五月二十七日にこう書きました:

2 心身が弱っているかのように見える金正日、強大な力を持っているかのように見える軍、洗脳されているかのようにみえる国民が実際はどうなのか、彼らの力関係はどうなのかを想像し、修正しながら考察しないといけない。

3 日本でコリヤ・ウォッチャーを名乗る専門家は手の内を明かして欲しい。手の中に何もないのならそういって欲しい。


そのご毎日かならず朝鮮に関する報道を追いかけてきましたがガッテンガッテンというものがありません。

そこで思い出したのはアメリカ大統領予備選挙のころに日本のアメリカ通といわれる人たちの読みの甘さでした。ワシントン駐在のNHKや産経、ニュージャージー在の作家、東京大学の政治学者、いずれも的外れの論が多かった。日本人だけでなくアメリカの論壇にでてくる人でもいただけないものがたくさんありました。

今になってみるとあの人は未来からきた人ではなかったのかと思うほどよく当たっていた人もいましたね。そのひとの名は斧魔。

朝鮮についての専門家も実際は分かっていないのかもしれない。分かっていないということが分かればよい。

そう思った矢先にタイミングよくタイムの記事がでました。

イラン情報に携わっていた元CIA職員いわく、朝鮮のことは分からない。ピリオド。


記事の要旨です。

朝鮮のことは分からないという事実と向かいあうべき時

By Robert Baer Sunday, May. 31, 2009

 
ワシントンは朝鮮の意図することが全くわかっていない。

核爆弾について朝鮮のどの元帥が賛成でどの元帥が反対なのかが分からない。金正日が実権をもっているかどうかも分からない。

ラジオ放送がないまま大軍を動員できるのは世界で朝鮮だけである。

アメリカは偵察飛行機をつかったが朝鮮にあとどのくらいプルトニウムがあるのか、朝鮮が韓国侵攻を本気で考えているのかなどは分からない。

実情がわからないというのはイランでもそうだった。

情報があいまいなまま先制制裁をするのは無意味である。事後制裁でよい。

核実験をしたら実効性のある経済封鎖をするのが良い。今回は中国が朝鮮との国境を閉鎖し食料以外のすべてを遮断することである。


核実験やミサイル発射があったらそれらに要するエネルギーを遮断しようという趣旨。

かつてABCDラインで経済封鎖された日本が暴走した例があります。朝鮮も暴走するかもしれません。でもそれ自体が戦争である先制攻撃をかけるよりは上策だと思います。

朝鮮をならず者国家だと非難するのであれば日本はならず者と同じ次元に降りて騒いだり、戦争をはじめたりしないことです。日本が先制攻撃をしないことイコール座して死ぬことであるなどというのは暴論です。やられたらそのあとでやりかえせば十分です。攻められたら犠牲者はでますが先に攻めてもでます。

戦争は長引きます。先制攻撃では勝負がつきません。先制攻撃が成功したと浮かれるのはノーブレインだけ、大概は負けていきます。真珠湾、朝鮮動乱、トンキン湾、ブッシュ戦争・・・


ロバート・バウアーという元CIA職員は「24」のモデルだったりして(笑)

ジャック・バウアーJack Bauer):キーファー・サザーランドによって演じられている



クリックしても分からない クリックしないと豚になる

http://blog.with2.net/link.php?310164


十四位 210人 950点


記事の本文
Time to Face Facts on Our North Korea Ignorance

By Robert Baer Sunday, May. 31, 2009



It's not what we know about rogue states and their nuclear bombs that should scare us — it's what we don't know. North Korea's test of a nuclear device on Monday may not have come as a surprise to Washington, but only in the sense that Washington knew Pyongyang was defiant enough to set one off. Beyond that, truth be told, Washington is completely in the dark about North Korea's intentions. It can only expect the worse and hope for the better. (See TIME's photos of North Korea's DMZ: The Most Militarized Border)



Since its founding in 1948, North Korea has been an American intelligence nightmare. There's no American embassy in Pyongyang, few Americans visit the country, and, when they do, any substantive contact with North Koreans is impossible. We have no idea which generals are for the bomb and which are against. For that matter we're not even sure Kim Jong Il, North Korea's leader, is really in charge. (See TIME's photos: Kim Jong-il's Doctored Photos?)



It is impossible for American intelligence to understand the North's military, the people who keep Kim in power. Military officers are rarely let out of the country, and when they are they travel in pairs, preventing any possibility of making contact. To give you an idea just how impenetrable the military is, North Korea is the only country in the world that can execute large deployments while maintaining radio silence. If it can enforce discipline like that on the military, it's not surprising that it has no problem keeping its nuclear secrets. (See TIME's gallery: North Korea Goes to the Polls)



There are always lucky breaks, but we have to face that fact that we will never get inside North Korea to the point that we can rely on an international monitoring system. On Tuesday, the U.S. military flew "sniffer" planes off North Korea's coast, hoping to learn more about Monday's test. But it will be of little help. It cannot tell us how much plutonium the North still has, whether it intends to restart the Yongbyon reactor, or, for that matter, whether it is seriously thinking about invading South Korea.



We have the same problems with Iran, having no idea how close it is to a bomb. Since the Shah, the American intelligence community every four years incorrectly predicted Iran would get the bomb in the next five years. Today, even if Iran were to submit to complete international inspections of its civilian nuclear facilities, the suspicion would always hang over us that Iran has kept a secret nuclear-weapons program run by the military.



What this all means is that better intelligence, pre-emptive sanctions based on incomplete or inaccurate intelligence, and threats are not going to stop North Korea or Iran from becoming nuclear powers. Instead what we need is an ex post facto international regime with real teeth: You test a bomb, and you face certain and total economic embargo, one that will make the pre-emptive sanctions we have in place now seem like a day at the polo club. Right now China should be closing its border with North Korea, cutting off everything except food. It is only when the lights go off in Pyongyang that the North Koreans will seriously consider giving up the bomb.



Baer, a former CIA field officer assigned to the Middle East, is TIME.com's intelligence columnist and the author of See No Evil and, most recently, The Devil We Know.



| おのまのプロフィール | 政治経済 | 23:05 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:05 | - | - |
はじめまして。TBありがとうございます。
これからも、宜しくお願いいたします。
| 北の魚屋 | 2009/06/02 9:06 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2626
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters