木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 未熟な韓国? | main | 朝鮮の核実験に関するメモ >>
未熟な韓国? @ コメント

昨日の日記へのコメントありがとうございました。

取り急ぎコメントバックします。起きたばかりでボーっとしているし相変わらず耳の不調で頭がヤカン状態なので的外れ、書き忘れがあると思いますがご容赦ください。


軍事政権から民政移管後、日の浅い韓国で、自由な選挙と言う物が難しく、贈賄が後を絶たないという話は聞きます。特定の企業グループからの献金、支援なども同じ。

そして、政権が変わると、前任者が、報復によって訴追、処罰される傾向。

それは確かに民主主義の未熟と言えるかもしれません。

しかし、戦後、一時の夢を除いては事実上の一党独裁を、民主主義国家を標榜しながら許してきて、腐敗の自浄作用すらない日本が、韓国を嗤うことなどできるわけがありません。 | 眠り猫 | 2009/05/25 6:45 AM |


社会システムが良いとか悪いとかを言い切ってしまうのは確かに勇気が要りますよね。
韓国の大統領が変わるたびに断罪されるのは、中国式の権力構造を模写した社会であると認識すれば説明がつきます。

中国では権力が交代するたびに前支配者を全否定して、文化や都市の破壊までやってしまいます。数千年の歴史を誇る割りに文化財に乏しいのはそれが理由です。

中国の社会システムを模倣してきた朝鮮(韓国)が前権力者を貶めるのも、その風習を受け継いでいるからです。

成熟した社会、未熟な社会ということも一時期成熟したかに思えても、それを維持できるかは別の話ですから、どこが成熟していて、どこが未熟なのかも曖昧です。現実にかつて日本が見習い目標としてきたアメリカの現状は、世界の手本になるような社会ではなくなっています。

日本人の朝鮮嫌いについては、私なりの根拠があるので少し。

私の両親や子供のころにお世話になった方々(戦前、戦中、戦後に朝鮮人と接していた人たち)は朝鮮人についてあまり語りたがりませんでした。

しかし、数少ない朝鮮人について語ってくれた人の体験は、恐ろしく腹立たしく、だれでも朝鮮人が嫌いになるような話でした。

終戦までは日本人社会の中で調子よく振る舞っていたのに、日本の敗戦と同時に手のひらを返したように「勝者」だと威張って日本人に暴力を振るう、略奪を行う。こういった状況は渥美清さんの自伝にも書かれています。

知人のおばさん(故人)が話してくれたことは「朝鮮人を信用してはいけませんよ」ということでした。

朝鮮人たちもおそらくそれについての自覚はあるはずです。

逆に朝鮮人が日本人を嫌う理由は想像ではありますが、この終戦直後の「変わり身」に大きな理由があると思うのです。

戦前戦中は日本人として振舞ってきた朝鮮は日本の敗戦によって「敗者」となるべきでした。しかし、戦後の世界情勢から曖昧な立場におかれ、それ幸いに「植民地にされた被害者面」を装うことになったのです。

当然、日本からは否定的な反応を受けるわけで、それでも「被害者面」をし続けて国民を団結させるには「反日」を国是にするしかなかったわけです。

終戦直後の朝鮮半島での日本人の虐殺や暴行・略奪についても「勝者」を主張しなければ、いずれ日本から賠償や謝罪の要求があると内心ビクビクしていたのです。

ケンカは先に切れたほうが有利なように、朝鮮人は日本人が賠償・謝罪を言い出す前に自分からそれを言い出したのです。

日本の社会の内部でも朝鮮(韓国)は日本の教育に口を挟み「戦争責任」を強要したり、韓国資本にマスコミを押さえさせて偏向報道をさせているのも、すべては自分たちの「悪行」を日本人から指摘されるのを恐れているからなのです。

| 木魚 | 2009/05/25 10:15 PM |


>こんなケースの続出する国はやはり成熟した国とは思えませんね。

この発言者の脳内は成熟しすぎて多分醗酵しているとしか思えませんね。
| tomtom | 2009/05/25 11:43 PM |



贈賄が後を絶たないという話は聞きます。特定の企業グループからの献金、支援なども同じ。

すべて断ったとはいえ斧魔も銀行時代に賄賂や過剰接待の誘いをうけたことがあるので韓国に限ったことではなかろうと思います。

腐敗の自浄作用すらない日本が、韓国を嗤うことなどできるわけがありません。

同感です。

中国式の権力構造を模写した社会であると認識すれば説明がつきます。

なるほど。この一言でもって「韓国は成熟していない国」というテーゼを崩せますね。

どこが成熟していて、どこが未熟なのかも曖昧

はい。曖昧な言葉を使って決めつかないでくれるなです。

(戦前、戦中、戦後に朝鮮人と接していた人たち)は朝鮮人についてあまり語りたがりませんでした。

朝鮮人を信用してはいけませんよ

子供のころから満州でくらした父は寡黙でしたが、あるとき突然「支那人は良い。朝鮮人は頭が良いがずるいから信用するな」というようなことをぽつんと言いました。敗戦のあとしばらく満州で隠れ住んでいたときに支那人からは助けられたけれど朝鮮人には裏切られたようです。

トロント時代の知人はこれまた言葉少なく、満州から逃げ帰るときに朝鮮人から受けた仕打ちを許さないと云いました。

二人とも近寄りがたい雰囲気があったし、被害の痛みを知らない自分が根掘り葉掘り訊けることでもないとそのまま終わりました。

痛みを知らない者が言うことではないかもしれませんが、そして簡単に片付かない話ではないと知っていますがあえて乱暴に括ってみます:

「朝鮮人の仕打ちに対して無念の思いをした日本人がいるが、同じように日本人の仕打ちに対して無念の思いをした朝鮮人、韓国人がいる。互いに味わった痛み、怨念を忘れる必要はないが、それと折り合っていく道があるはずだ。中東に見るような殺戮の世界を北東アジアにもたらさない道があるはずだ。そのためには非難、誹謗中傷を控えるのが良い。」

この発言者の脳内は成熟しすぎて多分醗酵しているとしか思えませんね。

発酵とはまたスゴイ発想。 

酢になったワインはもとに戻らない

古森義久氏や花岡信昭氏にもっと丁寧に考えてよと頼んでも手遅れですか。

まてよ、酢はワインに変わらないのほうがいい?


朝鮮がふたたび核実験をしたというニュースが流れています。

タイムマシンで未来に飛びましょう。

北東アジアで熱い戦争が始まる。それとも雨降って地固まる。

どちらが望ましい未来かは自明です。

なすべきこと、なしてはいけないことを考えながらクリック願いますワイングラス



http://blog.with2.net/link.php?310164

昨日は七位にランクアップ
アクセスは1000頁前後でいつもと変わりない
訪問者は549人と倍増
投票者は104人と微増
投票率は二割を切る暴落

やっぱりオマジナイが要るか

クリックしないと・・



| おのまのプロフィール | 政治経済 | 00:52 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:52 | - | - |
 私の父母は満州の大連で敗戦を迎えました。相互に別々の境遇でして、知り合ったのは戦後です。

 父は、四国で生まれ育ち、満州の学校に行ったのです。当時、国策で、満州で働く日本人を養成するために、学費無料の国立の学校があったのです。進学を祖父に反対され、家出同然に満州の学校に行ったのでした。
 敗戦の直前、現地応召され、前線に向かわされる途中で敗戦になったそうです。

 母は、大蔵省官僚だった祖父が、満州の国営企業に天下りしていたので、満州で生まれました。使用人を何人も使う裕福な家庭だったそうです。
 ですが、敗戦ですべてを失い、混乱の中で栄養失調と疫病で、父母と兄姉を失い、病んだ兄1人と、母と弟の子供だけで引き上げてきました。

 父は、敗戦後、最初は学校の寮を拠点に、学生同士で助け合って生活していたものの、そのうちばらばらになり、最後は中国人の豆腐屋さんの好意で、寄宿させてもらいながら、ロシア兵相手のバーテンダーなどしながら食いつなぎ、日本に引き揚げてきました。
 母は、結核に冒されながらも、母とその弟を一緒に日本まで連れ帰ってくれた兄と帰国し、その兄は結核療養所で死亡したそうです。

 朝鮮人との接点はどちらも無かったそうですが、父は中国人に深い恩義を感じています。
 母は、冷たかった日本の親族や、なけなしの財産をだまし取った日本人の男を恨んでいます。

 戦争というバカげた悲劇の陰で個々の人は様々な経験をしたのでしょう。そのどれか一つを取り出して、ある民族全体を語るのは間違いだと思います。母の例を出せば、日本人が一番悪質と言うことになります。

 他民族を嗤うことで自分のアイデンティティを保とうという、劣悪なレイシズムは、何も生み出しません。
| 眠り猫 | 2009/05/26 3:11 AM |

こんにちは、いつも楽しく拝見させていただいております。
ちょっと一点気になったのですが、訪問者が549人/1日として、投票者が104人/1週だと投票率は約3%ではないでしょうか?投票者のポイントは週間で計算されているはずなので。ちょっと気になってしまいました。私の計算が間違えていたらすみません。
| Take | 2009/05/26 2:25 PM |

次のようなイベントをやっております。
もしよろしければご参加ください。

4.28 パール判事の日本無罪論購入イベント2
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1241496768/

現在amazon150位です。

『パール判事の日本無罪論』(小学館文庫) 560円
http://www.amazon.co.jp/dp/4094025065

非常に有名な本です。

右寄りの方は「基礎知識」として、
左寄りの方は「敵を知る」ために、
ぜひ御一読ください。
| 田中 | 2009/05/26 6:58 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2619
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters