木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記・ 動物病院初体験 1 | main | 林雨 第四十二回  征的言動 >>
日本@2009年2月 偶然か必然か 前編

四月十日のブログで「日本@・・・」シリーズが停まっていますが書きたいことはまだあります。

なんで停まったかというと某女性と某所で会ったときの写真で迷ったからです。

女性を仮にさっちゃんとしましょう。ネパールに行ったさっちゃんとは別人です。

さっちゃんからはブログに写真を載せて良いと云われているのですが書く段になってはたと考えました。

このブログはオカミから不届き千万なブログであるとにらまれているような気がする。

若い女性がでてくると下々の者はあらぬ妄想をしているような気がする。

このブログが不届きであるとは思わないし若い女性がでてきても妄想にかられないあなたは今の世では貴重な洗剤、いや存在です。

嫁入り前のさっちゃんの写真を載せるのはまずいのではなかろうかと書けなくなったのです。

しかしそこは天災斧魔・・・天才斧魔、写真の代わりにイラストを載せればいいと気がつきました。

天才は忘れた頃に思いつく


天災は忘れた頃にやってくる (寺田寅彦)のパロ


さっちゃんはキャリヤウーマン。忙しいスケジュールをやりくりしてもらってランチを一緒にしたのですがいろいろな事情が重なって入ったのが某ホテルにあるフランス料理店。

おのまはフランス料理が苦手です。ワインを選んでいるあいだソムリエの冷たい視線を感じませんか。フランス料理店にはたいがいあります。酒の銘柄を知らなくても日本料理店では感じない差別的な雰囲気。

他の店も二、三のぞいたのですがみんな閉まる寸前だったので仕方ありませんでした。


二時過ぎのフランス料理店にいる客はわれわれ二人だけ。

ワインを勧めにきたソムリエが若い女性ときました。

こういう場面で斧魔のテレパシーは鋭くなります。

ソムリエのお嬢さん、営業的笑顔の蔭でこのG3いやらしい魂胆があるにちがいない、この子は何が哀しくてついて来たんだと考えている・・・・

そういうことではないのだというのが分かるようにさっちゃんと共通の知人の名前をだしたりして田舎から出てきた親戚のおじさんのように振舞いましたがそれもわざとらしいのではなかろうかとあせります。




本人と似ていません

晴れ http://blog.with2.net/link.php?310164

本日二十六位 600 点 

| おのまのプロフィール | 非日常感覚 | 10:55 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:55 | - | - |
本人と似てる(笑)
| sayosuke | 2009/05/02 5:30 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2593
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters