木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 体調不良・片目のジャック | main | 日本@2009年2月 偶然か必然か 前編 >>
ゲンキー記・ 動物病院初体験 1

はやいもので母の日がくるとゲンキーは満三歳になります。

「猫年齢」でググル:
 
2歳=23歳 オス猫の発情期がさかん。ケンカによる怪我や感染症に注意!
3歳=28歳 オス猫のサカリ全盛期。ケンカによる怪我や感染症に注意!
4歳=32歳 毛のツヤも最高!まだ若い。貫禄が出てくる。活発に行動する。
5歳=36歳 運動能力が低下してくる。犬歯が衰え始める。
6歳=40歳 肥満が増える。白髪が混じる毛色が薄くなる。腎不全に注意!


一日の大半を外で過ごしているゲンキーは元気一杯の子供だと思っていましたが人間にすると28歳ですか。


28歳。オノマは東京から大阪に転勤。

いそいでサラリーマン時代をふりかえる。リーマンと省略すると語感がよいので使っていたがリーマン・ブラザーズが有名になったのでやめ。

見知らぬ土地に移るたびにサラリーマンは情緒が乱れそして図太くなっていく。

いちばん図太くなったのは中東の長期出張。斧魔は基本的には親切にできているが世の中にはそうでない猿がワンサといることに気がついた。この十年そういう猿が日本にたくさんいるのが見えてきた。


ゲンキーの毛並みが乱れてきたのはくさやのゲンチャンで帰ってきた一月あたりからでしょうか。その頃は週に二、三度の頻度で毛をすいていました。

三月のある日スキーのリフトで一緒になった人が自分も猫を飼っている、毎日ブラシをかけてると云うのでゲンキーにも毎日ブラシをすることにしました。

それまでは猫と毎日戯れてると隠居G3になるのではなかろうかという潜在意識があったような気がします。ゲンキーにしたって猿からあれこれ構われるのはうっとおしいだろうという気配りもありました。

毎日ブラシをかけること二ヶ月。チョー隠居G3になっていく斧魔・・・

世の中には若いうちから猫にかまけてる人がいますがダイジョービ? もしかして日本国家はどうあるべきかなんて考えたりしないのでは? 朝鮮のロケットを撃ち落せと聞いてそうだそうだと思ったんじゃね? あの辺から人気ランクが下がったから大いにありうるにょお。



朝鮮のロケットを撃ち落せって、はっつぁん朝から威勢がいいねえ。
なにロケットが落ちてきたら危ない。
なるほど、絶対に落ちてこないとはいえないねえ。
結構、おやんなさい。
日本の上空を飛ぶものは危ない。
七月に予定されてる韓国のロケットを撃ちなさい。
若田さんに言ってアメリカの偵察衛星を爆破してもらいなさい。
鳥インフルエンザがこわい。
飛んでる鳥を撃ちなさい。
ブタインフルエンザがこわい。
とんかつやに火をつけなさい。



朝鮮と日本との関係はおのまが生きているあいだ変わらないのでしょうかねえ。平壌(ぴょんやん)と福岡の距離はバンクーバーとバンフの距離だというのに。

美根日朝交渉大使が退任「後任は未定」
2009.4.28 21:21
政府は28日の閣議で、美根慶樹日朝国交正常化交渉担当大使が30日付で退任する人事を決めた。併任していた朝鮮半島エネルギー開発機構担当大使の辞職に併せた。後任はいずれも未定。

美根氏は平成19年9月にモンゴル・ウランバートルで再開された北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議「日朝国交正常化」作業部会に日本政府代表として出席するなどした
(出典産経)

作業部会に日本政府代表として出席するなどしただけ?

沖縄担当大使や朝鮮担当大使という役職は廃止するのがよい。問題を解決する気はゼロ、無難に過ごすことしか頭にない閣下たちに給料を払うようなぜいたくができる国ではない
(出典 木霊の宿る町 2008・8・4)

原口幸市閣下も美根慶樹閣下もお給料にみあった仕事をしたとは思えない。拉致問題は自分が解決すると言った安倍晋三や福田康夫あるいは外人との交渉に強い斧魔猿を朝鮮担当大使にしたらよい。
(出典不明)


脱線。


猿から構われるのはうっとおしいだろうと気配りしてたのに何のことはない。ゲンキーにブラシと声をかけるといそいそとついて来ます。



ゴロンというと寝転がります。



おいおい、猫のくせに猿の云うままになるのかよ?ジョージ猿のいうままに踊ったコネズミみてーだぞ。

ノドが快感スポットのようです。背中や尻尾はいやがります。




四月二十八日。

昨日のゲンキーはフケがたくさん出ていたので病気ではなかろうかと心配になりました。

だいぶ前からブラシをしながら今度病院に行こうかとささやいてきたので心の準備はできているだろうと思い動物病院に連れて行きました。ゲンキーにとって初体験です。


車に乗せるのはこれで二度目。病院まで二キロほどの距離ですが不安そうでした。

病院に入ると逃げ出そうとしたので猫運び箱(というんですか。持ち運びできる檻)を借りました。猫運び箱へ入れるようとして首や腕をひっかかれました。

みるにみかねた受付の女性がでてきてゲンキーの首をむんずとつかみあっさり入れました。なんと乱暴なことをすると思いましたが考えてみたら猫や犬の親は子供の首をくわえて運んでいますね。

でもゲンキーは猿からあんな風に扱われたのは初めて。自尊心が傷ついたんじゃなかろうか。

晴れ http://blog.with2.net/link.php?310164

本日二十六位 610 点 

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 05:33 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:33 | - | - |
 お見舞いが遅くなりました。
 耳、運が悪かったですね。痛かったり腫れたら、病院に早く行っていたのでしょうが・・・。
 ゲンキーも病院初めてですか。診療台の上でダップンしないように気をつけてください。

 GW。私は新潟に旅行です。温泉。あと、越後村上の塩引鮭を食べる予定です。
| 眠り猫 | 2009/04/30 3:28 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2592
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters