木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ケニヤに旗 | main | スキー十六日目 二月二十六日(木) >>
朝鮮のロケット騒動に関する中間総括

朝鮮のロケット打上げについては耳の不調のせいか詳しく考える気も起きなかったし四月四日がどういう日になるかのイメージも沸きませんでした。

気力不十分にかわりありませんが簡単に中間総括をします。


日記にも書きましたが日本のごく少数のばか猿たちが騒いでいるという印象でみていました。

ただいま四月十一日(土)朝。結局のところ国連決議もおこなわれず竜頭蛇尾でおわった日本という国がバカ猿であったという印象になっています。実に残念です。


北朝鮮のミサイル問題:04月12日 07:00 Nikkei

(4/11)対北朝鮮、調整中の議長声明案 「ミサイル」表現なく

 北朝鮮への対応を協議している国連安全保障理事会は11日、発射を非難する議長声明案の最終調整に入った。国連関係筋によると米国と中国が作成した議長声明案には「ミサイルを発射した」という表現がどこにも使われていない。北朝鮮が何を打ち上げたかは記さず、ただ「発射(launch)を非難する」としている。

 だが、中国やロシアはミサイルと共通する人工衛星の打ち上げ技術の開発を「すべての国が持つ平和目的の宇宙開発権」だとして擁護。非常任理事国のベトナム、リビアなど将来の衛星技術開発を目指す途上国も同様の立場の国が多い。


★ 
こんなことを書いていた人がいます:

ここはなんとしても撃墜してはどうか。テポドン2の確認、追尾が難しいということならば、発射されたら「日本を狙っている」と「誤探知」して、撃墜してしまえばいい。

テポドン2が撃墜されれば北朝鮮は壊滅的影響を受ける。北朝鮮のミサイル計画をつぶしたとなれば、これは国際社会の平和と安定を守る上で世界的快挙だ。

このくらいの国際貢献を果たせるだけの能力は十二分に持っているはずだ。


日本を狙っていないと知っていて攻撃することが国際貢献だと云うのですから正気の沙汰とは思えません。

支那事変の拡大にのめりこんでいった関東軍の閣下たちを支援した勇ましい「愛国者」が再現したかのようで気分の悪いことおびただしいです。

あの時は憲法や天皇の意向をふみにじって恥じないバカ猿たちが暴走して数年後に日本は悲惨なことになったのですが、今また憲法の精神を破ろうという風潮がでていることに危惧の念を覚えます。


憲法を改定するという話なら乗ります。国の方向をどうするのかについては常に考えるのが良いからです。

しかし憲法を破る話には乗れません。自国のルール破りを許したとたんにその国は無法国家になった、ならずものになった、国家が崩壊したということになるのです。(そういう意味からも以前に書いたようにダブルスタンダードの漆間巌官房副長官を更迭しないといけないのです。)

いくら愛国者ぶっても自国の憲法に違反して戦争を始めようなどと思う輩は国家反逆者なのです。アメリカ兵にレイプされる日本女子に隙があると冷笑する輩が日本の愛国者であるはずもないのです。ルールを無視するやつは逝ってよし。


六日の日記に引用した記事の抜粋です:

9日は最高人民会議。迎撃されれば、北の“首領”としての地位が揺らぎ、伝えられる後継者指名の思惑だって分からなくなる。

麻生太郎首相が意外や「破壊命令」を出したから将軍様は仰天した。

中国とロシアも北の跳ね上がりに苦虫をかみつぶしている。

各国は粛々と国連安保理決議違反として国連で経済制裁を取りあげればよいのだ。


テポドンが撃墜されたら朝鮮のメンツがつぶれて混乱が起きるだろうというのはその通りでしょうが、では朝鮮国内が混乱して日本になにか良いことがあるのでしょうか。書く気にもなれません。

麻生太郎首相が「破壊命令」を出したとすれば将軍様だけでなくオバマ大統領だって仰天したのではないでしょうか。朝鮮と熱い戦争を始めるだって ?

苦虫をつぶし」たはずの中国とロシアは国連決議に反対しアメリカもあっさりと中国、ロシアのいう議長声明に乗りました。国連決議にこだわった日本外交はまたもや敗北です。

なぜ日本は敗北したのか。世間相場がわからない駄々っこだからです。みんな朝鮮のメンツをつぶすことに何の得もないと知っているのです。日本だって得にならないはずですがそれを認識しないでハチャメチャな対応をしました。


日本の国土防衛の点から考えます。

今回のロケットが人工衛星うちあげではなくアメリカに届くテポデンの実験であったという説をとります。

アメリカのゲーツ国防長官は三月二十九日(アメリカ時間)FOXテレビでこういう発言をしています。(AFP通信)

北朝鮮のミサイル発射が差し迫ったが、アメリカはミサイル迎撃に関連したいかなる措置も準備せずにいる。ミサイルがハワイに向かって来るようなら、これを迎撃する案も検討できるが、現時点では迎撃に向けたいかなる計画もない。

北朝鮮の長期的な意図は、核弾頭をミサイルに搭載すること。しかし北朝鮮が今そうした能力を持っているかについては懐疑的だ。


テポドンの目標であるアメリカの国防長官が冷ややかに見ていたのにも関わらず、テポドンとは関係の無い日本の一部のバカ猿が撃墜すると騒いだわけですからなんとも締まらない話です。


日本は日本の上空はるか数百キロを飛んでいくテポドンで騒ぐ必要はなかったのです。(ちなみに地上百キロあたりまでを領空というので三百キロ離れると領空侵犯とはいいにくい。)

アメリカに向かうミサイルを見逃すのかと騒いだのは愚かさの見本です。当のアメリカの国防長官がほっとけと言っているのですから余計なお節介です。

日本が問題にすべきミサイルはテポドンではなく日本を射程距離に置くノドンです。(ノドンミサイルは300基あるということです。)

ノドンについて日本はどう対処するのが良いかを費用対効果の観点にたって選択肢をつくっておくことです。

費用対効果の観点に立って経済的な選択肢という横軸をつくり、同時に費用対効果の観点に立って政治的選択肢という縦軸をつくるという作業を行った上で日本にとって得であり、且つ実現性のある選択肢を設定しそれを実行することです。

改めて云うもむなしい当り前の作業をやることです。


イメージの湧かなかった四月四日です。

日本ではミサイル発射探知、迎撃用意という緊張したが、なんのことはない探知が誤認でずっこけたという哀しい日でした。

真偽のほどは分かりませんが、中国、ロシア、アメリカ、韓国は朝鮮からロケット打上げが四日ではなく五日だと知らされていた、日本だけが知らされていなかったという話をネットでみました。ウソであろうと信じたいのですがもし本当だったとしたらますます哀しい日でありました。


上に引用した記事を書いた勇ましい記者諸君はしばらく謹慎することが日本への貢献になるのだと認識して欲しいです。本当に破壊命令を出したのであれば麻生太郎首相も連座、謹慎です。

日本の皆様、北東アジアを中東のような紛争の地にさせないことを念頭において冷静に計算できる政治家、報道人でなければ支持しないほうがお得です。


晴れ 
↓本日十八位 760点。 

いままでは政治ものになるとクリックする人が増えましたが今回はどうでしょうか。皆様が先刻承知のこと、あるいは関心のないことを書いたような気もします。伸びない悪寒(笑)

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 01:49 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:49 | - | - |
日本の外交って相変わらずトンチンカンって事ですよね。
パトリオットが立ってる姿は本当に怖かったです。
| ちぎ | 2009/04/12 6:58 AM |

■北朝鮮最高人民会議 奇策路線に未来はない―ますます孤立する北!?
こんにちは。北朝鮮のミサイルの打ち上げ動画はもうごらんになったでしょうか?この動画、よく見ると、点火の直後に2段目と、3段目の継ぎ目から黄色っぽい液状のものが噴出していることがはっきりわかります。これは、明らかな燃料漏れです。これは、素人目にもはっきりわかります。この燃料漏れもあったので、飛翔距離も伸びずミサイルの打ち上げに失敗したものと思います。以前の北朝鮮ならこんな動画は公表しなかったでしょう。北朝鮮の追い詰められた実情が良くわかります。イランは今年の2月に人工衛星を軌道に載せることに成功しています。ミサイルの闇市場での主導権も失った北朝鮮、ますます世界から孤立するしかなくなりました。詳細は是非私のブログをご覧になってください!!
| yutakarlson | 2009/04/12 10:11 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2573
外務大臣は各国に聞け 北朝鮮衛星はほんとに安保理決議1718号違反か? 
北朝鮮の「衛星打上げ」が安保理決議1718号違反だと考えるか否かを、 日本の外務大臣は 、 韓国だけでなく、 まずイギリス、フランス、ロシア、中国の外交・軍事責任者の判断を聞かなければならない。 この今の時点で安保理開催を要求してもよい。 日米韓だけで合意して
| gujin blog | 2009/04/12 7:33 AM |
北朝鮮のミサイル発射に対する各国の対応で考えるべきこと
 産経新聞阿比留瑠比記者が自らのブログ「国を憂い、われとわが身を甘やかすの記」の「北ミサイル問題・中曽根外相の『電話作戦』と各国の反応」 において、北朝鮮のミサイル発射に対する各国の対応を紹介している。それは中曽根弘文外務大臣が国連安保理での新決議に
| 凪論 | 2009/04/14 12:51 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters