木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< スキー二十九日目・雪砦 | main | 写真 「天空の城」の偶然 >>
スキージャム勝山への提言

スキージャム勝山で直すべきところをブログに書いて欲しいと知人から依頼されたので書きます。


このスキー場は近辺ではいちばん大きなスケールだそうです。雪質もまずまずでした。したがって集客潜在力は高いと思います。

でも海外から客が押し寄せる人気スポットにはならないと思います。

グラウスやウイスラーに何度もやって来るスキーヤーたち、特にセレブが勝山のリピーターにはなることはないでしょう。ちなみに一週間まえのグラウスではロバート・レッドフォードが滑っていたそうです。

何故か。工夫が足りないからです。スキーヤーの心身について考え抜いていないのです。


いくつかのゲレンデを滑りながら最後のリフトに着くとそのふもとで食事ができるようになっています。これから滑るゲレンデが一望できる大きな食堂です。




豪華な景色とくらべてなんとシャビーな空間か。会社の社員食堂といった感じです。

_餤勅射僂離董璽屮襪澆燭い任后山のムードにあったテーブルが欲しいです。

▲董璽屮襪ぎっしりとくっついているので動きにくいです。客は重たいスキーブーツを履いていますから楽に動けるような配置にしないといけません。

北米のスキーヤーはおおむね窮屈な空間を嫌います。動線が無神経に出来ていると敬遠されます。



上に書いたことはグラウスの様子と比べれば分かりやすいと思います。

テーブルをあけてあるので動きやすいです。



いろんな形状、高さのテーブルや椅子をそろえています。木製のテーブルもあります。立体的な美的空間をつくっています。






本日十八位。クリックするかたは自分の運勢よ良くなれと念じましょう晴れ 

http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | スキー | 00:57 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:57 | - | - |
オノマさんの言うことに同感! 今年志賀で食事をした場所。そこはウイスラーのようにちょっとスキー邑みたいなところでした。だから、あー ここをもっとおしゃれな雰囲気にしたら、お食事どころやウエアのショップなど、外観をちょっとすてきにしたら、人気がでるだろうに、と思いました。それでも、まあまあで、インド人のしている、カレーの専門店(ホテルの1階だったみたい)も悪くなかったし、ショップも充実していた方でした。でも地域全体が、外国のすてきなリゾートをみてきたり、オノマさんのようなひとにアドヴァイスしてもらって、設計段階から工夫したら、もっともっと魅力的になるのに・・と思いました。
| af | 2009/03/27 11:37 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2554
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters