木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 内とはなにか | main | ジェームス・エーネス・続き・1 >>
パキスタンに旗がたった

カテゴリー「あなたはどこにいる」をつくりました。このブログの左下に貼ってある世界地図をクリックしてください。あなたの居場所がでてきます。


★パキスタンに旗がたった。ラホール。なつかしいなあ。


福島県立安積高校で習った人文地理が好きであった。安積・・・あさかと読む。

人文地理を教えてくれた椎野喜男先生はお茶の水博士のような頭をしていた。いつも苦虫をつぶしたような顔で憎憎しげに話すので似ているのは輪郭だけである。



椎野先生はイジワル爺さんという風でオノマは親しめなかったのだが今おもうと教え方はうまかったし、イジワルなところなどみじんもなかった。苦虫顔でもってワルガキたちが曲がらないように導いたのだと思う。

そう書いたところで全人的な教育に重きをおいた先生が他にもいたことに気がついた。そういう教育を施した点で福島県立安積高校は公金をネコババして羞じない官僚を多数つくりだした東京の有名高校より上等だと思う。

安積高校卒が全くしなかった卑しき行状をして羞じない東京の有名高校の卒業生たちについてはいずれ書く。


椎野先生は授業のはじめにいつも黒板一杯に世界地図を描いて生徒に写させた。だからオノマは今でも世界地図のおおよそを描くことができる。椎野先生の授業をとったひとはみなそうだろう。

おかげで地理には詳しくなり行ったことのない所も行ったことがあるような錯覚に陥ったりする。ラブラドールあたりにいる夢をみたことがある。ラブラドールの地図がみえてとても心細かった。なんでこんなところにいるんだ。

パキスタンのラホールがなつかしいというのはその名が頭のなかにインプットされていたという意味であって実際に行ったことがあるというのではない。

父が読んでいた探検や旅行の本のいちぶをこの家に持ち込んだがその殆どをオノマは読んでない。パキスタンの隣国、アフガニスタンの本は読み始めて途中でやめた。地理が好きではあるが世界のすべてを知りたいとか見てまわりたいとかいうほどのことではないらしい。




↑のどこにも行きたいと思わない。仕事で色々なところに行ったとはいえオノマの本性はヒッキーかもしれない。

ひところは毎月行っていたニューヨークだってラガーディア空港とロックフェラーセンター近辺とマンハッタンの金融街くらいしか知らない。エンパイヤ-ステートビルには入っていないし自由の女神は遠くから見ただけ。合算すると十二年になったトロント滞在であるがついにCNタワーに登らなかった。登ろうとも思わなかった。

エジプト・カイロに行ったときも駐在員に強く薦められなかったらピラミッドを見ることはなかったろう。(ピラミッドは一見の価値があります。ナイアガラの滝はみないでもいいです。)


父の好奇心はオノマより旺盛だったと思う。その父がアメリカにもヨーロッパにも行っていないのはまず間違いない。生きていたらどこに行きたがるのだろう。それを想像してオノマが替わりに行ってみようか。いや、あの世に行けば「どこでもドア」があるのかもしれない。



長らくベストテンを保っていたが本日は13位。

クリックされる方は自分の運勢良くなれ♪と念じましょう。

http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | あなたはどこにいる | 03:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:14 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/2488
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters