木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記・会話で和解 | main | オリガ・モリソヴナの反語法@クリスマス >>
黒い聖夜

物持ちの良いほうだと思う。

バリー社のボビーを初めて履いたのは1978年、ちょうど三十年前である。二足もっていて交互に使ったから長持ちした。二十数年もった。

履物としては靴よりも下駄や草履のほうが人間の体にあっていると思うがボビーは靴としては上出来だ。履くときにすっと足が入るし、履いたあと足をしめつけるでもなしぶかぶかでもない。


ホテル・バンクーバーにバリーの店がありそこでボビーをみつけたのが1985年か86年。

安くない靴である。しかし一足しか買わなかったのは失敗だった。安くなくても気に入っているなら予備を買っておくのがよい。他のところで節約するくせもつく。

はだしで歩いているような感じがするまで底が薄くなった。形をととのえるために飾りをかねた皮ひもが使われているのだがこれが切れた。

トロントの靴屋で底を張り替えてもらった。皮紐はないと言われた。あっても直す技術が無いだろうと思った。

ホテル・バンクーバーに行ったら店がなくなっていた。銀座のバリーにボビーはなかった。

東京駅の構内に靴修理店が出ていたので底を張り替えてもらったがひとつきたたないうちに剥がれ落ちた。そんなところでボビーを直そうとしのが間違いだった。


ボビーを履かなくなって五年たった。靴屋には何度も入ったが似たような靴はない。

三年まえセントルイスの靴屋で柔らそうにみえる靴を見つけた。ボビーには敵わないが買った。しかし愛着がわかずあまり履かないから今でも新品同様だ。


四日前にウォルマートで靴を買った。

長靴を買ったのである。長靴を買うのは子供時分以来ではなかろうか。六十九ドル。だいぶ円が高くなってきたから五千円というところ。

トロントは寒いが雪が深く積もることは稀で長靴は要らなかった。革靴をすっぽり包むゴム靴で用がたりた。くるぶしまでの短靴である。

長靴を買ったのは正解だった。二十三日の午後から二十四日の夜まで雪が降り続き、長靴でさえ隠れる深雪になった。何度も雪掻きをした。




バンク-バーでクリスマス・イブに雪が降るのは三十七年ぶりだそうだ。

1971年の暮は大阪にいた。ニクソンショックで昼飯もたべられないほど忙しく会社をやめたいと思っていた。

三十七年前のバンクーバーを知っているひとの前でおのまは新参者の気分になった。たった一年の差だが。

我が家のクリスマスライトの半分は雪の中に埋まった。




クリスマス・イブを静かに過ごすようになって何年にもなる。ことしはクリスマス・パーティーにもクリスマス・コンサートにも行かなかった。充実した年だったから大人しく過ごすのが良い。

暖炉の前でサッポロ・ビールを飲みながら米原万里の「オリガ・モリソヴナの反語法」を読んでいたら停電になった。

近所の家も消えている。ホワイトクリスマスが一転してブラッククリスマスになった。

貴重品だが和ろうそくをつけて読んだ。こちらのろうそくに比べて焔が何倍も大きい。和ろうそくはノーベル賞クラスだと思う。


二十五日朝七時。思ったより寒くはなかったが暖炉に火を入れて本を読みつづけた。

さいきん日本の本は面白いのがないとある(R)ひとのブログにあった。同感である。

でも米原万里は例外だ。子供の頃チェコにいて日教組の痩せこけたキョーイクの犠牲にならなかったせいであろう。などと書くとバカザルたちが騒ぐか。いや、ここの読者は水準が高いからそんな心配は要らないな。

十時すぎAM650(なつめろ専門)が流れはじめた。停電は十二時間で終わった。



本日22位
http://blog.with2.net/link.php?310164



| おのまのプロフィール | 現在 | 05:36 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:36 | - | - |
オノマさん、Merry Christmasです。
ごぶさたしてます。後輩です。クリスマス前に美味しいスモークサーモンをお届けしようとずっと思ってたのですが、この雪でめげました、諦めました。悪しからず。

米村万理の「オリガ・モリソヴナの反語法」、私もとても面白いと思いました。彼女とちょうど同じ頃、西ドイツに滞在していたので、とても親近感を覚えると同時に、彼女の経験に比べると、私は子供ナリに苦労したと思ってましたが、彼女の比ではないと思いました。その後、彼女の色んな本を読みましたが、この本が一番良く書けてると思いました。
| Akiko Gomyo | 2008/12/26 11:22 AM |

おお、わたくし憧れの暖炉の炎。
我が家はカセットコンロの炎を暖炉に見立てて暖をとっておるのでうらやましひ。
| 美樹 | 2008/12/27 3:18 AM |

後輩さん、お心だけで嬉しいです。

美樹さん、暖炉は使っていないときは暖気が煙突から抜けていくのが欠点です。火鉢を手に入れようかと考えています。
| おのま | 2008/12/27 6:11 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2448
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters