木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 習作・地球崩壊 | main | 本日は寒いです >>
願い事

きのうの日記に貼った「崩壊する地球」を壊し「続・崩壊する地球」を作った:



これも壊した。


願い事というほどのことでもないがこうしよう、こうありたいと思っていることが常にある。

叶うものもあるし叶わないものもある。若い頃は叶わないと罪悪感のようなあせりのようなものを感じたものだが近頃はそういうことがない。叶うも善し、叶わぬも善し。


1974年、留学から日本へ戻ったときには身の周りに緑が少ないことに衝撃を受けた。藤沢の実家の裏にあった雑木林はなくなっていた。勤務先の目の前にある日比谷公園はこんなに小さかったっけと驚いた。

1976年、一戸あたり六十坪ほどの敷地がニ、三百ある住宅街の南端の一画を買い42坪の家を建てた。ミサワO型ホームという家だった。費用の殆どを借金でまかなったからO型借金ホーム。

南の道路の向こうは小さな山で頂上から鎌倉や江ノ島の海がみえた。東側に小さい林があった。高台だったので夏でも涼しい風が流れてきてエアコンは要らなかった。緑に対する飢餓感が薄れた。


1982年シンガポール勤務から戻ると山も林もなくなり南や東には40坪ほどの敷地の家や小さな集合住宅が建っていた。

小さいながらも全体にきちんとした感じのある住宅街だったのがちまちまして脈絡がないものになっていた。海は見えなくなり二階の部屋から見えた鎌倉の花火も向かいの家の蔭に隠れた。

まわりの緑は減りつづけていき息苦しい気分が増していった。

八畳ほどの書斎に入ると左右は壁。左は本棚が並んでいたが右は何もなかったのでここに森の写真で出来ている壁紙を貼ろうと思った。


何回かに分けて家を改造した。

じゅうたんは板床になり、居間の壁の一部はレンガになり天井は板張りになり、次女の部屋の天井は高くなり、風呂場は広くなり、大きくなった窓から小公園の木々が見えるようになり、北側に十五畳ほどのデッキができ、台所の外は半透明の屋根でおおわれた物置ができた。

2001年に家を売った。23年前に建てた家に何の未練もなかったというのは正確でない。建てた時にかかった費用に近い費用をかけて改造した結果は悪くなかった。

でも周りの環境はいっそう悪くなっていた。夏は夜になっても涼しくならずさいごの頃は四部屋にエアコンをつけた。壁にエアコンを取り付けるとどうやっても美的空間にならない。室外機は外観を損ねた。いまいちどあの家に住みたいとは思わない。


北バンクーバーに移り住んで七年たった。

先日書斎で目がさめたときに、そういえばあの書斎の壁はついに森にならなかった、壁紙を探すこともしなかったと思い、そして気がついた。この書斎からは本物の森が見えるではないか。

エアコンは要らないし暖炉もある。藤沢の居間に暖炉をつけたいと何度も考えた。


今年は雪が遅い。グラウス・スキー場がオープンしたのは十二月十三日(土)。

十四日(日)の朝。留学するときに推薦状を書いてもらったことのある恩師が夢に現れた。某省の次官にまで昇った人だが最近脳梗塞で倒れたという。夢の中では若々しくこれからある銀行の顧問になると云った。

いつも華麗な人生を歩んでいるひとだなあと思いながら夢からさめたら雪が目に飛び込んできた。



本日24位
http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 居住空間 | 03:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:51 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/2434
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters