木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< もみじ | main | 開票経過 >>
大統領選風景
★1
ただいまバンクーバーは2008・11・4(火)の朝四時まえ

明るくなりはじめたはずのアメリカ東部でもうすぐ投票が始まり、12時間後に速報が出始めます

オノマが応援しているオバマが勝つという予測が支配的になっていますが、四年前はブッシュが負けるという予測が土壇場でひっくり返っています。マケインの逆転勝利が無いと断言はできません

しかしながら、今はどちらでもよい、アメリカの選択なんだからという心境です。四年前にくらべるとずいぶん冷静

★2

↑から四時間たちました

CBC (カナダ)テレビでみたことを書きます

オハイオ州での投票開始は朝の六時半
(1)を書いたときはすでに投票が始まっていたのです

投票率は史上最高になる見通し

投票所には長い列ができていて二時間待ちのところがある

投票しめきりが7時のところでもその時間までに列に並んでいるひとは投票できる

ということは投票が終わるのは9時になる

州ごとに投票の仕方がちがう

コンピュータの画面をみながらのタッチパネル方式
針でもって投票用紙に穴をあける方式
鉛筆で黒く塗りつぶすマークシート方式

タッチパネル方式で民主党に投票すると共和党に票がはいるという現象が四年前に起きたが今回もすでに起きている

州によっては投票用紙が四枚もある


オバマがシカゴで投票している場面がうつりましたが、ここは一枚のマークシートでした。読み取り機にマークシートを差し込むのですが中々入っていきません。これでは待ち時間が長くなるのは仕方ありません

投票用紙が四枚。大概の州が大統領選挙だけでなく他の選挙もやるからだそうです。判事の選挙、医療用の大麻利用の可否、などなどです。項目が細かく書かれていて、きちんと見るだけでも時間がかかります。小さな針でもって穴を開ける方式は手先の神経が鈍っているひとには難しそうです

★3

オバマの父の祖国・ケニアとともに日本の小浜市の風景が写りました。オバマ饅頭が紹介されました


★4

午後四時前。まもなく投票が締め切られる州もあります

さきほどBBCテレビをみていたらニューハンプシャー州のある地区で四日の零時に投票を開始した模様が出てました。即時開票した結果はオバマの勝ち

投票日になってもまだ選挙運動を続けているオバマとマケインの姿も出てきます。ふたりともスタミナ凄い

長蛇の列が次々と写ります。四年前にはなかった。史上最高の投票率になるのは間違いないようです

★ 5

四時

結果がではじめました

ケンタッキー・8:マケイン勝ち
バーモント・3:オバマ勝ち


選挙直前の予想通りですが、開票率が20%もいっていません。最終結果は変わることもあります

リンクしてあるABCニュースに速報がでてきます
選挙直前の予想は米国政治にでていますRealClearPolitics Map

★ 6

四時四十五分

米国政治にも速報が出始めました。開票率、得票率も出ていてABCニュースより詳しいです

★ 7

五時

米国政治の速報では8州の開票経過がでています

マケインが5州(47人)
オバマが3州(34人)

接戦といわれていたジョージアとインディアナでマケインがリードしています
ランキング
本日27位

http://blog.with2.net/link.php?310164


2004・11・3の日記
大統領選終了風景
--------------------------------------------------------------------------------
本日、アメリカ東部時間14時、ジョン・ケリー、15時(日本時間、4日午前4時、5時)ジョージ・ブッシュの演説がありました。

選挙戦のあいだ三回にわたっておこなわれたディベートはケリーの勝利。それは私もそう思っていました。今朝になってはじめて知ったのは、東部時間、昨日18時(日本時間、3日10時)には、出口調査でフロリダ、オハイオがケリーの数ポイントの差で勝つという結果がでて、ケリー大統領誕生が確実視されていたということ。現実には両州とも負け。このためケリー陣営の落胆は非常に大きかったようです。選挙前からブッシュに有利になるように不正な選挙管理が準備されているという噂がありましたから、そういう観点からも釈然としない面があったようです。

細かいことは省きますが、ケリーの演説は敗北というよりは、新たな戦い、アメリカの統一を宣言した力強く、かつ選挙戦のなかではみせなかったケリーの人間味もでた格調高いものでした。会場にいたCNNの女性レポーターが涙ぐんでいたのが印象的でしたが、他の局でも、邪悪な動機のもと、うその情報でイラク戦争を開始したブッシュを許しがたいという思いが顔ににじみ出てくるレポーターが何人かいました。

二期目も勝つ大統領は圧倒的な勝利をおさめるのが常でしたが、今回は極小差。ブッシュの不人気度が高いことがわかります。家族、取り巻きたちと選挙結果を待っているあいだの映像が繰り返し流されましたが、これまで重ねてきた嘘を多くの場で指摘されたことの心地悪さが顔の表情にでていて落ち着きがない。この軽薄なおとこが世界最強国のトップになるのか、アメリカの善良なる田舎っぺたちは程度が低くすぎる、と心の中でぶつぶつ言っても詮無い。

ブッシュの勝利演説は空虚なことばが空回りする冴えないものでした。日本の政府、外務省がこの大統領を支持してきた、これからも支持するというのは、事実認識力欠如、自主性皆無のきわみ。国連の常任理事国いりなどは笑止千万(しょうしせんばん)、国富浪費。いくら金をばらまいても、特定国の欺瞞をオウムのように繰り返すのでは国際社会のリーダーとして迎えがたい、はた迷惑だというのが世間さまの常識ではないでしょうか。

イラク戦争の是非をめぐりアメリカ人はまっぷたつに割れましたが、ブッシュ二期目にはいったからといってこの亀裂がなくなるとは思えません。
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:42 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/2387
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters