木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ペイリンvsバイデン 討論会の予習風景 | main | ぺらぺらよめな@一年後 >>
★ バイデン vs ペイリン 討論会 ★ 廃物利用?

ジョー・バイデン vs サラ・ペイリンの討論会はふたりとも原稿に目をやりながら慎重に話し始め、バイデンは尊大な失言をせず、ペイリンはパープリンのイメージがなく終わりました

オバマ vs クリントンの討論で感じた後味の悪さというものがないフェアな討論会であったと思います。言い換えると昔あったフィギュア・スケートのショート・プログラムのような討論。型どおりで面白くない

パパ・ブッシュが組んだダン・クウェイルよりペイリンの方が賢い、息子・ブッシュが組んだディック・チェイニーよりバイデンの方が謙虚という印象があってアメリカの潜在意識はほっとしているという感じがします

おおざっぱにいえば視聴者五人の二人強がバイデンの勝ち、二人弱が引き分け、一人がペイリンの勝ちと判定したそうです

おのまの判定は引き分けというところ。ペイリンはテレビ・インタビューでみせていた国際感覚などの未熟さを短時間で挽回していたので成長力、潜在能力を買って勝ちとしてもかまいません

しかしながら、たといペイリンの勝ちだとしても圧勝ではありません。あと二回あるオバマ・マケインの討論でオバマがよほどの失敗をしなければ、よほどの天変地異が起きなければ、今日から選挙までのひとつきの間でマケインがオバマをリードすることはないでしょう

マケイン・ペイリン組がミシガン州での選挙運動を止めると発表しました。後になってこれがオバマの地すべり的な勝利のきっかけであったということになるかもしれません


バンクーバーの郊外にある「赤林・ゴルフ・コース」にはこんなものがあります

http://www.redwoods-golf.com/golfcam.htm



五、六年前このゴルフ場に初めて来た時からあります

わざと置いたのでしょうか



http://blog.with2.net/link.php?310164

ブログの人気ランキング
只今24位

本日はもうひとつあります ↓
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 14:19 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:19 | - | - |
 私も新聞報道で知ったのですが、アメリカ50州のうち、ほとんどは、民主、共和の色分けでほぼ勝敗が決まっており、最終的に勝敗を決するのは、「激戦州」と呼ばれる、10ほどの州のみ。
 だからそこで選挙戦を重点的に行う。

 ところが、昨日の日本の報道では、アメリカのタイム誌や、CBSが行った調査で、このうち選挙人の多い7州で、オバマがリードを広げたとのこと。ミネソタからはマケイン撤退が大きく報道され、早くも敗戦ムードが流れ始めたとのこと。
 オバマ暗殺、よほどの事件、がない限り、オバマ勝利は動かないところ。
 日本の国政もそうですが、国民は、アフガニスタンやイラクよりも内政を望んでいる。
 結局は国民が望むことに耳を貸さない物は負けるのですが、日本には、おかしな与党信者が多くて困ります。
| 眠り猫 | 2008/10/04 2:33 AM |

州別色分けの状況はここにリンクしてある「米国政治」に日々でてきます。ブッシュとの決別を望んでいる米国の意思が変わることはなく大差でオバマが勝つのではないでしょうか

自民党は「失言」の中山氏を出馬させないことにしたそうですが、これは沈黙している日本の健全な保守層の潜在意識に逆行していると思います。麻生の器の小ささ、読みの浅さを感じます

ひるがえって小沢一郎。自民との連立を模索しただけでなく、今は公明党との連携も視野に入れているようだし、インド洋上給油も触れないしで、いまひとつ信を置けません。日本は民主党が大差で勝つというところまでいっていない

なお昨夜の討論会の様子はいまなら「米国政治」からみることが出来ます(左の欄にあるVice President Debate の Full Video of Debate をクリ)
| おのま | 2008/10/04 6:24 AM |

 麻生は器量は小さいと思いますが、私は中山も愚かだと思います。自民党文教族の悲願は、教育を国家統制して、再度戦争のできる国づくりですから。安倍が教育基本法改悪にこだわったのもその点です。
 日本では、オノマさんが感じられているほど、中山はバッシングされていないのですよ。ネットに乗るのは新聞ですが、日々垂れ流されるテレビはご覧になれないでしょう?
 あの発言後、保守系メディアは中山を何度も出演させて、それを支持する保守系文化人と一緒に、日教組や組合の悪口を言わせました。
 しかし、中山は馬鹿なのか、その場でも調子に乗って、言いすぎたために、政界引退に追い込まれたわけです。
 麻生が内心は別にしても任命責任を国会で認めたのと同じ日に、テレビで同じ発言を叫び続けられては、麻生も立場がないでしょう。
 私は中山が健全な保守とは思いません。教育をもてあそび、洗脳教育を志す、戦争好きの極右だと思っています。
 私のイメージする健全な保守は、河野洋平氏です。
| 眠り猫 | 2008/10/04 9:18 AM |

一連の出来事はもうすこし丁寧に掘り下げるべき話だと思いますが、それをする気力もないのでおおざっぱにいいます

多分、ある世代以上の健全な保守層(オノマも含む・笑)には日教組に対して漠然とした不快感を抱いています。権利は主張するが義務を果たさない。人が見てないところで卑劣なことをする。極論、妄想を押し付ける。暴力的・・・というようなところでしょうか

オノマが通っていたころの学校と今の時代の学校がずいぶん違っているのは日教組の毒によるところが大というのが実感です

中山氏が言ったことに全面的に賛成しているわけではありませんが、折角の問題提起なんだから、問答無用ではなくしつこく考えて深く議論すればよい。鈴木宗男&佐藤優を断罪した時の、あるいはニ・ニ六、五・一五の暗殺と同じ短絡を繰り返していては日本は浮上しない。という思いでした
| おのま | 2008/10/05 12:00 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2345
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters