木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< バルコニーの風景 | main | 1923年うまれのキースの話 >>
オバマにクリントンは要らない


先週、ニューハンプシャー州でバラク・オバマとヒラリー・クリントンが共同会見をして二人の和解劇を演出した

七月三日、オバマがビル・クリントンとも和解したというニュースをみた

2008.7.1 10:39

30日、演説するオバマ米上院議員 米大統領選の民主党候補となるオバマ上院議員の陣営は30日、オバマ氏がビル・クリントン前大統領と同日電話会談し、今後の選挙戦での協力を確認し合ったと発表した。前大統領との不仲説を打ち消し、党内結束をアピールする狙いとみられる。民主党候補指名争いの決着後、両者の会談は初めてとされる。

 指名争いに敗れたヒラリー・クリントン上院議員がオバマ氏への支援姿勢を打ち出しているのに対し、夫の前大統領はこれまで公の場で支持を明言せず、米メディアは「予備選での敗北を根に持っている」などとの見方を伝えていた。

 一方、クリントン選対幹部のマコーリフ氏は、前大統領がこれまでオバマ氏と顔を合わせなかった理由を、ヒラリー氏とオバマ氏の「和解」がかすむのを避けるためだったと説明、オバマ氏との確執を否定した。(共同)





おのまの解釈:

オバマからビル・クリントン大統領の施策を批判された
onomarやf2cをはじめ多くのネットゲリラからスキャンダルを蒸し返された
自陣からも選挙にとって有害だと評価されてはずされた

ビルはこの半年で面目を失いオモシロクネーとふてくされている

オバマとヒラリーの共同会見@ニューハンプシャーにビルは欠席し、イギリスで行われたネルソン・マンデラの誕生日を祝うイベントに参加した。ヒラリーがビルに来て欲しくなかったのだ

じぶんの居場所を探すのに苦労しているビルは「オレのケツをなめないかぎりオバマとは会わない」と強がって仲間たちをのけぞらせた。 Kiss my ass という下劣な表現を使ったビルに対する批判はかなりのものだったが大方は相手にしなかった

電話会談でもってビルとオバマとが仲良くなったと信じるひとはよほどの善人であろう

ヒラリーとの共同会見とビルとの電話会談はオバマが演じたオトナの儀式。それでもってオバマ&クリントンの悪夢のチケットを選ぶほどオバマがヤワであるとは思えない

オバマはクリントンの支持がなくてもマケインに勝つ。クリントン夫妻はもはやゾンビでしかない

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 02:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:38 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/2235
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters