木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 七十年ぶりの冷夏 | main | 裁判所コンサート・1 >>
自然災害
六月二十一日(土)朝

テレビをつけたらカリフォルニヤの火事のニュースが流れていた。山火事が百件以上起きて、焼失した家が十軒とか。気温が四十度で空気が乾燥しているから山火事は当然おきる

http://calfire.blogspot.com/

日本は四十度になっても湿気がある間は心配ない。しかし中国大陸の砂漠化・乾燥化が日本にも及び、いずれはカリフォルニアと同じようになる。東京は緑を十倍増やさないといけないのだがやらないだろう

アメリカの中西部では雨が続いていてミシシッピー河が氾濫している。既に六十億ドル(六千億円)の被害だという。十年も前からのことだが、アイオワ州やミズリ−州に行く度に、この辺はいまに五大湖より大きな湖になるのではないかと妄想してきた。平らで木がすくない土地だからバンクーバーの降水量が続けばニ、三年でそうなると思う

http://www.srh.noaa.gov/lmrfc/

バンクーバーは雨が多いが太平洋という受け皿があるので水害は少ない。皆無ではない

フレーザー河の三角州にできたバンクーバーを飛行機からみると湿っぽくて、ミャンマーのラングーンに似てないでもない。飛行機が泥の中にずぶずぶ沈んでいく光景を想う

北バンクーバーから南へ向かうにつれ海抜は下がって行き、空港のあるリッチモンドまでくると海面とほぼ同じである。台風やハリケーンのような暴風雨に襲われる時代になったら万の単位で住宅が失われるだろう。グーグルマップで写真をみれば実感できる

http://maps.google.co.jp/maps



写真の左上にある棒で写真を縮小すると分かりやすいです

北バンクーバーを拡大すると加納川・Mosquito Creekもでてきます。Highland Blvdの右

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 居住空間 | 04:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:16 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/2221
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters