木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 琴欧洲初優勝 | main | あやうし・後編 >>
あやうし・前編
サラリーマン時代は自宅で過ごす時間がごくごく限られていました

ここでいう自宅というのは藤沢市・渡内(わたうち)の家のことです

1974年、留学から戻り、とりあえず落ちついたのは藤沢市・六会・狼谷(ふじさわし・むつあい・おおかみだに)の親の家

自分の部屋は六畳ですが、机や本棚があるから空いてる空間は五畳。そこに親子四人。夜は布団をだしたあとの押し入れに子供たちを寝かせました

留学時代の最後に住んだUBC(大学)の寮は8畳の寝室が2部屋+15畳の居間でしたからその差たるや大

なんとかして自分の家をもちたいと思いますが、日本の不動産はカナダやアメリカにくらべて馬鹿げて高い

東京から電車で一時間半かかる横須賀、馬掘海岸に開発された住宅街の敷地六十坪、建坪三十坪の家が千五百万円。北バンクーバーなら敷地ニ百坪、建坪六十坪の家が買えます

だいいち銀行から借りた留学費用の返済やカナダで買った土地の借金返済があり貯金がありません

貯金と預金との違いを知っていますよね。貯金はおかねを「貯める」こと、預金は「預ける」こと

残高が日に日に増えていくのが貯金通帳
増えたり減ったりを繰り返すのが預金通帳

当時のおのまの預金通帳:
給料日に五桁か六桁になりますが、設計ミスのロケットのようにたちまち落下してゆき、給料日の前日は二桁か三桁。二桁というと百円以下ですが、大学時代は所持金ゼロなんてのがしょっちゅうでした

父の満洲時代の上司の奥さんから聞いた話:
あなたのお父さんはマジメでねえ、趣味はなんですかと訊いたら読書と貯金ですと答えたのよ

おのまの未来を読んで云ったのかもしれません


こんな高いはずはない、今に下がると信じているうちに日本の不動産は上がり続けました

とりあえずだったのが四年たち、そのあいだに長男が生まれて五人@六畳

無謀かもしれないと思いながら年収の六倍の借金をして土地と家を買いました

64坪(212平米)の土地に建てたのは「百年住宅」と宣伝されてまもないミサワホームの「O型ホーム」なる43坪(142平米)の家

おのまの父=100坪@ノー借金
おのま=64坪@ほぼオール借金
おのまの息子(みいたんの父)=30坪@たぶんオール借金

そこはかとなく寂しい日本

「日本は西欧人から見るとウサギ小屋(rabbit hutches)とあまり変わらないような家に住む労働中毒者(workaholics)の国」と云われていた時代に「大型」を思わせる「O型」というネーミングを考えた人は座布団ものです

相談したわけではないのですが、当時はおのまの同僚、先輩の何人かが同じ家を建てました

脱線が長くなりました。本題の「あやうし」については明日

↓ O型@ミサワホームの広告



http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 居住空間 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:48 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/2172
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters