木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 読み方わかりました Victor Borge | main | ブッシュ v チェイニー >>
みいたんのスキー
みいたんが生まれてはじめてスキーをはいたのは三月二十三日(日)。デスティネーションで一番ちいさいスキーセットを借り、そのままグラウスに直行

朝サンでわかるようにみいたんの歩く力はゲンキーの千分の一。重たいスキー靴だとその半分以下。おまけに生まれて初めて歩く雪のうえ。ゴンドラを降りて百メートルさきの滑れるところまで歩いたら三十分はかかりそう

みいたんとおのまのスキーを担いで三十メートル先まで運んでおき、今度はみいたんをだっこして運ぶ。背中に負ぶったら「落ちるうー」と言って嫌がる。だっこするとずしりと重く、三十メートル運ぶと汗が吹き出してくる。スキーを運ぶと今度は汗が冷える。気持ちが悪い

スキーの練習を終えてゴンドラに戻る時も同じ。スキーを運んで、みいたんを運んで、スキーを運んで・・・みいたんとスキーをするにはふたりの大人がいないどしんどい

三月二十四日(月)

おのまはゆうきんを空港に迎えに行き、みいたん、みいたんのお母さん、くみちゃんの三人はシーモアに行った。シーモアなら車を降りてみいたんが練習できるような所まで二十メートルもない

ゆうきんを空港で受けとり家にもどろうとしたらシーモアから電話がかかってきた。みいたんにてこずっているから交替して欲しいという。家に行くつもりだったがゆうきんとシーモアに直行。駐車場でゆうきんにスキーウェアを着させてスキーセットを借りた

三人が滑ってる間、おのまはみいたんのアテンドに徹した。写真をとる陽気ではない。カメラとみいたんと両方を抱える絵は想像しただけでぞっとする。というわけでみいたんのスキー姿の写真はない

三月二十五日(火)五人でグラウスに行った。スキー板をみいたんのお母さん、くみちゃん、ゆうきんに運んでもらいおのまはみいたんを抱っこ。だいぶ楽である

シーモアではかなり積極的だったみいたんのスキー三日目には期待をしていたのだがまったくだめ。恐いと言って泣く。三人を残して家に戻った

昼寝をさせてたらまもなく「漏った」と言いながら二階から降りてきた。何十年ぶりかでオムツの始末をしてシャワーでお尻を洗ってあげた。蒙古斑点があった。オムツの換えがどこにあるか分からないのでそのままズボンをはかせた

ふたりで「チキチキバンバン」のビデオを見た

四月七日(月)みいたんのお母さんから写真が送られてきた。 シーモアで撮った写真もあった





みいたんはスキー帽を忘れて帰った。みいたんの髪の毛はすべすべしていて帽子はすぐぬげてしまう

 一票↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | みいたん・ゆうきん | 08:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:57 | - | - |
お帽子を被ったみいたん、何かに似ていると思ったら… ペンギン♪♪
| Ferri | 2008/04/13 1:25 PM |

みいたんの可愛らしい事!
おのまさん、子守、お疲れ様でした。o@(^-^)@o。
| ちぎ | 2008/04/14 10:54 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2094
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters