木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 春休み | main | みいたん・ゆうきん >>
人種問題・ナフタ・ブッシュ戦争
ここのところ猫や子供の写真が続いていますが、大統領予備選に関するニュース、論評の追っかけも毎日やっています。事実を曲げたり汚いコメントをみつけると叩いています

最近のトピックについて簡単に書いておきます

まくあいの余興のようなものです。読みながしてください

(1)人種問題

オバマが通っている教会の牧師( Rev. Jeremiah Wright)の説教シーンがテレビやネットに流れている。アメリカの歴史は黒人に対して不公平だったという趣旨のはげしい説教

キリスト教会の説教は激しいのが多い。聴いている人に思考を許さないためだ

色々な場面で歌われる「ゴッド・ブレス・アメリカ(アメリカに神のご加護があるますように)」をパロった「ゴッド・ダム・アメリカ(アメリカのちくしょう」という言葉を使ったりした説教

オバマは牧師の説教を支持しないというスピーチをしたが、オバマは許せぬと騒いでいる連中がいる。KKKやマッカ−シズムの名残が消えていないアメリカ

オノマの見方:

この問題はオバマの命取りにはならない

オバマがその著書や演説でもって人種、性、宗教などによる差別、あるいは個人攻撃に反対してきたことは広く知られている

ライト牧師の説教はクリントン攻撃ではない。アメリカ以外の国からみたらそのとおりだといわれるような事柄である

人種差別発言でいえば、クリントン陣営のファラロ女史(Geraldine Ferraro)のオバマ攻撃のほうが罪が大きい

オバマの父親が黒人、母親が白人だということが広く知られている。皮肉なことだがディック・チェイニーにもつながっている血筋であるから「極右」筋もオバマを人種問題で叩きつづける意欲は低い

以上から本件は、一部の分らず屋を除いて、オバマがライト牧師の言を否定したことで一件落着と考えるアメリカ人が大半だとみる

(2)ナフタ(北米自由貿易条約)

オバマの経済顧問がシカゴ駐在のカナダ外交官に、オバマのナフタに関する発言は選挙用だから心配するなと話したというメモが流れ、クリントンがオバマを二枚舌だと攻撃した話

オバマ側は事実と反すると否定したが、予備選の直前だったので間に合わず、オハイオ州では予想以上の差でクリントンに負けた

↑に関するその後の経緯

ナフタに関する発言は選挙用だからカナダは心配するなと駐米カナダ大使にヒラリー・クリントンが言ったという情報が流れた

大使がノー・コメントとしているから限りなく黒に近いと考えるのだが、もしこれが事実であったらクリントンの政治生命に大きな影響がある

(3)ヒラリーの経験

ヒラリー・クリントンは大統領夫人時代に外交で活躍したと宣伝している

どういう活躍をしたかを明らかにするために、大統領府の記録が公開された

宣伝でいってるような活躍がなかったことが明らかになった

同時に、ヒラリーがナフタについて終始賛成の発言をしていたことが明らかになった。自分はナフタについて批判してきたとオハイオ州で語ったのはカタリだったことが明らかになった

オバマ陣営がどの段階でこのカードを使うのかが見もの

それにしてもばればれの嘘をつく点でヒラリー・クリントンと田中真紀子はよく似ている。二人の対談をお膳だてしてみたらどうだ外務省の諸君、受けるぞ

外務省に両女史との接点がないのを知っていてこんなことを書くオノマって残酷か・・・

(4)ブッシュ戦争五周年

ネットに流れたブッシュ、マケインのスピーチに対する反応は少なかった。マケインのスピーチにコメントしたのはなんとonomarひとりだった。マケインはひとりでもコメンテーターがいたということでonomarに感謝していることだろう

ブッシュ戦争は正しかった、正しいというブッシュやマケインに対してまともに相手になるアメリカ人がいないということなのだろう。二人にくらべればオバマのスピーチに対するコメントは多かったが、それでも予期に反して低調だった

ブッシュ戦争五周年でクリントンは何もいわなかった。そりゃそうだ、今はブッシュ戦争を批判してるけれど、開戦のときは賛成してたんだから

(5)おまけ

高級売春婦クラブ
の顧客名簿に名があったのがばれて辞任した福井俊彦、じゃない、エリオット・スピッツァに対して、それまで親しかったヒラリー・クリントンが手のひらをかえして冷たい態度をとったのはマイナスだろう

ブッシュの人気が高いときはブッシュ戦争にすりより、オバマの人気が高いときはオバマと組もうとすりより、スピッツァの人気が高いとスピッツァにすりより・・・ヒラリーは人気の高い人を見つけると誰にでもすりよる・・・

という趣旨のコメントをonomarが出していた

人気のあるときはもみでをして近づき、不人気になると手のひらをかえすクルリンパがいかに下策なことかということが分かっていないヒラリーは政治家としての資質が貧しい

スピッツァに関するコラムにonomarが質問をだしていた: 

売春婦と性交すると首になるが、インターンと性交しても首にならないのは何故か誰か教えてくり


回答があった:

売春婦との性交は金銭が伴い、かつ売春禁止法に反する法律違反である。インターンとの性交は金銭が伴わず、かつそれを禁じる法律がない。上司と部下という力関係でもって性交したという点で道徳的な問題があるが犯罪ではない

onomarが感謝のコメントをだしていた:

よくわかった。すんばらしい

アメリカのもつ偽善性を誰でもいつでも書きこめるネットの世界もすんばらしい

トロント時代のことを思いだした・・・

大統領執務室で行われたインターン・モニカ・ルインスキーと大統領ビル・クリントンの桃色遊戯・・・なつかしいねえ、この日本語、死語にするのはもったいない・・・二人の遊戯に関する詳細な描写がアメリカ政府からネットで世界中にながれた。実に詳細なレポートを読んでいて絶句すると同時に、ネット時代とはこういうものかと目を見張る思いだった・・・

そういえばこんなこともあった

登誠一郎OECD大使閣下はサンフランシスコ総領事時代に雇った職員を愛人にした。ふたりは転勤で離れ離れになった。愛人は南アフリカ、閣下は・・OECDってどこだっけ・・パリ?

登閣下どの、執務室のパソコンを使って痴話メールを送っていたのだが、操作をミスったらしく、メールが外務省内の掲示板に送られてしまった。それをまたご丁寧にも流してくれた職員がいたのでおのまも一部始終読むことになった。バカバカしかった

ちなみにおのまは会社のパソコンで私的メールを出したことも受け取ったこともないし、いわんや秘書たちが暇な時にやってるゲームをしたこともない。高給を食む幹部としては当然のことであった。などということを書かないといけないのも情けないぜ、閣下殿

外務省では出先の公館で美人を雇って愛人にしちゃうってのが珍しくないんだそうだ。なに考えてんだろうね・・・脱線した・・・

インターン・モニカ・ルインスキーはユダヤ人で、イスラエルが仕組んだ女間諜だという説もあるが、はて真偽のほどは知らない。女間諜という日本語も死語だろうなあ。間諜=スパイ



モニカ&ビルの桃色遊戯のときオノマはひとつのフレーズを造った: cigar licking good・・・Bill・・ 

どこかで使ってやろうと思ったが、ケンタッキー・フライド・チキンの売上に影響があったら気の毒だと思って今まで秘めていた。本日初公開

このフレーズの面白さ、マジメなかたには分からないかも・・・どういうことかを説明・・省略・・・・分からないでもよいことはたくさんあります

ヒラリー・クリントンに関する大統領府記録が公表されたために、ビル&モニカの桃色遊戯が行われていた時間にヒラリーも大統領府にいたということが明らかになった

リスク管理が甘いんじゃないと冷笑されたヒラリー。ビルとの関係がますます劣化している

以上まくあいの余興でした

余興にしても政治の世界って疲れるにい・・・

んだべ、ビル



そんずらことはねえだに いづどやっでみろ おもすれーがら



んだ んだ おめさまのいうとおりだ

余興に一票
http://blog.with2.net/link.php?310164


http://blog.seesaa.jp/tb/91092428
| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 05:33 | comments(5) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:33 | - | - |
オバマとクリントンの決戦で
磨耗して
最終決戦マケインに勝てないかもしれないという
報道を1回聞きましたが
(NHKではありません。)
おのまさんの予想ではどうなんでしょう?

面白かったです(o^∇^o)ノ
| ちぎ | 2008/03/24 6:44 AM |

マスコミは読んでもらってなんぼという商売、事実から遠いと知りつつ脚色して読者をコーフンさせようとすることがあるということを頭において見聞きされたらよいでしょう

勝つチャンスがまったくないクリントンがクリンチしてくるため、オバマはマケインとの戦いに全精力を注げません(なんどか書きましたが「稀に見る接戦」とか「デッドヒート」などというのはうそっぱち、クリントンが勝つチャンスはありません)

そういう背景があってオバマはマケインに勝てないかもしれないというお話をする人がいるということだとオノマはみます。オバマvマケインについてはいずれまた書きます
| おのま | 2008/03/24 8:44 AM |

そうなんですよね〜(^▽^;)
マスコミの言う事をいちいち間に受けないようにしないといけませんよね=*^-^*=
オノマさんの真実の眼から見る世界が見られて勉強になります。o(*^▽^*)o
| ちぎ | 2008/03/28 10:56 AM |

はい、なにごとも鵜呑みにせず、自分の頭で考えるのが大事です。オノマの書いたことも鵜呑みにしてはいけません

| おのま | 2008/03/28 3:37 PM |

あはは。仰るとおりで=*^-^*=
| ちぎ | 2008/04/04 6:43 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2068
米国大統領選に見る「左右の対立、新旧の対立」by冷泉彰彦
JMMメルマガで冷泉彰彦氏がこのところ波乱含みの米大統領選について最新事情を詳しく解説して下さっているので、紹介したい(全文は文末のread ...
| カナダde日本語 | 2008/03/24 1:53 AM |
NY知事のお気に入り娼婦の素顔とエンペラーズ・クラブVIPについて
今日はちょっと買春関連の記事なので、まじめな人は読まないように(笑)。 少し前に報じられたニューヨーク知事が高級売春クラブの顧客だ...
| カナダde日本語 | 2008/03/24 1:55 AM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters