木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 仕事始め・2 | main | 電飾消え始める >>
正月映画

朝から細かい雪が降っています。大晦日の雪より乾いてさらさらしている。

テレビではクリスマスや正月にふさわしい映画が流れます。善意のひとが出てくる映画が多いのですが、二日に流れたのが「エクソシスト」。1973年、騒然たる話題をさらった映画で、権並恒治さんというUBCアジアセンターの司書をしている人を誘って見に行ったのを思い出しました。

ひとりの少女に悪魔がのりうつり、エクソシスト(悪魔払い)が立ち向かう話。映画史上はじめてというおぞましい画面の連続。権並さんは少女が口から汚物を吐き出す所で目をつぶり、下をむきそのまま顔をあげなかった。

あの当時、何故こんな映画ができたのか、そしていま何故これを正月に流すのかがよく分かりません。もしそれが分かれば、クリスチャンの精神構造の深層が分かることになるのかもしれない、と感じたりします。悪魔の存在を信じ、魔女狩りをしないではいられない狂気じみた精神の深層。

三十年後のいま、テレビでは「エクソシスト」系統の映画が毎日流れています。聖職者による幼児虐待のニュースもしょっちゅうです。愉快ではありませんが、病気が直る前に高熱をだすように、こういう現象がアメリカ歴史に連綿としてつづく「正義の戦い」の終末の予兆であればよいのですが。うーん、変な話になったな。クリスチャンのひとがいたら、ゴメンナサイ。

☆ただいまは七日。一日明けて思い出したことがひとつ。やんちゃ坊主のデービッドがどうだったと聞くので、green pea soup が口から飛び出す映画だというと顔をしかめたものです。あの映画が、1973年製作だとすると、家族がきたあとです。独身寮時代の友人たちと会ってそんな話をする余裕があったのですね。


| おのまのプロフィール | 音楽・美術・映画 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/204
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters