木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< プライマリーのイメージ @ バージニア州 | main | ゲンキー記・妹ナジ >>
どこまで本気ですか
先週、沖縄で米兵が中学生を暴行したという話で政治家、メディア、ブロガーがいろいろなコメントを発信しているが

こんなことは二度とあってはならない

と言う人にオノマはだまされない

そのときは正義面をしてみせても明日になると忘れてケロっとしている人が使いたがるその場かぎりのマジックワードだと知っている

そういうオノマはどうか? 

ある話をこの三年以上にわたって繰り返し引用してきた。ブログで、知人友人との会話で、コラムで

話の発端を2005年7月8日の日記に書いてあるので再掲載する:

1972年、スウェーデンのストックホルムで銀行強盗事件がおき、監禁された人質が犯人逮捕後に犯人を庇ったり、犯人の一人と結婚したりしたため、それ以後、被害者が加害者に同情や好意を抱く病理現象をストックホルム症候群というようになりました。

昨日、知己の外交官と歓談したときに、アメリカ兵にもう少し規律を持たせられないものかねえと言ったところ、僕は論争するつもりはないと怒りだしました。

論争などしていないがなんで怒ると訊くと、彼氏、沖縄関係の仕事をしていたことがあり、アメリカ兵のレイプ事件が起きるたびに非難されたそうで、神経過敏になっていると分かりました。

落ち着きを取り戻した彼は、米兵はイラクへ派遣され死ぬのもいる、沖縄の人たちはそういうことを理解しようとしないと言いました。

死と向き合っているのだから、婦女子をレイプする心理は同情できる、レイプと死を比べたら死のほうが重いという論理です。

レイプした米兵が全部戦死するわけでもなかろう、などという軽口は言わず、ブッシュのイラク戦争には正当性がないが、一歩譲って、イラクを民主化するというのがイラク派兵の目標であるとしよう、しかし民主化のために戦うから沖縄の民間人を犠牲にして良い、市井(しせい=ちまた)のルールを破って良いという論には賛成できないと反論しましたが、外交官殿、分かっていないねえという顔をして、君はもともと反米の傾向があったかなとつぶやきました。

反米でも、反中国でも、反朝鮮でもない、事象ごとに善悪の判断をしている、もしブッシュに反対するのが反米というのなら、アメリカ人の半分は反米だよと答えましたが、これも賛同を得られなかったようです。

日本の外交官がチャイナスクール、アメリカスクールごとに日本の利益より中国、アメリカの利益を優先させるという批判はよく聞くところですが、沖縄婦女子の犠牲より米兵の性欲に同情する、拉致家族より朝鮮経済に同情するのはストックホルム症候群に陥っているようなもので、日本の職業外交官というシステムが生み出す大きな欠陥といえるのではないでしょうか。


なんともオブラートに包んだ書き方である。オノマには外交官の知人が大勢いるからである

最近のオノマはこんなにやさしくない

ほえなきゃいけない相手に尻尾を振って何とする、バカ犬!

この外交官を仮にNとしよう。オノマはN個人を憎んでいるのではない。そんな情けない考えに逃げ込んでアメリカと交渉できなかったNに同情している

日本の外交官、政治家、報道人たちが外からやってくる泥棒、強盗、暴漢にむかって尻尾をふるのをやめて、吠え、かみつくようになるまで オノマはNから聞いた話を引用しつづける

自国の民を守ることもできない奴が「国際貢献」などと浮かれるんじゃない

本気じゃないのに「二度とあってはならない」などと良い子ぶるんじゃない

喝!

投票! ↓

http://blog.with2.net/link.php?310164

む? 20位に下がっている
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 04:49 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:49 | - | - |
ご指摘の点、よく分かります。「軍隊と性」は切り離せないのが現実ですね。あすは戦場へ送られるかもしれないという立場におかれた兵隊たちの心境、心理は、そういう境遇には絶対にならないわれわれには、はかりしれないものがあるようにも思います。

 だからといって、こういう米兵の行為が許されるものでないことは当然ですが。

 兵隊の性欲処理には、古今、さまざまな「知恵」がとられてきました。関係者は改めて対応が迫られるわけですね。
| | 2008/02/16 1:53 AM |

↑のような文章を書く人にもオノマはだまされない

「そういう境遇には絶対になれないわれわれ」

読者を自陣にひきこむために三流ジャーナリストがしばしば使うのが「われわれ」
「われ」と言って欲しい

「だからといって・・・許されるものでない」

分かりきったことを持って回ったように言うことによりいかにも権威があるようにみせる。原稿のボリュームを膨らますだけの、これも三流ジャーナリストのテクニックである

朝日新聞・天声人語を思い出させるような最後の二行も意味がない。利口ぶっているだけである

ついでだから書く

「知恵」という言葉はこんな所に使うものではない

「さまざまな工夫がこらされてきました」でよい。「とられてきました」なら「手段」とか「方法」である

「知恵」とか「凛とした」とかいう「高尚なことば」を駄文の中にいくら混ぜても人の心を打つことはないと知って「文章道に精進されんことを切に望むものである」
| おのま | 2008/02/16 3:44 AM |










1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters