木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 元旦の来客 | main | スキー 七日目 初めて >>
スキー六日目 親指 ・ ニューハンプシャー予備選



↑の写真は↓の日記を書いた24時間後、一月八日のものです。ニューハンプシャー予備選で勝利したクリントン。やだなあこの顔をこれから四年間見続けるのは


一月六日(日)

二日からずっと雨が続いている 

十一時、桜楓会という55歳以上のジーサンバーサン+つれあい(年齢条件なし)の新年会に出席

同じテーブルにいた知人夫妻がふたりとも年男・年女の記念品をもらった

年の差があることは知っていたが・・・72−48=24 !!! 親子の差とはいわないが・・

犯罪ではないですかとミスターをからかう 

なんでこんなジサマと一緒になったのとミセスをからかうと、三年前は病んでいたの、やっぱりシワもシラガもない若いヒトのほうがいいと言ったその口で、同じテーブルにいたもう一人のジサマにあこがれてるとおしゃった。 いまも病んでるのでしょうかね(笑)

家に戻る頃には雨があがっていた

15:52:23



くろっぽいのは電線

引き伸ばしたらゴンドラが写っていた



16:01:13

下山してくる車が多い。山上は視界が悪いのだろうか



16:27:28

これくらいの霧なら視界はオーケー



16:56:25

昨シーズン写真に撮ったボーダーがおなじ場所で滑っていた。 韓国語が聞こえた



ターンするとき谷側の板(たとえば左)にある体重を山側の板(たとえば右)に移すのだがどういうイメージでこれをやるかというと

左の板に乗ってすべりながら右の板を少し前に出す

右板をセンサーのようにして雪を感じなら右板に乗るきっかけをさぐる

というイメージであるがふと思いついた

右板で雪を感じるときに足の裏全体で感じるのではなく親指だけで感じてみたらどうか

うーん・・このほうがスムーズにいく

足の裏全体をこすりながら回る感じ 
    ↓
親指=ベアリングのまわりでくるりと回る感じ

に変わった

力が弱い左も親指でターンすると楽&リズミカル


二本目の終わりに湿っぽい雪が降ってきてウェアが重くなった

リフトを上がると視界が悪くなっていたのであがった

新年会のワインとスキーとで眠くなり八時に就寝。こんな時間に寝たのはひさしぶり

夜中の二時に目が覚めた

八日火曜日にニューハンプシャー州でおこなわれる大統領予備選(同州はprimary・秘密投票)でオバマがヒラリーに勝つかどうかを考えた

以下は一月七日夜にカキコミ:

ブッシュ戦争を支持したり、イランに先制攻撃をしても良いと云うヒラリーは時代にとって好ましからざる人物であるという世界のジョーシキが分かってるニューハンプシャーであってほしい

エドワーズは散髪に400ドルもかけたとか豪邸を建てたとかでからかわれている。四年前の選挙では貧民の味方というイメージだった。ギャップありすぎ

ちなみにカイカクの痛みを貧民に強要してやめたコイズミは一泊七万円のホテルを根城にして国会にも行かず毎日遊んでいるという。ギャップなさすぎ。何年かのちにこの日記を読むひとのために書いておくと、今は一月の家賃が七万円というくらしをしている人が結構いる時代である。

エッジモントビレッジの床屋でやってもらうオノマの散髪代はチップこみで20ドル

人形町のタキガミ理容店だとカナダドル換算で45ドル・・ギャップありすぎ

ヒラリーほどではないが、エドワーズも少々胡散臭い顔をしている。しかし彼はブッシュ戦争に反対した点で有資格者

ブッシュ戦争に反対した点でいうのならBarack Obama (アイオワで38%獲得) & Mike Gravel(0%) の組み合わせはどうだろう

グラベルG3の演説で明るい気持ちになったアメリカ人がたくさんいる

白人のG3と組むことによってオバマ暗殺の確率も下がるのではなかろうか

グラベルのような痛快なG3がいるというところがアメリカの良さである。そういうG3が残念ながら日本にはいない。おのまは別として・・

グラベルG3の横顔:

マイク・グラベル

2008年度大統領選に民主党で一番早く名乗りを挙げた 

21歳で米陸軍に入隊し、5年ほど陸軍防諜部に勤務。コロンビア大学で経済学を学び、1969年から1981年までアラスカ州選出上院議員 76歳

フランス系カナダ人移民の家庭に生まれフランス語に堪能

選挙資金が全くないグラベルはニューハンプシャー州以外ではほとんど遊説していない

2007年4月26日、サウスカロライナ州立大で最初の民主党大統領立候補者討論会

はじめ関心の的はヒラリー・クリントン、バラク・オバマらだったが最も会場を沸かせたのはマイク・グラベル

NBC放送主催 進行役は人気ニュースキャスターのブライアン・ウィルソン

http://www.youtube.com/watch?v=hWgYQANTQw4

抜粋:

司会者:
グラベル元議員、あなたをよく知らない人たちのために説明しますが、アラスカ州上院議員としてニ期務めましたね。ベトナム戦争時には、戦争資金停止のために活躍しました

このステージにいる議員達に、あなたならどのようなアドバイスをしますか?

グラベル:
第一に理解しなきゃならんのは、ジョージ・ブッシュが詐欺的にイラクを侵攻した時点でこの戦争は敗北していたということですな。それを理解しないといけません

議会で進行中の件については、実に嘆かわしい事態ですな。表決は下され、メディアは半狂乱だ。どんな表決だ?ジョージ・ブッシュは一年以上前から、大統領任期中はイラクから撤退させないと言い続けてる。信じられんだろう?

別の方策が必要だ

ペロシやリードと同じ席について、他の議員にも集中して話し合うよう望むが、どうやって撤退するつもりかね?

決議案じゃなくて、法律を制定すべきだよ。撤退しなきゃ重罪になるという法律を作るんだ。その条文は私が用意する

フィリバスター(発言による議事妨害)が心配なら、戦術をさずけよう

下院は通過できるだろうな。すでに多数派だから

上院では、フィリバスターをやらせればいいさ。それで、リード院内総務は毎日正午に討論終結動議を出すんだ。そしてアメリカ国民に、誰が戦争を長引かせているのかハッキリと見せてやれ!

司会者:
グラベル議員、今年初旬にある会議で・・・これは確認したいのですが、あなたは大統領に選出されてもされなくても関係ないと発言していますが、ではなぜ、今夜ここに登場したのですか?

討論会は大統領選に勝つために出馬した候補者のためにあるべきでは?

グラベル:
その通りだな。確かにわたしはそう発言した

しかしそりゃ、ここの人たちと同席する機会に恵まれる以前の話だ

上院議員になるのも同じようなもんだ

初当選の時は、興奮して“どうやって当選できたんだろう?”と言うさ。ところが半年すると、“他の連中は一体どうして当選できたんだ?”と言い出すんだ

いまこの連中と同席していて、心底恐ろしくなるんだ。恐ろしいよ。イランに関してはあらゆる可能性を検討するなんて言っている

そりゃつまり、核攻撃もありうるということじゃないか。核兵器だ

言っとくが、私が大統領になったら、核兵器による先制攻撃など絶対にやらないぞ。わしが思うに、そりゃ不道徳だよ。もっとも、過去五十年間のアメリカ外交はずっと不道徳だったがね

司会者:
このステージ上の誰がそんなに恐ろしいのですか?

グラベル:
(ヒラリー、オバマをみて)先頭をはしってる連中だよ

(ジョー・バイデン議員が手をあげたのをみて、ヒラリーを皮肉る)ああっ、ジョー、あんたもそうだ。あんたは本当に傲慢な人だな。あんた、イラク国民に国の運営について講義するつもりか?

言っとくぞ!我が国はさっさと撤退すべきなんだ。何もせず撤退するんだ

彼らの国なんだ。彼らは我々に出て行けと言ってるんだ。それなのに我が国は駐留継続を主張している。なぜ出て行かない?どんな害があるというんだね?

“それじゃ兵隊達の死が無駄になるじゃないか”という声もあるが、ベトナム戦争だって全部無駄死にだったじゃないか。今この瞬間にも、どんどん無駄に死んでいくんだぞ

一人の兵士が無駄に死ぬ以上に酷いことは何だと思うかね?もっとたくさんの兵士が無駄に死ぬことさ!それこそもっと悲惨だ

司会者:
グラベル議員、同じ質問です。イラク以外に合衆国にとって脅威となる国は?

グラベル:
重大な敵などいない

我が国に必要なのは、世界の国々に対し公平に対応することだ。それをやってない

我が国は世界の全ての国を合わせたよりも多くの金を防衛に費やしているんだ。一体何を恐れる必要がある?ブライアン、一体誰が怖いと言うのかね?

わしゃ何にも怖くないぞ。イラクだって脅威ではなかった。それなのに侵攻した。全く信じがたい

軍産複合体は政府、株、石油を支配するだけでなく、わが国の文化まで支配している。

司会者:
グラベル議員、あなたはアラスカ州選出上院議員としてニ期務めましたが、アラスカといえば石油資源が豊富ですね

フランスの制度をモデルとすれば、合衆国はお粗末なくらい原子力エネルギーの利用が遅れていませんか?

グラベル:
全くそう思いませんな

この国で核開発批判を始めたのは私だよ

さらに言うと、徴兵を終わらせるために私は議事妨害をしたから、ジョージ・ブッシュを地上軍入隊から救ったのは私ということになる

アラスカにパイプラインを敷設したのも私だ

ところで、エネルギー問題や他の問題について聞かれるくらいなら、戦争や現在の状況について話させてほしいんだがね

我が国はテロリズムを誤解している。テロリズムとは文明の始まりから存在したし、文明の終わりまでつきまとうんだ。テロ戦争における成功はドラッグ戦争と同じ程度だ。効果ないんだよ

我が国に必要なのは、外交政策全体を見直すことだ

共和党は民主党が祖国を防衛するつもりがないと責め立てるが、軍事侵攻はテロリストを増やしただけじゃないか

我々がイラクに侵攻したおかげで、オサマ・ビン・ラディンは今頃毛布の中で転げまわって喜んでるに違いないぞ

司会者:
時間オーバーです。グラベル議員、三十秒でどうぞ

グラベル:
とんでもない

イランなら、我が国はもう二十六年も経済制裁してるじゃないか。合衆国大統領は彼らを“悪魔”と呼んで、連中を脅してる

それでどうなる?そんなことに効果などない。意味ないんだよ。彼らを認めるべきだ

わかるか? 核不拡散条約の最大の違反国は誰だ?アメリカ合衆国だよ!我が国は軍備縮小を始めると約束しておいて、何にもやっちゃいないんだ。我が国は核兵器をさらに増やしているじゃないか

あんたら、どこを核攻撃するつもりだ?教えてくれ、バラク!バラク!あんたはどこを核攻撃したいんだね?

オバマ:
どこも核攻撃する計画はないよ、今のところはね。マイク。約束しよう

グラベル:
そうか、良かった。それじゃもうしばらくは安全だな

クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164


| おのまのプロフィール | 大統領選挙 | 11:09 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:09 | - | - |
イランはたいへんすばらしい。あれだけの気骨のあるイランという国は、ほんとうに尊敬に値する。ほかの国々もぜひぜひイランを見習って、自分の核兵器を持ってほしい。大量の核兵器を持つアメリカ人は世界中を侵略して、平然と何の罪もない人々を虐殺しまくっている。こんな横暴なアメリカ合衆国政府をほかの国の公務員どもは指をくわえて見ているか、アメリカ人の奴隷となって無実のヒトの監禁虐待や暴行殺害に加担している。こんな悲惨な世界にしたのは、アメリカ合衆国政府がほかの国に核兵器を持たせないで、傲慢にもアメリカ人のちからばかりを振りかざしているからである。アメリカ人というのはかげで殺人や強盗などあらゆる犯罪を犯しまくっておきながら、表向きは何食わぬ顔で「アメリカにとって都合のいい正義」をどんどん押しつけてくる。アメリカ人はまるで広域暴力団である。たくさんの国々がイランに見習って自分でちからをたくわえて、凶悪横暴なアメリカ合衆国を征伐しなければならないのだ。
| 国際大学教授 | 2008/01/14 11:44 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1941
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters