木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< オバマ勝つ | main | スキー五日目 最終 ゴンドラからみた景色 >>
スキー 五日目 8 フェリー
ダウンタウンと北バンクーバーをむすぶフェリーがある

シーバス(海バス)とよばれている

http://www.translink.bc.ca/

十五分おきに出ていて便利だし、十分ほどのあいだ バラード海峡冬景色を楽しむのも良い、ロンズデール波止場の小さなマーケットでおみやげを探すのも楽しい

そう言って日本からくるヒトに勧める本人はフェリーに乗ったことがない

マーケットにボヘミヤガラスの店がある

ひとめみて気に入ったのがこれ







無名作家の失敗作だと思うのだが或いは有名作家の傑作かもしれない

車を満タンにするくらいの値段だった まだリッター90円の頃

9:15:52
方向からしてシーバスだと思ってシャッターを切った



シーバスではないかもしれない



ゲレンデを下りながら撮った写真は以上でおわり

四本目

リフトに乗るときみた時計は9時25分、すべりおりたときは9時37分 12分かかっている

五本目、リフト乗り場で西バンクーバーに住む松井さんと一緒になった

昨シーズンより動きが鈍い

九月にテニスをしていてパートナーとぶつかり左の膝をいため手術をした、しびれがある、ふんばれない、これであがる と言った

松井さんと別れて五本目を一気に滑った

途中で左の太ももがいたくなる

速度をゆるめると数秒で痛みが消える

また速度をあげる

痛くなるが停まらないと決めてすべる

何をやるにしても少しずつ負荷を増やし、新たな工夫をしないと上達しない

ニ十度の
お湯を五倍に増やしてみても 
百度になったためしがない
百度のお湯は一滴が百度


時間と金はふんだんに使うが成果をあげない日本の外交・・・
時間と金はふんだんに使うが上達しないゴルフレッスン・・・
時間と金はふんだんに使うが・・・・

と色々応用できる

自分が満足してるんだから良いではないかいうのは分かる。悪くない。でも税金を使ってそれをやられるのはたまらない

数億円の公金を私的に使った罪をひとりで負った外務省の松尾某が真相を暴露したら駐米大使だった某閣下をはじめとする高官が獄につながれる。閣下たちを獄につなぐ日がきたときから日本は良くなっていく。文藝春秋一月号で佐藤優はそういいたかったのだろう

乗り場の時計 9時46分 8分

六本目

リフト乗り場がみえるところまで速度を落とさずにすべった

左脚は棒をぶら下げているような感じだ

そうか、松井さんはこの感じをいま味わっているのだ

左半身にしびれを感じたのがいつだったのか思い出せない


金沢のホテルで指圧のおばさんから、お兄さんの体は若いといわれたのは良かったが、左をもみ始めたとたん左はダメネとつぶやかれた


テヘランの町角を歩いていて車にぶつかられたのが原因だろうか

乱暴な運転の多い町だった

1985年はじめて訪れたニューヨークは、繁華街は交通信号を尊重しない歩行者が多いテヘランに似ている、場末の商店街は東南アジアの手入れのよくない古い通りに似ていると思った

しびれは外傷のせいではなく、知らないうちに軽い脳梗塞をやったのかもしれないと疑ったりもする

トロントの某法律事務所の新年会の二次会で呼吸が苦しくなったことがある

タバコの煙のせいだろうと思って外にでて深呼吸をしようとしたが冷たい空気が肺まで行かず、ああ、死ぬとはこういうことなのかと思った

あのときどういうはずみで生きかえったのかわからない

あの晩から生き方が変わった 


乗り場の時計をみたらやっぱり8分かかっていた

おーし、これからは松井さんとリハビリ競争のつもりで滑るぞと決意してあがる

9:58:34
西バンクーバーのサイプレス・スキー



シーモア、グラウスよりゲレンデが多い



二十年まえのある日 仕事を終えてオフィスから直行したのが最後

行く気がおきないのは、あの夜うまく滑れなかったからではないだろうか。あの頃はアイスバーンが苦手だった

こうやって書いていて右と左とでは足の裏の感じが違うとわかる。左の腰にうずくような感覚。キーボードをうつ左手、そして左肩が重い・・・左はダメネー・・♪

クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | スキー  | 12:50 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:50 | - | - |
あけましておめでとうございます。

今年の正月ほど「新年が明けた」という感覚がないのは初めてです。なぜでしょうか?はっきりとした仕事の区切りが無かったから?年末の大掃除をしなかったから?街の雰囲気、TV番組などから年末年始を感じられなかったから?

年賀状は例年通り、書いて、もらったんですけどね。

話は飛びますが、

>何をやるにしても少しずつ負荷を増やし、新たな工夫をしないと上達しない

全くおっしゃる通りですね。ある程度のレベルまではなんとなく到達するのですが、そこで壁が立ちはだかって。気合をいれて踏ん張らないとその壁を越えられない。ただ、それを越えるとまたしばらくは、すすすーっとレベルアップ。そしてまた壁。

そうそう、大晦日の記事で私のブログを紹介してくださりどうもありがとうございました。留学中の写真をそんな風に見て頂いていたとは驚きとともに感激です。
| R | 2008/01/07 11:36 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1936
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters