木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< トリカン 2 スコーミッシュ渓谷 | main | トリカン 3  ジョナサン >>
日本のツキ・中東三題噺(はなし)
中東を舞台に三題噺(はなし)です。

中東の二文字をみて読むのをやめようと思う読者がたくさんおられるのではないでしょうか。

楽しくなさそうな世界です。油がなければ、日本から遠い中東など忘れたい。

おのまもかつて三ヶ月にわたって中東を回ったことがありますが、精神構造からしてはるかに遠い世界だと痛感したものです。はやく日本に帰りたい・・・・

そういう世界ではありますが、そうもいっていられない状況に日本は追い込まれています。

お退屈でしょうが、三分ほどおつきあいください。

噺の(1)

インド洋での給油に従事していた日本の補給艦が戻ってきました。

政府要人が出迎えて「自衛隊は命を賭けて立派に国益を果たした」「国際貢献を果たしてきた」とはしゃぎました。

国民の感情に訴えようとするチープ・パフォーマンスです。

口では「国益」とか「国際貢献」とか言ってますが本心ではありません。こんにゃく問答をしてお給料を稼いでいるだけのことです。小沢一郎も茶番劇を盛り上げてるだけ。いつ変節するかわかりません。
  
噺の(2) 

23日で任期が切れるレバノン大統領の後継選びをめぐり、レバノンの親米派と親シリア派の対立が激化しています。

レバノンときてはいよいよ退屈でしょうが、まあざっと読み流してください。

レバノンは人口360万の小国ですが イスラム教やキリスト教など十八宗教・宗派から成っています。

ということは中東全体をミニアチュアモデルにしたような世界です。

レバノンの新大統領の選出に失敗すれば、一九九〇年まで十五年続いた内戦が再開します。

小世界の小混乱が大世界の大混乱につながっていくのはこれまでの常です。中東大戦争になるかもしれません。

噺の(3) 

中東和平国際会議が27日に米国アナポリスで行われます。

海軍兵学校(United States Naval Academy)がある町で、ひとことアナポリスといえばこの学校のことをさしています。

日本も参加するようです。パレスティナのハマスは参加しないようです。ブッシュの茶番会議です。


↑三題噺のなかにあって 

噺の(1)インド洋における給油は実に小さな話です。

日本政府が「国際貢献」と自画自賛してもみんなから虫です。

「みんな」というのは多少なりとも国際情勢に関心をもつ「非日本人」のことです。

たとえば北バンクーバーで家をたてている大工とか配管工事人とか郵便配達人とかは大概そうです。

彼らは多くの日本人外交官やジャーナリストとちがって国際情勢でなにが大きい、何が小さい、重い、軽いということをよく知っています。

「日本はインド洋の給油活動によって国際貢献している」と胸をはってごらんなさい。牛の●んことつぶやかれて終わりです。

「みんな」の関心事はどこにあるのでしょうか。

ブッシュにより破壊され、分断された中東にどうやって平和、安定を復元するかにあります。

ブッシュはこれまでのどの米国大統領以上にイスラエルに傾斜して「テロとの戦い」を掲げて反イスラエル勢力との戦争を始めました。

アルカイダをかくまっているからアフガニスタンを攻撃し、反イスラエルの急先鋒であるからサダム・フセインを殺し、レバノンの反イスラエル勢力であるからヒズボラを攻撃しました。

イスラエルが核兵器を持っていることはなかば公然になっていますが、それにイランが対抗することはまかりならぬと脅しました。

ブッシュが出てくる前までに地道に築き上げられてきた中東和平の希望はあとかたもなくなり、アラブの反米感情は高まってしまいました。

のちの人はこの時代を「ブッシュのテロ」「ブッシュの中東大戦争」の時代と呼ぶことになります。


噺の(2)
レバノンの大統領選挙は「みんな」にとって牛のう●こではありません。

ヨーロッパ、アフリカ、アジアの交差点のような位置にあることから、レバノンは有史以来大国に征服され続けてきました。異民族が行き交うところというのは利害の衝突がおきやすいのです。

ギリシャ、ローマの支配、オスマントルコの支配、フランスの支配。

独立した後は、イスラエルとパレスチナの紛争の舞台となっています。

そういうことですから「みんな」にとっては 白鵬が勝つか千代大海が勝つかよりレバノンが、親米・イスラエルの国になるか、親イラン・シリアの国になるかが大事なのです。

えっ、相撲なんか見てない? そうでしょう。九州場所は十三日目までガラガラにすいていました。
 
さて米国はシリアのレバノン支配を長らく許してきました。

シリアが中東の和平をねがってレバノンの反米テロを押さえていたからです。現実に支障がなければ悪口を言われても虫するのが大人というものです。

ところが、低脳ブッシュは中東全体を親米政権に変えるうと叫んでレバノンの内政にも介入しました。

もちろん「親米政権に変える」とあからさまに言ったのではなく「民主国家をもたらす」と言ったのですが、要はそういうことです。

レバノンは小国ながら経済的に魅力のある国です。どうしてかはに書きます。

レバノンを手放せば貧しくなるシリアはイランと結びつき、レバノンの親シリア延命させようとします。

ブッシュが余計なことをするものだからレバノンでは暗殺が続き、国民が分断されました。

米軍が破壊しつづけるイラクほどの混乱ではありませんが、ブッシュ以前にはなかった混乱が続いています。

ブッシュのシナリオに従えばレバノンの混乱は悪化の一途をたどります。

噺の(3) 中東和平会議。

ブッシュはアフガンとイラクの安定化を望んでいません。

「テロとの永遠の戦い」はブッシュ(チェイニー)の石油ビジネス、軍需ビジネス、建設ビジネスにとっておいしいからです。

ブッシュはのちの人が「ブッシュ=テロリスト」と呼んでもかまわないと腹をくくっています。戦争のご馳走を楽しんでる今が大事なのです。

先のことなど知ったことではないとへラへラと笑ったことがあります。ほんと低脳です。そういえばヘラヘラ笑いはコイズミもよくやっていました。低脳です。

そういうブッシュですが、姑息なところがあって、中東和平を実現しようというフリをします。

それが27日に行われる中東和平会議です。

パレスチナ国家の成立を認めないブッシュが主催する和平会議が成功する見通しは限りなくゼロです。

イスラエルによるパレスティナ人虐殺には目をつぶり、ハマスには「テロ」のレッテルを貼るブッシュに公平な司会はできません。

ブッシュの描くシナリオです:

会議において、アフガンとイラクの混乱は放置されたまま終わる。

レバノンは内戦になり、パレスチナの反米は強まる。

レバノンに米軍が侵略する。

米軍がイランを攻撃して中東全体を大戦争にみちびく。

ブッシュはあらたな戦争ごちそうを食べるために、アフガンから引き上げる。

かくしてアフガンで「国際貢献」をしている日本ははしごを外されます。シベリヤ出兵の二の舞です。

以上、三題噺のなかで日本の「国際貢献」が「みんな」にとってはカンケーネーヨというお話しでした。

日米同盟のただその一点でインド洋上給油に固執する日本の外交官の横着な浅智恵が「みんな」の目から見て如何にピント外れであることかです。

ぎりぎりのところでテロ特の期限がきれて、自衛艦がもどってきたのは日本にわずかながらツキが残っていたと言うことなのかも知れません。

この日記を書いたあと豪州の選挙結果がでました。

ブッシュの飼い犬だったハワード首相が落選し、アメリカ追随外交を批判してるラッドが首相になりました。

この春、ブッシュのプードルと呼ばれた英国首相ブレアがブーイングをくらってやめたのも惨めでしたが、ハワードは選挙で落ちたんだからチョー惨めです。

英国も豪州もそして米国も大半の国民がブッシュ戦争にノーを突きつけたのにくらべて、わが祖国は ブッシュのポチ・コイズミをもいちど担ぎ出そうという声があったり、ブッシュの石油を高く買ってただでブッシュにあげることに国民の半分が賛成しています。

はやく目をさまさないと「みんな」から笑われます。


註:豊かなレバノン

レバノン政府は自由経済体制を採ったため中東のハブとなり観光業も発達しました。

首都ベイルートには石油関係の資金が流入し、中東地域における金融センターになりました。「中東のパリ」と呼ばれ、絢爛豪華(けんらんごうか)なショーが毎夜繰り広げられました。

多くの日本の銀行もレバノンに人を送ったものです。

というようなことで、おのまは、1975年の中東出張のときは 東京→ロンドン→チューリッヒ→カイロ→ベイルート→テヘラン という経路で行こうと決めていました。

ところが出発寸前に レバノンで内戦が始まりました。しかたなく、ベイルートの代わりにアテネ経由にしました。

出張が終わった三ヶ月後も 内戦は終わっていませんでした。終わるどころか出張中に生まれたおのまの長男が十五歳になるまで内戦は続きました。

そういうわけでレバノンがどういうふうに豊かなのかは実のところ見ていないのであります。


クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいりますhttp://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 02:05 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:05 | - | - |
「虫」ってどういう意味?と折り返して読み返して質問しようと思いました。そこで2度目にでてくるところでようやく
無視ということに気づきました!
| | 2007/11/26 7:39 AM |

「虫」とか「猿族・ニンゲン」とか「G3 Bar酸」とか言ってみると、深刻な現実も多少はつき放して見ることができるような気がします。

そういうテクニックに長けてるのが2ちゃんねらーに結構います。

目障りだと思われる方もおられるでしょうが、猿の遊びだと虫してください。
| おのま | 2007/11/27 6:08 AM |

お初にお邪魔します.
医師ブログにトラバ有り難うございました。
私を含め医師は目の前の仕事を片付けるのに追われて社会的に無知な人間が多いので、これからも啓蒙してください。
音楽もお好きそうで、一度バンクーバーにお邪魔してお話を伺いたいです(笑)。当分無理そうですが.
私も数少ない海外出張がなくなれば、もっと世間(世界)しらずになっていることだと思います.
| ドクトル虎の巻 | 2007/11/28 11:15 PM |

啓蒙なんてとんでもないです。

医師ブログを通して日本の医療事情の危機的な状況を知り驚いていますが、同時に多くの医師が忙しい時間のなかで政治、社会、経済について広く、深く考察されていることに敬服し、刺激を受けています。

日本はお医者さんをはじめとして職業人の多くが真摯に働いていますが、政治家、官僚はそれに見合った働きをするどころか、調べれば調べるほど犯罪者まがいのひとが多いとわかりイヤになります。

お医者さんはある意味で無敵ですから(その気になれば政治家や官僚を殺せる・笑)こんごとも皆様のご活躍を期待します。
| おのま | 2007/11/29 2:39 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1862
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters