木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 東京での買い物(3) 大丸 | main | 林雨 第二十六回  東ベルリンの銀行員 >>
十日の変化
いつものことなのだが十一月の出張から帰ってくるとわずか十日でもって景色が変わっていることを思う

春や夏には感じない変化を晩秋に強く思うのは人生も同じかもしれない

山の雪は変わっていなかった。十日まえにはなかった雪でまっしろという年もあった



ことしも木の葉の色は変わっていた。蜂蜜色の景色とあらわしたヒトがいて感心したのを思い出した



目がかすんだような景色という言葉が浮かんだ。われながら感心しない



クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいりますhttp://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | - | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:44 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters