木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 夜空に浮かぶは一角獣 | main | 国際貢献という名の対米盲従 >>
シェパード・中村君
シェパード(♀)@ 日本。寝ていた耳がたったばかりだという



足元に置いたカメラのケースをひきずっていった







シェパードは他の犬にくらべると媚びるところが少ないのがいい



中学一年だったろうか

中村君という友達がいた

小柄だが機械体操が得意で鉄棒の大車輪もできた中村君は筋肉隆々だった。成犬のシェパードを飼っていた

中村君は夕刊配達をしていた

新聞の束を抱えシェパードと一緒に走ってる姿がうらやましく、頼み込んで配達を手伝わせてもらった

夕刊配達は父親に知られて三日でやめさせられた。子供が金銭にかかわることを善しとしなかったのであろう

三日のあいだに 中村君からシェパードとのつきあいかたを教えてもらった

口数のすくなかった中村君を思い出すと「いぶし銀」ということばが浮かんでくる。そういう形容のふさわしい子供がいるものである

ジュンイチロー、マキコ、ヨーイチという輩は腹と違うことでもペラペラしゃべるのが良くない。沖縄の婦女子をレイプする米兵の肩をもってペラペラしゃべる沖縄大使も良くない

中村君がいぶし銀ならやつらは金メッキだ。金メッキたちが跋扈(ばっこ)する日本が美しい国になるはずがない

クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164

夕刊配達をやめたあとの中村君の記憶がない。転校したんだったろうかと思って卒業アルバムをさがしたらちゃんと載っていた



左から二番目が中村君 。中村君は水泳部の写真にも写っていた

ついでに自らの写真を探したら美術部に写っていた

はじめは陸上部にいたのだが二年のとき急に身長が伸び 膝の筋肉が割れたようになり歩行がままならなくなりやめた



後列左端がおのま。あの頃は顔が丸かった

おのまの前でしゃがんでいるのが美術部長・石島君。ボナンザというあだなだったが私はボナンザとよんだことはなかった

そうか顧問は小助川(こすけがわ)先生であったか(後列右から二番目)

岡山出身の元気のよい先生に色気を感じたマセガキがいたのだろう。あだなはコスケベ。これまたわが口から発したことはなかった

おのまのあだなは小学生の頃についた「土星」から「火星人」→「火星人バロン」と変わり、中学のときは「バロン」だった

クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいりますhttp://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 02:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:01 | - | - |
ふつう中学生ぐらいになると面影があるものだけど、美術部のオノマ君は別人みたい!
| | 2007/11/13 9:13 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1844
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters