木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 雑誌を棄てる | main | ガラスに映った紅葉 >>
本棚を買う
これまで本棚をいくつ買ったか覚えていない。

北バンクーバー暮らしを始めるため、トロントの借家と日本の家にあった本棚はひとつだけ残してすべて売った。

日本から運んだのをふくめて今の家には本棚が十八本ある。

本棚の数え方は「本」でいいのだろうか、それとも「個」? 

たんすは「棹・竿・さお」と数えるが、これは運ぶときに竿をさしたからだという。

作り付け以外の本棚の歴史は新しくて たんすのように熟した数え方がないのかもしれない。

感覚的には「個」より「本」のほうがよさそうに響く。ほんでは「本」でいくべー。

十八本の本棚のほとんどが小学校の図書室にあるような実用的なものである。装飾を施したのも数本あるが一列に並んだ姿はうるさい。

知人が処分したいというのでガラス扉のついた本棚を買った。扉がついている本棚を買うのは初めてである。 Ikeaの新品と変わらない値段だったが、知人が買ったときはその何倍もしたに違いない。

扉なしの棚と並べると乱雑な景色になる。おまけに奥行きが深いものだから列から飛び出してしまう。

とりあえず客用の部屋に置いてみた。



全体の調和になにか疑問を感じるのだが、フランク・ロイド・ライトのタンスと似たつくりが疑問を和らげてくれる・・

つやのある机をライトのに替えたら良いかもしれない・・交換してくれる人いないかなあ



むかしの本が似合いそうな本棚である。明治、大正の本。昭和は昭和三十年まで。



↓クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164

これを書いたあと夢をみた。

見知らぬところに三つのブースがあって、そこで「木霊の宿る町」を書こうとしている。

ふと「本棚」より「本箱」のほうがいいのではないかと思った。

「本棚」には作り付けの棚のイメージがあるが「本箱」なら買ってくるで良い。

直そうをおもってパソコンに向かったが 画面が暗くて直せない。

あきらめて自宅に戻った。家は煉瓦でできていて、家の真中に二間(3.6メートル)のアーケードがついていた。

そうだよな、家には中庭のようなアーケードをつけるのがいいのだと思いながら目がさめた。

おきてから小学館・新選国語辞典・新版 ・昭和五十一年をみたら「本棚」はあったが「本箱」はでていなかった。

本だな:本棚・書物をのせておくたな・書だな

広辞苑には「本箱」があった。

本箱:書籍をいれておく箱。書箱

本箱は作りつけではないイメージはあるが、しかし 箱のイメージとも違うようなきがする。学研大漢和字典・昭和53年。

箱:竹 + 相(両側にむかいあう) 一輪車の左右にペアをなしてつけた竹製の荷から

英語は bookbox ではなく bookcase という。調べれば box と case との差がわかるのだろうが やめておく。

| おのまのプロフィール | 居住空間 | 05:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:56 | - | - |
おのまさん、こんにちは。
レフ邸より超特急できました。
素敵な空間ですね。
本棚の中にある本で読んだ事のあるのは

鼻水(変換できない??)を垂らした神
本の内容思い出します。

私は古書が好きです。
でも大きな字でないと読みにくくて、、、
又お邪魔します。

| み | 2007/10/26 9:01 PM |

写真をとったあと 下段にも古い本を収めたら 安堵感が生じました。

亡くなったひとたちの本をながめ いずれは死ぬ身ではないかと思えば いま感じている 悩み、苦しみ、悲しみ、怒り、といったものが薄れるようでもあり、死者が一堂に集まって喜んでいるようでもあり・・

「洟」・・・おっ「はな」ででてきました ♪
| おのま | 2007/10/27 2:33 AM |

洟!不思議でてきました。み もまた来てしまいました。
十三夜でふと思うと最近 樋口一葉の十三夜を読んだ覚えがあるのですがさっぱり内容を思いだせない。
洟を垂らした神はよく覚えているのに、、、老化現象凄いです。
所で林望のイギリスシリーズが好きで彼の書籍学という講演を聞きました。読まずに飾っておく大型書籍 棚飾り本というそうです。一時一般家庭にも流行りましたね。
たしかに広げるのも面倒でかわいそうな読まれない本です。
でも捨てるのももったいない。
うち一冊 茶碗(お抹茶の)を開けてみたら大きな画像で
骨董茶碗が載っていたのでたまには良いものだと思いましたが、、、、

| | 2007/10/27 10:39 AM |

カナダのリーマン時代は写真がたくさん載ってる豪華本をすいぶん貰いましたが、たしかに愛読の対象になるのは少ないです。

えらい人が講演をしてもお礼は豪華本というのが結構ありますが、本屋に行くとたいがいの豪華本は売れ残って70%びきの棚に置かれる運命にあるような印象があります。


| おのま | 2007/10/27 3:45 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1827
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters