木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ブッシュ支持者が使うレトリックに対して少し反論 | main | 雑誌を棄てる >>
飢えの怖さ
UBC留学時代、住友銀行から経済学部に留学していたF氏と食料自給率について議論したことがあります

F氏:日本は外国から安い食料を買うべし

おのま:高くても食料だけは自給すべし

あれから三十余年

日本の自給率はこうなりました

当時 70% 
現在 40%

F氏の希望どおりになりました

でも それでいいのでしょうか

2002年の世界の食料自給率をみます:

1位 オーストラリア 309%
2位 カナダ     159%
3位 フランス    141%
4位 アメリカ    132%

ドイツ、イギリスをふくめて先進国は軒並み高いです

日本の40%は何位かと問うもあほらしい。アジア諸国のなかでも低いのです

穀物の自給率:

中国 101%
パキスタン 97%
バングラディシュ 97%
インド 91%
インドネシア 85%
日本 28%

輸入が止まったら日本人の60%が飢えます。72%の日本人は穀物を入手できません。コワイです

おのまは結構 長い間 腹を減らしていましたから飢えの怖さを知っています

60%に属するグループのメンバーであることも知っています

怖くて日本には帰れない・・

F氏は日本でコーフクな暮らしをしています。でもやっぱり60%メンバーじゃなかろうか・・

↓クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 16:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:11 | - | - |
私も日本へは怖くて帰れない理由に食べ物が何番目かにここだけの話ですがあります。
一番目は日本は人が多すぎること。こんなに人口密度が高いところに生存競争をしたら私は確実に負けると思ったのです。
2番目、関東大震災。私が50になる前に、何とか周期説では起きることになってました。私は自身が何よりも嫌いです。
3番目にエネルギーか食料が来るでしょう。
高校の先生が米国は世界一のオイル埋蔵量を持っていると話してくれました。ただ、海底深くとか硫黄分の多い原油でガソリンにするには経費が掛かり過ぎるから、先ず外国から買ってそれがなくなったら自国のオイルを掘る。
アメリカは世界唯一でなければ世界一の食料輸出国になる。
エネルギーと食料は世界戦略の武器になる。
とが先生の結論でした。

If you can’t beat ’em, join ’em.
| tomtom | 2009/08/23 9:38 AM |

生きる上での基本である食の確保を日本は軽んじているように思います

輸入すれば良いという論には輸入できなかったらどうするという問いに答えられないという致命的な欠陥があります

ここ、BC州にいれば食と水とには不自由しないだろうから個人的にはどうでもいい話ですが(笑)
| 魔 | 2009/08/23 4:57 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1826
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters