木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< VSO開幕風景・最終 | main | 雨季 >>
70年代・ヒッチハイカー
●トロントの松井さんから電話があった。

このブログ、花や猫がなんども出てくるが ネタ切れになっているのではないかとからかわれた。そうかもしれない。

十日ほどまえに訪問者が五百人を越えたことがあるが、そのあとは下がりつづけていまや百人を切りそうになっている。14位までいった人気ランクもふたたび20位をきった。

訪問者数が増えてなにか特典があるというわけでもないのだから これまで通り書きたいことを書いていこうと思う。 

●十月九日、ジョン・レノンの誕生日、生きていれば67歳だそうだ。おのまの遠い親戚にあたるのかもしれない?

John Winston Ono Lennon, MBE-ジョン・ウィンストン・オノ・レノン, 1940年10月9日 - 1980年12月8日

●電話とジョン・レノンのおかげで 1970年代の風景を書く気になった。

●あのころはヒッチハイカーがたくさんいた。

私も乗せたことがあるし 乗せてもらったこともある。 

右手をあげて待つのだが 高級車はとまらない。とまってくれたのは 汚いフォルクスワーゲンで 右前の席が取り払われていた。



「BC州を清潔に保とう。私をシアトルへ連れ出せ」と訳すと理屈っぽいが、Keep BC clean ・・ Take me to Seattle は簡潔で軽い。これをみてニヤリとしたものである。

日本人はこういう軽いしゃれが不得意だ。

コンディ・ライス国務長官と会い「あなたはライス(米)。私をマダム・すしと呼んでちょうだい」といった(小池百合子・元防衛大臣)などはそれこそ噴飯物というもの。恥かしくて顔がゆがむ。



若い女性が手を揚げていたので乗せたことがある。どこまで行きたいのかと訊いたら、すぐ下ろしてちょうだいと言われた。

女性のヒッチハイカーは時には売春婦であったりすると教えてくれたのはハンガリーからきた学生であった。幼いころから楽じゃない体験をしてきたにちがいないという顔をしていた。



当時の若い白人たちのほとんどがこんな長髪で、たいがいはアメリカのベトナム戦争に反対していた。それにしても屈託のない表情である



高校を卒業するまで坊主頭だった私は長髪を好きになれなかったが 当時はここまで長くしていた。ジーパンを一本もっていたが ごわごわしてほとんどはかなかった。写真はたぶんコットンパンツ。

あれから三十余年。

日本人もジーパンをジーンズというようになった。

ベトナム戦に反対していた若者たちはGさん、BAHさんになったが、彼らの大半はブッシュ戦争にも反対している。賛成しているのは テレビと教会しか知らない おばさんクリスチャンくらいであろうか。

「花はどこへ行った」という反戦の歌がまだ歌われていた。「髪はどこへ行った」というパロディーを作ったら かつて長髪だったGさんたちに受けるのではなかろうか。

もいちど長髪にしようと思っても無理。散髪にいかなくても坊主頭になりつつある。

いつまでもあると思うな親と髪

↓クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164



花はどこへ行った
WHERE HAVE ALL THE FLOWERS GONE

words and music by Pete Seeger
performed by Pete Seeger and Tao Rodriguez-Seeger

Where have all the flowers gone?
Long time passing
Where have all the flowers gone?
Long time ago
Where have all the flowers gone?
Girls have picked them every one
When will they ever learn?
When will they ever learn?

Where have all the young girls gone?
Long time passing
Where have all the young girls gone?
Long time ago
Where have all the young girls gone?
Taken husbands every one
When will they ever learn?
When will they ever learn?

Where have all the young men gone?
Long time passing
Where have all the young men gone?
Long time ago
Where have all the young men gone?
Gone for soldiers every one
When will they ever learn?
When will they ever learn?

Where have all the soldiers gone?
Long time passing
Where have all the soldiers gone?
Long time ago
Where have all the soldiers gone?
Gone to graveyards every one
When will they ever learn?
When will they ever learn?

Where have all the graveyards gone?
Long time passing
Where have all the graveyards gone?
Long time ago
Where have all the graveyards gone?
Covered with flowers every one
When will we ever learn?
When will we ever learn?

©1961 (Renewed) Fall River Music Inc
All Rights Reserved.

| おのまのプロフィール | ’70年 | 06:50 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:50 | - | - |
こんにちは。
70年代、60年代、懐かしくて涙が出ます。私も71年からたったの1年間ですが、ボストンにいました。タングルウッド、ボストンシンフォニー、MITキャンパス、Harvardキャンパスなどを思い出します。
確かにヒッチハイクが有名でしたが、私は、グレイハウンドバスで2週間の旅に出ました。そして、唯みたいな値段(Eurail pass?)で2週間ほどヨーロッパを回りました。「ボストンから欧州がこんなに近くて安い!」なんて、を肌で感じました。カリフォルニアに行くより安く、近かった感じでした。[フランスは相変わらず頑固でした]
英語もたどたどしいのに、英語の文章の単語をドイツ語、フランス語、イタリア語の単語に置き換えて、通じさせ、一人で2週間を過ごしました。絶対に日本語は使いませんでした。
| Caro Ideale | 2007/10/11 2:08 AM |

タングルウッドの音楽祭は環境も演奏者も素晴らしいですね。ちかくにノーマン・ロックウェルのスタジオもあるし、機会があればまた行きたいです。

グレイハウンド、ユーレイルパスの旅をしたいと思いながら ついに叶わなかったのでうらやましいです。グレイハウンドに乗ってYMCAに泊まってという旅をするには年くいすぎました w 
| おのま | 2007/10/11 9:22 AM |

はじめまして。
初めてのコメントでこんな事を申し上げるのも何ですが、
おのまさんの若かりし頃の髪型、
日本の’70年代のカリスマ・吉田拓郎の
現在の髪型に似ておられますね・・・・
などと感じるのは、僕だけでしょうか?
今度エッジモンドビレッジ近郊へ行った際には、
このお写真を頼りに、おのまさんのお姿を探してみます!
| Takora | 2007/10/11 6:41 PM |

おのまさん、
こんにちは。
フロリダの最先端、キーウェストで宿泊したのは、何と、サルベーション・アーミーの宿舎でした。それでも、10ドルくらい?取られました。YMCAは宿泊したことが無い。今は、フロリダはstraightな人間にとっては、怖い州になっているようで。
私は、おのまさんの書いている日本の現状を嘆き悲しみ、Abendプロジェクトに加入してこれは成果をおさめ、今度は、福田をストップさせたいと考えるのですが、とても政権交代が起こりそうにない雰囲気です。
これほど、地面ぎりぎりまで不景気が満ち満ちているのに、なぜ、福田の支持が高いの?不思議です。
| Caro Ideale | 2007/10/11 9:46 PM |

Takoraさん

エッジモンドを徘徊している日本人のGさんはおのまくらいですからすぐ分るでしょう

髪をうばいさり、顔を歪ませた三十年の時の残酷さに顔をそむけることでしょう w

Caro Idealeさん

1973年のモーテル6が文字通り6ドルで泊まれましたから 1971年の10ドルならかなりの設備だったのでしょうか。サルベーションアーミーの宿舎というと難民用のイメージでしたが・・

日米の特権階級のためにあるタケナカ・コイズミ怪・改革を多くの非・特権階級日本人が支持している姿は痛ましいものがあります。

福田ロージン、口先はともかく庶民のことが分っていないし、永久に分らないだろうと思います。

無駄とは知りつつ、首相官邸に「ムイミなことは云わないで欲しい」とメールしました。

首相メルマガ第二号の抜粋です:

「先週のメルマガに対して、合計で1000ものご感想やご意見をいただきました。

多くの皆さんからアドバイスをいただきました。  「何事も隠さず、説明すること」 「間違いがあれば、行いをただすこと」 「社会的に弱い立場の人たちが、普通の生活をできるようにすること」  「情報を隠す」、「従来の立場に固執する」、そして、「上からの目線」。

皆さんのもっているイメージが、大変厳しいことを改めて感じさせられました。

こうした当然のことを一つ一つ当然としてやっていくことが、信頼を回復するための道であると思います。」

「信頼を回復」などと云ってるあいだはダメ。衣の中によろいがミエミエです。

二世、三世議員は全員が(小沢一郎もふくめて)庶民の役に立たないと知って投票すべきだと思います。
| おのま | 2007/10/12 3:54 AM |

間違いの訂正です 

エッジモンド(d)

ではなく

エッジモント(t)

でした


| おのま | 2007/10/13 10:05 AM |

ド→トの間違い、
大変失礼致しました!
| Takora | 2007/10/13 1:29 PM |

今日 エッジモント・ビレッジを通っていて間違いに気が付きました。

地元に住んでいながら間違う。リッチモンド市 につられたのでしょうかね。 
| おのま | 2007/10/13 2:37 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1786
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters