木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< うすむらき色の訪問者 | main | VSO開幕風景・上・バンクーバーのスト >>
火の鳥
手塚治虫の「火の鳥」はひとつの生命体がいろいろな形をとってあらわるという壮大な物語ですが、ニンゲンが植物に変わり過酷な環境を生き延びるという場面があります。

たぶんそれに影響されたのでしょうが、多肉植物を見るたびに、彼らがむかしは鳥や猿であったのかもしれないという思いがします。







クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164



| おのまのプロフィール | 植物 | 15:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:51 | - | - |
「火の鳥」は手塚ワールドの最高峰ですね。読むたびに新たな発見があります。もっともっと書き続けて欲しかったです。絶筆で未完の書になってしまった「ルードウィヒ」とか気になります。
| くろちゃん | 2007/10/04 1:10 AM |

書き続けて欲しかった・・・同感です

家のどこかにあるはずの「火の鳥」がみつかったら写真を貼ります
| おのま | 2007/10/04 4:01 AM |










トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters