木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 八月十日・飛行機雲 | main | 八月十五日・飛行機 >>
八月十二日・ボート
バンクーバーにきたら一人乗りのカヌーかカヤックをやろうと思いながら数年たった。



グランビルアイランドで撮ったこの写真をみていたら、自分がむかし楽しんだのは

.繊璽狒完が息をあわせて漕ぐときに生まれるリズム感
▲灰奪スの掛け声は聞こえているが心の中に生まれる森閑とした世界

だったのではないかと思い当たった。

ひとりで漕いでいては△靴得られない。それならスキーも同じなのだからもう漕がないでもいいだろう。

合宿前のコンパで漕ぎ手たちに一気飲み(当時そんな言葉はなかったが)を強いながら自分は一滴も飲まなかったコックス、漕ぎすぎで神経をやられたのか表情に乏しかった先輩の顔を思い出す。雨にぬれながら漕いだときの爽快さもよみがえってくる。

クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 現在 | 03:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:24 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1719
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters