木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ☆羽根直樹連勝 | main | 記録みつかる・ブッシュ人気低下 >>
もう二月・小津安二郎

あっというまに一月が過ぎてしまい二月に入りました。二月は逃げ月、これまたあっという間に過ぎるのでしょう。

今夜はダウンタウン、ハウ通りとヘムルッケン通りの交差点ちかくにあるパシフィック・シネマテクという映画館で小津安二郎の映画を二本見ました。1931年につくられた「東京の合唱」と1949年作「晩春」。

二百人くらいの観客のなかで日本人らしき顔をしているのは十人足らず。私も最近まで小津の映画をみたことがなかったのですが、映画作品としてのオモシロサだけではなく、日本から消えてしまった風景、人間性を記録しているオモシロサがあり、おすすめです。

1931年はアメリカとの戦争が始まる十年前。街には英語の看板がたくさんあり、子供も坊主頭ではなく今と同じヘアスタイルです。登場する家庭のなかではパパ、ママと言っています。戦争に負けたから日本がアメリカナイズされたのではないことが分かります。

1949年は戦後四年、北鎌倉駅の名前が右から左に書かれています。原節子という女優をはじめてみましたが、喜怒哀楽の表情が印象的でした。あのように幅、深さ、優雅さのある表情はいまの日本にはない。時代が変わったのです。



| おのまのプロフィール | 音楽・美術・映画 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/170
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters