木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< クラシックカーぅ侫薀奪謄ー/白鵬vs琴欧洲 | main | ごくらくちんみ by 兵藤恭子 >>
林雨 第二十三回 戦争体験世代がいなくなる
月にいちどやってくる「林雨」@ http://www.japancanadajournal.com/原稿です。

コムズカシイ話はビールでも飲みながらリラックスして・・・読まないで昼寝するのがいちばんかも・・



http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります


林雨 第二十三回 戦争体験世代がいなくなる 小野冬生

三週間ほどまえに久間章生防衛大臣が「原爆しょうがない発言」で辞任しましたが、じつに情けないものだと思いました。

情けないと思ったのは大臣の発言ではなく、大臣の発言を中抜きし、頭と尻尾をくっつけて「原爆を落とされたのはしょうがない」と言ったとはやしたてたことに対してです。

問題にされた発言:
米国は、ソ連が日本を占領しないよう原爆を落とした。無数の人が悲惨な目にあったが、あれで戦争が終わったという頭の整理で、今しょうがないなと思っている


こうやって書かれたのをみると言葉が足りないとイチャモンをつけてつけられないことはないけれど、口からでる文章というものは会場の雰囲気とか話の流れとか話しかたとかというものと一体となっているので、その場にいなかった者が引用すると往々にして間違うから正確を期さないといけないし、いわんや「久間氏は広島、長崎の原爆投下を容認した」と曲げるなどは、だれか適当なのをみつけてきて悪人にしたてあげて自分は悪を憎む善人だとうそぶくジョージ・ブッシュと変わらぬ偽善の徒というものではないでしょうか。

あの原爆投下を是認する日本人は皆無にちかいし、久間氏が小泉首相に抵抗してブッシュ戦争を批判してきた自民党議員であるということを考えれば、彼が原爆投下を容認したりはしないだろうと思うのが自然だし、現に彼自身、原爆投下を容認していないと言っているのだから、なにを騒いだのだという苦々しい思いがいまだに去りません。

三十数年前、留学中にカナダ人の級友に「原爆をドイツにではなく日本に落としたのは人種差別のせいだろう」と言ったところ「ドイツにも無差別空爆があった」と反撃をくらったことがあります。当時はドレスデン空襲で数万人の市民が死んだことを知らなかったのでそれ以上の反論は出来なかったものです。

一般市民を大量に殺した原爆投下や無差別空襲は戦争犯罪であるという論があり、私もそれに賛成なのですが、あの戦争は全員参加に近いものがあったし、戦争の初期から日本軍が中国の一般市民に対して行っていた略奪、レイプ、殺戮のことから考えだすと、そういった技術論、法律論を重ねることにどれほどの意味があるのかと疑問を感じます。

非戦闘員を大量に殺すのが戦争犯罪だとして、ではひとりだけ殺した場合は罪が軽くなるのか、戦闘員と非戦闘員との区別をすればそれで済むのか、イラク人を殺している米軍は犯罪者だが、後方で米軍を支援している日本軍は無罪か・・・

「結局のところは巨大な狂気の流れの中で原爆投下になったのは停めようがなかったのかもしれない、議論してもしょうがないかもしれない」と思う人を糾弾できるリクツを私はみつけられません。

写真でみる久間氏はお爺さん、彼もあの戦争を戦ったのかというと1940年12月生まれ、戦争が終わったときは幼児です。

おなじ政治家でもこの六月、87歳でなくなった宮澤喜一になると真珠湾攻撃のときに22歳で、この辺のことは良く知っているでしょう。しかし関東軍がしかけた満州事変(1931年)は12歳。日中戦争が泥沼化していく時代をうっすら感じて育ったかもしれないというくらいでしょう。うっすら感じて育ったかもしれない世代がどんどんいなくなっています。

残される世代は国籍、民族、個人の恩讐などを越えて、猿族・ニンゲンがおかした大きな愚行をいちど総括するのが必要であろうと思います。さもないと揚げ足とり騒ぎを繰り返すだけの生をいきることになりかねない。

Friday, July 20, 2007 @北バンクーバー
| おのまのプロフィール | 政治経済 林雨編 | 10:51 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:51 | - | - |
8月の敗戦記念日を間近にして、タイムリーな良い原稿をありがとうございました。日本は戦争博物館を作って、近代日本の対外戦争を客観的史実として後世に伝えるべきだと思います。そこに日清戦争以来の戦死者の個人名をできる限り収録して残すべきでしょう。靖国神社でごまかすのはあいまいで情緒的でよくないと思います。
| kh | 2007/07/24 2:19 AM |

私は中学の時、祖父に戦争体験を聞いてレポートを書くという宿題が出ました。祖父からシベリア抑留体験を聞いたり、そのドキュメンタリーとかを見たりしました。ドキュメンタリーを祖父と一緒に見たときに、
「これと一緒だった?」
と尋ねると、祖父はうなずきました。
しかし、戦争体験を聞ける世代といえば私がもう最後かもしれません。
思えば、いい宿題だったと思います。
| ちぎ | 2007/07/24 9:38 PM |

ゝ甸囘な事実とそれに対する様々な評価が載っている年鑑があるのでそれを教材として学校で演習する

△匹鵑匹鷯辰┐討い戦争体験者の声を収録した長編記録を常にテレビで流す

というようなことは必要であろうと思います。

明治維新以後の日本について学校では表面をなでるような教え方しかしていないし、それを補う考察もしていないから、小泉はブッシュに云われるままイラク侵攻を正義だ絶叫したのでしょう。

小泉、安倍、外務省の閣下たちの粗雑な思考のために日本は大いなる悲劇に向かっています。
| おのま | 2007/07/27 10:59 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1688
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters