木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 六月二十三日の午後 | main | ピアニスト・酒井有彩・さかいありさ >>
ドーナツ・ピーチ
二日前にたべたドーナツ・ピーチをもう一度たべたいと思ったら矢も楯もたまらなくなった。なにかをどうしても食べたいと思うのは珍しい。ブログに二日つづけて書いたから自己暗示に罹ったのかもしれない。(矢も楯も・・・という言い回しを若い人はしないかも・・)

エッジモントビレジの八百屋に行ったら売ってなかった。スーパーマーケットに行ったがここにも無い! 

二週間しか出回らないと言っていたがもう二週間の終わりだったのだろうか。不安な気分に襲われた。祈るようにしてウオルマートの隣りの八百屋に行ったらあった。こんなことで一喜一憂する汝は愚かなり。 

ぜんぶ買い占めようかなどという思いがこころをよぎったのはどういうことなのか。ますます愚かなり。

ひとさら盛りになっているのをレジに持っていって十ドル分を量ってくれと言う。その皿は八ドル八十四セントだった。レジの女性に訊くとやはりドーナツ・ピーチと言う名前だそうだ。産地は知らないと云った。

炭火をおこしてあぶって食べるつもりだったが火をおこす時間がまてず洗って食べた。二日前のより熟している。果汁がべたべたしないし、口に合ったサイズなので食べ易い。

インドネシアではじめて食べた果物を思い出す。シンガポールに帰ってから探してみたがどこにも売っていない。そのごインドネシアになんどか行ったのだがいちども再会できなかった。名前を覚えていなかったので人にさがしてもらうわけにもいかない。口当たりがドーナツ・ピーチに似ていないでもない。しかし香りは違うし果汁もこれほど多くはなかった。皮は茶色で味も桃ではなかった。もういちど食べたい。

バンクーバーで売っているあの辺の果物といったらドリアン、マンゴ、ライチーくらいだろうか。どれも好みではない。好みだったマンゴスチンは見たことがない。



全部で二十一個。ひとつ四、五十円は安くはない。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります
| おのまのプロフィール | 植物 | 08:49 | comments(15) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:49 | - | - |
バンクーバーでマンゴスチンを売ってないなんて、間違った情報をながさないでください! バンクーバーに失礼じゃ。今は健康食品としても(皮の部分)大きく取り上げられているし。
| ミンミン | 2007/06/27 3:14 PM |

美味しそうですね。おのまさんをそこまで虜にするなんてきっと美味しいに違いない!姿形から勝手にプラムみたいな味を想像していますが全然違うのでしょうね。どんな味なんだろう?
| くろちゃん | 2007/06/27 7:29 PM |

.泪鵐乾好船鵑話羃擲垢糧百屋でもみたことがありません。ドーナツ・ピーチもそうですが何事も出会いですかな。

桃の味ですが普段たべてる桃とちょっと違います。グレープフルーツより日本の夏みかんのほうがおいしいといった感じに似ています。
| おのま | 2007/06/27 10:41 PM |

マンゴスチンをチャイナタウンで見たことがあります。南方のくだものではほかにスターフルーツ、ランプータンも売っています。
| ks | 2007/06/28 1:44 AM |

確かに私もリッチモンドの八百屋で見たことがあります。「フルーツの女王」だからすぐ売れてしまうのか、置いておくとすぐ出てくる毒々しい黄色い液のせいか、お店に長居しないから未だにおのまさんの目に留まらないのでしょう。 でも「ドーナッツピーチ」なんて珍しいフルーツをこんなに沢山独り占めしてるんだから...私名前も聞いたことなかった、アー食べてみたいョー。
| Miki | 2007/06/28 10:19 AM |

欲しい、でも手にはいらないとあきらめると、いざ身近に出てきても見えなくなる・・・

ダウンタウンの中華街に「油条棒」とかいう駄菓子があったのがいつのまにか姿を消した、と思ってから三、四年。最近は探すこともないのですが、あるいは復活しているのかも・・
| おのま | 2007/06/28 11:49 AM |

お粥に入れるあの「油条棒」と同じものでしょうか?「中華粥専門店」でよく見かけましたけど。食べ物の好みが似ているような...益々ドーナッツピーチが気になる。
| Miki | 2007/06/28 12:15 PM |

油が染み込んでいて、ちょっと塩気があって、ねじれていて、甘くないカリントウみたいな・・・お粥にいれるあれよりは硬くて・・・・名前が違うかもしれません
| おのま | 2007/06/28 2:25 PM |

ごめんなさい、私の言っているものとはちょっと違いましたね。
| Miki | 2007/06/28 8:02 PM |

その後の情報です。

私が食べたのは「ドーナツ・ネクタリン」と言うようです。よくみると「ドーナツ・ピーチ」には産毛が生えています。
| おのま | 2007/06/30 8:46 AM |

いまだにドーナツ・ネクタリンの追っかけをやっています。

本日日本から来られたかた曰く、ネクタリン+桃+リンゴの味。
| おのま | 2007/07/01 3:49 PM |

「本日日本から来た者」は、あのおいしさをもう一度味わいたくて翌日ドーナツ・ネクタリンを追ってめちゃ暑い街へ。グランビル・アイランドでようやく見かけ、必死に選り分けて持ち帰り、また食べました。やはり、おいしかったです。世界各国の果物が集まる千疋屋でも見たことのないフルーツなので、デジカメで写真をとって、帰国後会社の人たちにその味を伝えようと思います。
| 追っかけ新人 | 2007/07/02 3:05 PM |

来年はもっと高くなるかな(笑)

「本日日本から来られたかた」のひとりがおっしゃった東南アジア(タイ?)の果物はなんと言いましたっけ
| おのま | 2007/07/03 6:16 AM |

ベトナム・ホーチミンで出会った「ミルクアップル」、べトナム語の発音では「ブースゥワ」というフルーツでした。2月ごろ訪れたのですが、この時期しかないとのこと、2〜3週間しか出回らないようでした。
どういう味かというと、バニラアイスクリームのような舌触りで、アイスクリームよりも濃厚でいながら後味はあっさりしている…とでも表現したらいいでしょうか。同行の者はみな感動して、「夢のフルーツ」と喜び、翌日市場に行って探して入手しました。でも、レストランで味わったものとは質がちょっと落ちてました。繊細な果物なので、生産者によって味が違うのかもしれません。ちなみに、ホーチミン市にあるその高級レストランの頭文字がVから始まっていた記憶があります。洗練された盛り付けや味のよさで、ベトナム人の底力を料理から思い知らされ、最後に出てきたミルクアップルですっかりベトナムに魅せられました。
| 追っかけ新人 | 2007/07/03 2:30 PM |

vu sua http://rakuen.seesaa.net/article/864975.html

外見をみて私がインドネシアでいちどだけ食べた果物と同じかもしれないと思いました。出回る期間がニ、三週間ではなかなかめぐり合えませんね。
| おのま | 2007/07/03 10:19 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1658
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters