木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記・猫は動く | main | 林雨 二十二回 医療ブログの紹介 >>
ゲンキー記・現実は残酷
一度でも、ゲンキーかっわいいいい・・と思った方、ならびにノミのシンゾーの持ち主はここから先を見ないで下さい。

現実は残酷、生後一年たち ゲンキー かっわいいいい・・の日はなく、ゲンキー こっわいいいい・・です。

ということですので上記に該当する方はここから先を見ないで下さい。





この日ゲンキーは何度目かの外泊をしました。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります

| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 14:17 | comments(12) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:17 | - | - |
ま〜かっわいいいい・・
ゲンキーちゃん、狩りも上手なのね、
・・・というのが、動物好きの感想です(笑)
| なな | 2007/06/17 3:56 AM |

↑ アンビリバボー

証拠写真はありませんが、頭から首にかけて赤い肌が露出していてるのを空中に放り投げて遊んだりしたのですよ

「なんと残酷な!」「ゲゲゲノゲンキー・ゲロがでる!」「もうこのブログ読まない」 になりませんか

猫派ニンゲンがとてつもなく恐ろしいイキモノに思えてきた(笑) 
| おのま | 2007/06/17 10:21 AM |

はっきりいって、ゲンキーは最初からちょっと「コワイ」です。で、今風に言えば、まあ「こわ かわいい」というところでしょうか。

それにしても、しとめている姿を 「かっわいい」なんて
コメントはちょっとねー やっぱりひとそれぞれです。
でも、狩をして、獲物をなぶる、というのは やはり
猫好きの友達から聞いていましたが、ふつうのことらしいです。(捕虜をなぶったりする話ありますよねー。動物には
そういう「本能」ももしかしてあるのか。イジメとかも
おなじオリジン?あー、考えるもいやだけど。)その友達を、私は大好きですが、やはり、猫はメスを飼いたい。そのほうが、いろんなもの(獲物)を持って帰って
きておもしろいから、と言ってました。わたくしからみると、きゃー、きもちわるいーですが。 「おー、よしよし、
よくやった。」と 迎えるらしいですから、動物好きはよくわかりません。獲物の動物への感情は無いんですかねえー
| オランジュリ | 2007/06/17 10:39 AM |

現実は残酷・・・というおはなし

オノマはいま明太子(メンタイコ)を肴(サカナ)にビールを飲んでます

明太子だって元はといえばイキモノ。これから大きくなってよく遊び、よく学び、燃えるような恋をして、バイオリンを弾いて、踊りをおどって・・・という人生があったはず・・・

などなど考えているうちに悩みは深まりますます禿げる・・

現実は残酷
| おのま | 2007/06/17 11:09 AM |

うーむ、ゲンちゃんに罪はないですからねぇ。
そのゲンちゃんも可愛い♪です。
本能のなせる技でしょう。
他に、虫、とかげ、ねずみなど得意そうに見せに来ませんか?

何の鳥だろう?ジェイ類かなぁ・・・。
神様、仏様、ご冥福をお祈り致します。

おのまさんの胸の痛みが爆発しそうならば室内飼いという選択肢もあります。が、もう外に出してしまったゲンちゃんにとっては苦しい事かもしれませんねー。うーむ、うーむ。

うーん、外国の鳥はより分からない・・・。
こちらではうぐいすとほととぎすが歌っています。
小さい双眼鏡が欲しいなぁ。肩がこらないから。
| ちぎ | 2007/06/17 2:15 PM |

これまで持ち込んだのは鳥だけです。飛んでる虫にはしょうっちゅう跳びかかっています。

胸の痛み・・・外で好きなように遊んでくれるほうが良いです。

羽からみるとジェイではなさそうです。羽の部分だけカラーで追加します。

| おのま | 2007/06/17 3:34 PM |

こういう写真撮るのが一番残酷な気がする。 ネコが獲物を持ち帰るのは、自然体!
| ミンミン | 2007/06/17 4:26 PM |

自然体を撮るのが一番残酷・・・しかり・・
| おのま | 2007/06/17 4:43 PM |

右のほうにあるオススメ商品に「バンクーバーの鳥」図鑑を表示しました
| おのま | 2007/06/17 4:50 PM |

ミンミンさんのコメントを読んで、この日の日記を最初に見たとき、よぎった気持ちを書きます。ちょっと前に小学校の教師が事故などにあった子供の写真とかに、異常に興味を持って、しかも、ネットで流したりしたという報道がありました。もちろん、逮捕されて、刑を待っているはずです。この映像はそれほどいやな気持ちを喚起するものではないけれど、ちょっと意図不明ではありました。いろいろいやな事件が起こるとき、まず、予兆として、動物を虐待したりということがよくあるようです。この元小学校教師は、自身が虐待をしたりということはなかったようですが・・
| ヒグラシ | 2007/06/18 1:12 AM |

いろいろなコメントをありがとうございました。

こんな写真でも感じる気持ちは千差万別だと分り為になりました。最初、ななさんのコメントを読んでほっとしたのですが、現実は甘くなかった(笑)

たいした意図があって載せたわけではありませんが意図が全くなかったというわけでもありません。

先日ある人(男性)と食事をしていて、猫とかスキーとか女性の気をひくことばかり書いてますな、とからかわれて、いや会った事もない、会うこともない女性の気をひくほど酔狂ではないよ、だいいち女性のようなHNでも実は♂というのがよくあると反論。

綺麗なことばかり書いているという「イチャモン」に対抗する意図があって少々グロイ写真を載せた次第です。

彼には、日本の偏向マスコミによる報道の中で日々を過ごしている日本人のひとりでも多くのひとに自分の目で見て、自分の頭で判断して欲しいと思って書く記事もあるからコメント書いてねと頼んでおきました。食事代は私が持ったからそのうち書いてくれることでしょう、ねえ、ケンさん♪

さて、ここから先はケンさんをはじめとする無言の読者を意識して書きます。リクツっぽい話が苦手な方はお読みにならないよう:

|里蕕覆った残酷な現実を他人の目を通して知ることにどこまで耐えられる力が自分にあるのかを知りたい方がおられたらこのブログのオススメ商品に表示してある石井光太さんの「物乞う仏陀」を読まれると良いでしょう。

悲惨な現実を見て、見て、さらに見つめる作者に圧倒されながら、この本を読み通すのに私は苦しい思いをしました。同じアジアに四年もいて私は見て見ぬふりをした、全く見ていなかった 見てもそれを変える力が無い・・などなど

本を読むのはどうもという方は石井さんのブログをご覧下さい。石井光太でググルとでてきます。

△海離屮蹈阿任發箸蠅△欧燭海箸里△襦Guantanamo  What the World Should Know」 Michael Ratner and Ellen Ray。

いまこの瞬間にもかくも理不尽で残虐なことがジョージ・ブッシュによって行われているのだとゆううつになります。

この本を読んだアメリカ人は少ないと思いますが、それでもアメリカ人の過半数がブッシュの戦争を糾弾するようになったことに救いを感じます。それにくらべるとやせたリクツにしがみついてブッシュを支持している日本の外務省筋、報道人は救いがたい。

書きはじめてそのままになっている「オランダGさんとの会話」

たとえば「南京戦 閉ざされた記憶を尋ねて 元兵士102人の証言」松岡環編著(社会評論社)で証言者(いちぶ実名あり)の語った日本人兵の残虐行為が頭のなかにあると、たといそれが自分のやったことではないにしろ、いや、自分がやったことではないからこそ、そういうものを自ら体験したかもしれないオランダGさんと対峙すると緊張します・・・

ざ譴靴せ廚ぁ△罎ΔΔ弔砲気擦襪發里呂澑遏△い鎹遏△か猿・・
くさいものには蓋をする・・
無知のままノーテンキな話をしてGさんと別れる・・

それでも良いと思います。

反対に、苦しい思いをさせるものを見る・・蓋をしない・・ノーテンキな話をしない・・でも良いと思います。

一方が「異常」で他方が「正常」というはなしではありません。

柔らかくて甘いものばかり食べているとあごの力が弱り、メタボになり、ひいては糖尿病になるのでしょうが、それを選ぶのも個人の自由。

でも、なるべくなら健康体であって欲しい、ロバート・キャパの写真くらいは目をしっかりあけて見て欲しいと思うのです。

ひょえー、日記よりコメントの方が長くなってしまった・・・
| おのま | 2007/06/18 9:11 AM |

なるほどぉ。
私は家で飼われている猫は野生とは思いません。
何故ならば、ご飯をもらっているからです。
ですが猫が狩をするのは自然の行為です。
では何故、私が鳥の種類に興味を持ったか、それは
大自然のあるカナダにおいて、家猫に駆られ個体数的に大丈夫な種であるか、という点です。
カナダは自然が多いですから多分大丈夫と思われ。

ここに辿り着いた子供さん。
鶏肉はこうやって、命のある鳥さんを人間がもらって、羽をむしって、更に、食べやすいよういろいろな所に分けて、スーパーに売られているわけです。
限りある命、大切に残さず食べましょうね(*^^*)

私は第3世界の方々の仕事作りや学校を建てたりするNGOに勤めていました。
石井さんの本を読んで、現実を知ったならば、何ができるか考える、というのも一つの手でしょう。
フェアトレードショップなどで物を買うというのもいいと思います。
http://www.wwf.or.jp/pshop/index.php
ユニセフもあります。
http://www2.unicef.or.jp/card/cardtop.html

第3世界が何故、貧しいままなのか・・・。先進諸国の侵略行為なども大いに原因があると思います。支配者がポケットナイナイしているのを知っていてどんどん貸し付けた世界銀行にも責任があるでしょう。

ああ、こんな事ばっか考えるので彼氏ができないんすよね。(*^^*)

おのまさんが、いろいろなタイプの方達の考えを知りたくていろいろなテーマを上げてブログを書いてらっしゃるんだなぁ、と私は思ってます。
| ちぎ | 2007/06/18 9:20 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1646
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters