木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 小津安二郎・小早川家の秋 | main | 焦りの気持ち >>
ブッシュ戦争・内通者

ブッシュが仕掛けたイラク戦争を支持してきたスペインやポーランドがあいついで方向転換をしましたが、アメリカ国内でもブッシュチームのおもだったメンバーがチームを離れて批判しています。ポール・オニール前財務長官がはじめにイラク侵攻ありですべてはこじつけであったと暴露したか思うと、今日はリチャード・クラークという安全保障に関わったひとが痛烈なブッシュ批判をしている姿がテレビに流れています。

ブッシュたちが911以前からイラク侵攻を実現しようとしていたことはオニールが言わなくても多くのひとが分かっていたというのがネット時代の面白さですが、そういう現状があるからオニールたちも裏切りのようなことを平気で行っているのでしょう。昨年、大統領報道官、フライシャーがチームから離れたことがあります。彼は何も語っていませんが、おそらくは欺瞞の報道を潔しとしなかったのではないかと推察します。

自らは正しいという姿勢をくずさないブッシュ、チェイニーたちは、裸の王様なのか、それとも破廉恥なのか、面白いともいえるし、うんざりするともいえます。ことにチェイニーは関係しているハリバートンの不正だけでも詰め腹ものだと思うのですが、平気な顔をしています。

彼らが舞台から消えることが混乱の沈静化に一番効果的なことで、などということを考えていると昔のバンクーバーに戻れません。



| おのまのプロフィール | 政治経済 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/158
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters