木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< この写真を覚えてますか | main | シーモア・リフトの景色 >>
木霊の宿る町・俯瞰・山
バンクーバーから北を望むと山また山、日本列島より長いコースト山脈の一部です。

有名なロッキー山脈はコースト山脈の600キロ東にあります。ダウンタウンからロッキー山脈が見えるとブログに書いてるひとがいましたが、超能力者なのでしょうね。



写真の左、↑のへん、斜めの雪面がグラウス・スキー場の初級者ゲレンデ・カットです。ゲレンデは見えませんが、シーモア・スキー場は写真右端の山の裏あたりだと思います。



ここ十数年のあいだに施設が派手になったグラウスにくらべて、シーモアは質素な雰囲気のままです。

三十年まえと同じ物ではないでしょうか、乗るときにもスピードがおちないでガツンとぶつかってくるリフト。



↑リフトの椅子も鉄線も凍って輝いています。

このリフトはなくならないで欲しい。景色をゆっくり愛でたり、若者の滑りを眺めたり、人生の来し方行く末を考えたりして(行く末はあんまりないだろうが)、静かに昇っていく感じがいいんだなあ。

レトロ調は残っていますが、それでも1973年の頃にくらべて変わったところもあります。

1985年のゲレンデ:

チェアリフトが二基、ロープトウが四基。下から二番目と一番上がリフト。



1973年には一番左のロープトウ(Enquist Tow)の上に 短いのがもう一本(Lodge Tow)
がありました。

2007年のゲレンデ:



.蹇璽廛肇Δ減っています。
1985年はミステリー・ピークが終点でしたが、いまはそこから更に高いブロック・ポイントへ行くリフトが出来ています。
3┐琉貳峅爾茲蟆爾里曚Δ縫愁衢僂離殴譽鵐任あって、そこにもリフトがあるような・・・次回見てきます。

グラウスの初級、中級ゲレンデは広々としていますが、ミステリー・ピークから降りてくるゲレンデは両側に林が迫っているところが多く、スロープにうねりがたくさんあって自然そのまま、上級のユニコーンになると一層狭くなって、山スキーの風情があります。

↓ミステリーピーク・リフトを三分の二のぼった地点の左、初級ゲレンデ(緑)と中級ゲレンデ(青)が交わるところです。


http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

| おのまのプロフィール | バンクーバー | 05:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:06 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1532
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters