木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< グラウス・日本人集合 | main | UFO考・2(二月十日の続き) >>
グラウス・いろいろな滑り


昨日のコメント欄(http://onomar.jugem.jp/)「次回はもうちょっとかっこよく滑っているところを写してくださいね」を読んで、誤解された方がいるかもしれませんが、せりさんの滑りはチョーかっこいいのです。

グラウスCutは初級者用、せりさんには簡単すぎて体をほとんど動かさないで滑っていました。だから写真をとっても動いていないように写ります。「せりすべり」や「私は筏すべり」ができるのは上級者です。

リフトの上から眺めていたらいろいろな滑りが見えてきて、ピアニストやバイオリニストでもいろいろあるのに似ていると思いました。

「静かなドン」という小説(ショーロホフ作)の題を連想させるクラウディオ・アラウのごつい指、応援団長の腕みたいやなあ、ランラン、こちらの顔までゆがんでくるから目を閉じて聴かないといけない内田光子、うっかりすると噴出したくなるから目を閉じて聴かないといけないギル・シャハム。そのギル・シャハムとにらめっこしながら聴くのがたまらないという人もいて、聴衆もいろいろですな。

以下グラウスでみた色々な滑りです。

‐さい子供たちはスキーをハの字に固めたまま滑っていきます。久しぶりにこれで滑ってみたところ、体のバランスや左右の脚力の差がよく分り、雪面との折り合いのつけかたのヒントがつかめました。



△なじみ「私はイカダ」すべり。ポール(ストック)は最後までこのままでした。緩やかな斜面なら私も筏(イカダ)すべりが出来ますが、このくらいの斜面になると防衛本能が働き前傾します。



これもおなじみ、攻撃的カメラマンの前傾姿勢。ポールをこきざみに使っていました。



ぅ檗璽襦淵好肇奪)が雪面につかないように軽く曲げていますが、基本的には腕をだらんと下げ、力み感がありません。筏に近いでしょうか。



ぞ緘梢箸伐屡梢箸ちぐはぐになった瞬間をとらえました。内心しまったと思ったかもしれません。



イ匹海らでもかかってこい、という上半身の構えを崩さないで滑っていきました。,隼た安定感があります。イヤイヤするかのように上半身を回す初級者は、このボクシングをするような構えを意識して滑ると良いでしょう。



攻撃的カメラマンに似た前傾姿勢ですが、ポールを使わないで滑っていました。



Φ渕侈未筌灰屬魍蠅襪燭瓩領習でしょうか、ポールを几帳面に使っていました。



ГΔ靴躙き滑りを音楽家にたとえたら、はて誰だろう?





私はすべりだしはゆっくりでも、途中から「攻撃カメラ」になることが多いので、次回は「ハの字」と「筏」を増やしてみようと思っています。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

| おのまのプロフィール | スポーツ | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:00 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1516
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters