木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< UFO | main | グラウス・日本人集合 >>
木霊の宿る町・俯瞰   UFO考
俯瞰(ふかん=高いところから見下ろす)

「木霊の宿る町」は「こだまのやどるまち」と読みます。

「もくれいのやどるまち」と読む人がいて、それはまだ良いのですが、「あくりょうのやどるまち・悪霊の宿る町」と云った人がいます。日頃のくらしぶりが分るというもの。

木霊の宿る町を空から見ます。

「木霊の宿る町」と名づけたのは1972年のバンクーバーなので、本当はその時代の航空写真が欲しいのですが、とりあえずは手元にある1988年物を使います。



写真の上が北、下が南、左が西、右が東になります。西へどんどんいくと太平洋・日本に、東は大西洋に、南はアメリカにつながりますが、それでは広がりすぎ。



左下の茶色い線はグランビル通りでここを南へ十キロほど行くとバンクーバー空港です。

赤い道の一角にオクトパス・ガーデン(日本レストラン)があります。今年はまだ行っていません。オクトパスガーデンを左へ十キロほど行くとBC大学に着きます。

バラード橋、グランビル橋、キャンビー橋がダウウンタウンのビル街にかかっています。交通量の多さならグランビル(下の写真の右)、造形美はバラード(左)でしょうか。



写真にはグランビル橋とキャンビー橋のあいだに海沿いの空き地が写っていますが、これは1986年に開かれた万博の跡地です。



跡地はいまや高層住宅で埋め尽くされていますから、2007年の俯瞰図をみたらダウンタウンは胴回り一メートルのメタボおっさんでしょう。

絵にもどって、左中に百万坪の広さを誇るスタンレー公園。そこから上にのびる茶色の線がライオンズ・ゲート・ブリッジで、橋をわたった先、左が西バンクーバー、右が北バンクーバーです。

下の写真の住宅街は西バンクーバーです。橋がよく見えませんね。



バンクーバー、アメリカ、バンクーバー島を一望できるグラウスCutは下の写真の右にある雪面です。左にみえるゴンドラの下の雪面は狭くて急すぎるので滑るひとはいません。



Cutの右下に加納川がつながっています。このブログは加納川の西にある家で書いています。加納川とスタンレー公園との距離がおよそ十キロです。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。




UFO考

昔、歴史の本では1492年となっていますが、もっと昔だというひともいます。

アメリカ大陸にヨーロッパの白人たちが初めてやってきたとき、アメリカの原住民は沖合いを見ていたけれど、そこに現れた白人の船が分からなかっただろうという学説があります。いままで見たことのないものだと、目の前にあっても見えないことがあるのだそうです。

見えていても観ていない、聞こえていても聴いていない。そんなことを私はしょっちゅうやってきたようです。

「社長、昨日のいまごろ●●通りを歩いてませんでしたか」
「歩いてたよ」
「マツナガさんとすれ違いませんでしたか」
「いや、どうして」
「マツナガさんが言ってました。昨日おたくの社長が自分を景色の一部を見るようにして歩いてたと」

↑はトロント時代の話、チャールス通りだったでしょうか、人が大勢歩いている通りではないし、日本人ならめだつし、気がつくのが普通です。

満員電車がイヤで、ポケットマネーのほとんどをグリーン車代に使っていた課長時代の話。大船駅で乗り込んだときに鎌倉から乗ってきた親戚の人と目があったらしいのですが、そのまま何もいわずに通り過ぎたといわれたことがあります。

グリーン車は空いている、めがねをかけて視力は1.2、目があった、それでも観ていないのです。

人が注意してくれるのは氷山の一角、たぶんその百倍をやっているにちがいありません。


http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

| おのまのプロフィール | バンクーバー | 10:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:41 | - | - |
おのまさん、こんばんは〜あ〜こんな写真見せられたら、行きたくなっちゃいますね〜(^-^) ビィクトリアのエンプレスホテルで、アフターヌーンティがしたいです〜おのまさんは、どこのホテルがお薦めですか? ビィラとかこじんまりして日本人があまりいないところもいいですよね〜
| Eさん | 2007/02/10 10:16 PM |

エンプレスホテルの人気は相変わらず高いのですね。太平洋に面しているトフィノも世界中から人がやってきて、豪華ホテルからこじんまりホテルまであるそうです。グッドラック!
| おのま | 2007/02/11 2:12 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1514
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters