木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< グラウス・私は筏 | main | グラウス・二十三秒のすべり >>
こだわれ(?) NHK


PCに向かいながら、横目でチラチラ見ていたNHKの番組。ナレーターが何度か「手塚治虫は〇〇にこだわった」と言っていたのが、翌日になっても頭のなかに残っていて気持ちが悪いので書いておきます。

「手塚治虫は生命の大切さというものにこだわった」とか「絵の線にこだわっていた」とかいう風に、すなわち手塚治虫を誉めているのですが、「こだわる」ということばには否定的な意味合いがあるから、「耳ざわりの良い言葉」に似て気持ちが悪いのです。

広辞苑・第四版

こだわる:
,気錣襦さしさわる。さまたげとなる。
気にしなくてもよいような些細なことにことにとらわれれる。拘泥する。「形式に―・る」
8両磴鮓世のてる。なんくせをつける。


「耳障り」:
聞いていやな感じがすること。聞いて気にさわること。「―な話」「―な雑音」


「生命の大切さにこだわった」=生命の大切さという、気にしなくてもよいような些細なことにとらわれた   
↑おかしいでしょう。

「こだわりのある人生を送っている方ですね」とか「このお店のご主人は器にこだわっていらっしゃいます」というようなことを民放テレビで無学の芸能タレントが叫ぶのは我慢するけれど、日本最高の学歴と教養を誇るNHK職員が真似ることはない。

猫も杓子も「こだわり」「耳障り」を連発しないでくれ。「百歩譲って・・」ではなく「一歩譲って・・」と言ってくれ。

そんなことにこだわっていたら生きていけない、といわれるのは百も承知。しかしだ、おらが国の首相様が「美しい国・日本」といってるのだから、国家機関たるNHKはそれに従って、美しくない日本語、正しくない日本語を使わないように努めるのが筋というもの、受信料の払い甲斐があるというもの。 

てなことを思ったのですが みなさまいかがざんしょ。


ひげオヤジ:いかがでやんす
御茶ノ水博士:うん、なかなかの難問じゃな
アセチレンランプ:乱れた時がチャンスだぞ



どれもこれも同じような顔にみえる漫画とちがって、手塚漫画はひとりひとりの個性がはっきりしています。少年・おのまはアセチレン・ランプの絵が好きでした。悪いことを思いつくたびにローソクが輝いてワクワクする。ひげオヤジの柔道は切れがよくてイガグリ君よりカッコ良かった。御茶ノ水博士に匹敵する天才そして鼻はいまだに現れない。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

| おのまのプロフィール | 日本 | 05:32 | comments(6) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:32 | - | - |
「こだわり」自分もいい意味「こだわりの逸品」などのようにプラスのイメージでとらえてました。マイナスの意味だったのですね。勉強になります。

手塚治虫氏は昔から大ファンで、実家に専用の書庫があります。(半分は横山光輝ですが。あの顔の判別が難しいので有名な)特に好きなのはやはりライフワークである「火の鳥」でしょうか。何度読み返してもその度に新しい発見がある稀有な漫画だと思います。絶筆になってしまった「アマデウス」なども続きが読みたいです。
| くろちゃん | 2007/02/07 2:43 PM |

確かに最近の日本語の言い回しはワンパターンで、いわば流行の単語をなんにでも使ってしまうような気がする。 "こだわる" もそのような単語のように感じます。 ガシカシ、おのま〜の指摘だと、「どうでもいいことにこだわる」という言い方「落雷が落ちた」と同じことになるのかしらん? 耳障りな現代用語になんくせをつける(=こだわる)のもよいけれど、早くUFOの話を〜!!
| Komae1 | 2007/02/07 6:37 PM |

手塚治虫の頭の中には、絵や文字で表現できない哲学思考が渦巻いていたような気がします。それがどんなものであったかを想像するのに「火の鳥」は良いのでしょうね。


「どうでもいいことにこだわる」という言い方「落雷が落ちた」と同じことになるのかしらん?

↑でしょうね。でも同じ意味のことばを重ねるのはリズムの面白さや強調の妙味をつくるから「どうでもいいことにこだわる」は気持ち悪くなりません。落語でいう「眼はニンゲンのまなこ也」に似てニヤリ。

「大切なことにこだわる」と同類でも気持ち悪くならないのが落語:「去年別れたあにさんと、今年でちょうど三年目」

早くUFOの話を〜!!

以前に見たUFOがどんなだったか絵で再現できないけれど、書きましょう。
| | 2007/02/08 2:28 AM |

↑透明人間、おのまでした
| おのま | 2007/02/08 2:30 AM |

あなたはxxにこだわっていらっしゃるのですね、なんていったら言語道断かもしれないけれど、自分のことだったら、謙遜気味に、器にはちょっとこだわってまして・・・なんていうこともある。

「生き様」も耳障り。「なんという様だ!」みたいに、様というのは肯定的にひびかない。生き様も死に様もきたない語感。

ただ、そういう言葉を避けて避けて話すと、とても説明的でNHKの日本語「標準語」になっちゃう。

NHKのなんていったかしら、前にお酒をのんで、タクシーの運転手とけんかしちゃったひと、今も「歴史・・・」をやっているひと。(磯村元特派員の甥)。彼の日本語は美しいなと感心しちゃいます。リズムもあるし。

乱暴な言い方になるけど、本人の努力もあるけど、言葉って「育ち」+
「環境」かな。そして、語彙の選択は「感性」。 
| afさんのメール抜粋 | 2007/02/08 3:06 AM |

ホント、「ざま」の語感は汚いざますワ。

広辞苑が万能ということではありませんが、基準が分かるので引用します:

ざま=様子・ありさまを憎げにいう語

「生き様」ときたら「アイツのざま見ろやい、だらしねえったらありゃしねえ」ですから「その素晴らしい生き様には圧倒されます」というNHKには「受信料返せ」となります。

今の世の中、説明的なことばから飛躍した、イキイキとした造語、表現がどんどん生まれていて面白いのですが、一方、昔からあることばの意味を曲げて奇をてらったり、あるいは無知で使ったりする騒々しい手合いが目立ち、ウザイ(笑)。

そういう次第で、マリタンさん(いるかな)、「百歩譲って・・・」を多用する冷泉某やきっこ某を読んではいますが、好きではないのです。
| おのま | 2007/02/08 5:13 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1510
「美しい日本」の担い手を育てるのは誰や
読売新聞(夕刊) 2006年(平成18年)11月29日(4面) 「トイレに身隠し 恐怖と飢え体重20キロ代 ルワンダ大虐殺 肉親失った女性来日」 ? 11月29日夕、港区の慶應義塾大学で、ルワンダ生まれのイマキュレー・イリバギザさん(36)(米ニューヨーク州在住
| 江戸摩呂日記 〜メディア千本ノック〜 | 2007/02/07 10:35 AM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters