木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記・雨の日は見る | main | グラウス・初めてのスケート、たぶん >>
レッカー車
昨年、十一月末から十二月初めにかけての出張から帰ってきたら、テントが崩壊していたという話を書きましたが、このときは車にも被害がありました。

ひとつきほど前に換えたばかりのバッテリーがあがっていました。いつもならもう一台の車のバッテリーとつないでエンジンをスタートさせるのですが、今回は蘇生不能。

その後も天候不順で、濁った水や停電騒ぎがあったりし、車は後回し。ようやく一月二十三日に修理に出しました。

電話でレッカー車を頼むと、約束どおり四十五分後、二時三十五分頃にやって来ました。



以下、車がレッカー車に乗せられるまでの記録です。

百年前に書かれた日記を読んでいると、立派な歴史書などには書かれていない、日頃のくらしぶりが面白いから、この記録だって面白がられます。多分。秒単位で記録を残すデジカメに感心します。



14:37:40 手でもって車をレッカー車のほうへ押していく



14:38:39 鎖をかける



14:38:46 こうなっています



14:39:14 ハンドルで進行方向を調整する



14:39:37 注意深く引っ張り揚げる



14:39:49 また方向調整



14:40:10 引き揚げる



14:40:59 車の前方にも鎖をかける



 14:42:32 台の傾きを直す





14:42:56 出発



やってきて去るまで七、八分。書類にサインすることも金を払うこともなく、行き先を言って車の鍵を渡しただけ。

こういう簡素なプロセスから何かを学んで欲しい、日本のお役人・・・

Don't you think so ?
Yes, sir !



翌日修理工場で車を引き取り、そこでレッカー代も払いました。ここから十キロ先の修理工場まで76ドル(八千円)つけられていました。予想していた値段より15ドルほど高かった。修理代は27ドル(三千円)。バッテリー代109ドル(一万二千円)は買ったときの保証があって只。

静かで力強く走る頼もしい車(95年型・トヨタカムリ=日本名はセプター・六気筒・3000CC・二百馬力・走行距離167,569キロ)でしたが、二ヶ月ぶりに乗ってみると少々喘いでいます。CDプレイヤーも動きません。まあ、運転中はCDを聴かないほうが集中力が増して良いのかも知れません。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。


| おのまのプロフィール | 現在 | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:55 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters