木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 林雨 第十七回 年初の占い | main | つらら >>
ゲンキー記・ネコの恩返し
一月十八日にいただいたコメント:
『長靴をはいた猫』のように、ご主人に恩返しをしてくれる日はそう遠くないのかもしれません。


猫を観察してきたヒトの間では、猫もニンゲンに一宿一飯の恩義を感じるというのが常識になっているようです。いいってことよ、大したことじゃネーんだから、気にするなってば、と思うのですが、猫もそれでは気がすまないのでしょう。

一月十三日にあけがた、夢の中に小鳥がでてきました。ビールの小ビンくらいのサイズがあって、肉付きはよく、茶色い羽がつやつやしています。きれいだけど、なんで鳥の夢をみたんだろうと目が覚めていぶかりました。

十三日の昼過ぎ。いつもならマヒン家でナジーと跳び回っているゲンキーが玄関のあたりにいたので、中に入りたがっているのかと扉をあけると入ってきません。前足でもってこちらに押し出したのが、ギョッ・・・はい、ご想像のとおり・・・小鳥。

写真は生々しいのでスケッチを:



顔は気を失っているだけのように見えますが、絶命しています。



暗くなり、マヒン家にゲンキーを迎えに行きましたが、ナジーは寄ってくるけれどゲンキーが車の下から出てきません。時間をおいて行きましたがダメ。また時間をおいて迎えに行くを繰り返すこと五回。最後は姿も見えず、ついにゲンキーの初外泊。

ナジーとラブラブ? それとも鳥をハントして、自立する自信がついたのか。このまま野生猫になるつもりだろうか。しかし、世の中はあまくない。氷点下五度、凍死するか、アライグマのえさになる。

翌朝、玄関を開けるとゲンキーがどこからともなく現れました。体は思ったより冷えていませんが、毛のつやが悪くなっていて、土をかぶったように汚れていました。玄関に鳥のなきがらはありません。食べたのでしょうか。

十四日、十五日、ゲンキーは外へ出ず、良く寝ていました。十六日、ふつかぶりに外にでたゲンキーはどこからか鳥のなきがらを持ってきて玄関に置きました。毛がむしりとられていますが食べられた様子はなく、そのまま丸焼きにできそう。

十七日も鳥は玄関に置かれたままでした。この日も早めに帰ってきたゲンキーは心なしか元気が無く、棚のなかに隠れています。・・・ハタ・・・そうであったか・・



ゲンキーを抱き上げ、アリガトウとお礼を言いました。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。


| おのまのプロフィール | 猫・ゲンキー | 09:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:42 | - | - |
ゲンキー本人にしてみれば、今の彼自身に出来る最善の恩返しのつもりでしょうか・・・ おのまさん、ゲンキー君からの貢物はこれからも続きます。 どうかその都度、小鳥の供養をよろしくお願いします。( 熱心にスケッチまでしている姿を見て、よほどプレゼントが気に入られたと思ってるんじゃない? )
| Ferri | 2007/01/19 8:33 PM |

どうしても恩返ししたいのなら、その柔らかい肉球で背中をモミモミして欲しいニャン。小鳥やねずみの類はもうイヤン。
| おのま | 2007/01/20 1:33 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1489
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters