木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< シャンバッグ・ラングーンの女子大生 | main | 雪だるま >>
佐藤優・馬脚
この一年ほど高く評価してきた佐藤優氏ですが、氏にしても外務省で働く人に共通するひとりよがり、お手軽さがあるか、という話しです。

元NHKワシントン支局長・手嶋龍一氏との対談「インテリジェンス・武器なき戦争」(幻冬舎):

佐藤:
大量破壊兵器については、まったく正直に彼ら(アメリカ政策当局者)は「ある」と思っていたと思うんです。アメリカが悪意を持って情報操作をしたという説は、誤りです。アメリカのこともインテリジェンスのことも分かっていない人間が、そういうことを言う。(69頁)

手嶋:
ともあれ、アメリカ政府は結果的に「イラクには大量破壊兵器がある」と判断しました・・・大量破壊兵器が存在しなかったことが明らかになった今の時点で「なかったじゃないか」と批判するのは簡単です。しかし、その尻馬には安易に乗りたくないという気持ちがあります。(72頁)


この頁まで読み進んで、おふたりの「尻馬に安易に乗りたくないという気持ち」になりました。「インテリジェンス(情報)」の語り手としては粗雑。

「アメリカ」「アメリカ政府」とくくって断言していますが、これでは、ブッシュ批判をしたら「君は反米の傾向があったかな」とのたまわったノーテンキ大使閣下のレベルです。

,りかえしますが、アメリカもアメリカ政府も単色のエンティティーではありません。「アメリカのことも・・分かってい」るとはどう定義するのでしょうか。

▲屮奪轡綫権にいた閣僚をふくめて、何人かのアメリカ人があらわしたブッシュ戦争に関する記録は、イラク侵攻を計画している段階で、ブッシュ、チェイニー、ラムズフェルドが「イラクに大量破壊兵器がない」という情報を無視し「はじめにイラク侵攻ありき」で「大量破壊兵器があるという証拠」を捏造していたことを明らかにしています。

「大量破壊兵器がある」という説明図が事実にもとづいた写真ではなく、イラストレーターがかいた架空の絵であったことや、パウエル国務長官が国連でおこなったスピーチのねたがイギリスの学生が書いた古い論文の孫引きで、事実に基づいていないものとして酷評されたのは戦争がはじまる前で、「大量破壊兵器が存在しなかったことが明らかになった今の時点」ではありません。

ぁ屮ぅ薀のウラン密輸」をアメリカ政府機関の調査員が否定した際、それを憎んだチェイニーが国家反逆罪にひとしい行動をとったことを報道したアメリカのテレビや雑誌をみても、チェイニーが「まったく正直にあると思っていた」と信じているのは、思考することがないクリスチャンのおばあさんくらいではないでしょうか。

ゥ▲瓮螢人に「チェイニーが情報操作をしたという説は、誤りです」と言ってごらんなさい。十人に七人からウシノウンコ といわれて、二度と相手にされなくなる。チェイニー自身にいったって馬鹿にされる。

もっと続けられますが、ブッシュ戦争に関心のあるひとにとっては常識(prerequisite)以前のことばかり、恥かしいからやめます。

佐藤優氏の著作には感心してきましたが、このような素朴にして乱暴な論を展開しておいて、「アメリカのこともインテリジェンスのことも分かって」いると自負されておられるようなので、もう一度読み直して、論理の破綻、隠されたうそをみつけたい気持ちになりました。

手嶋氏のことはもともと評価していないので、不問。

ふたりとも日本の巨大組織の枠にはまらない、たくましい一匹狼を装っているけれど、いまだに大樹の陰でぬくぬく生きている飼い猫でしかない。馬脚というより猫脚を現したというべきか・・・

佐藤優氏には期待していたのですが、どうやら事実を広く深く探る作業をしない人、一切の予断から自由な精神の持ち主ではない人、よって国際的に評価を得られる論客ではない、弱ったねえ、という気持ちです。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 01:43 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:43 | - | - |
佐藤優に関する指摘は、まさしくその通りだと思います。ただ私が思うには、佐藤優をあまりにも理想化していて崇拝しすぎるように思います。

所詮は人間のやることで、いろんな利害関係があるし、嘘を言うこともある。割り切って考えられたらどうでしょうか。

| yt | 2007/01/12 1:57 AM |

佐藤氏に関する説明を読んで成る程と思います。
日本に一匹狼のような論客は存在してるんでしょうか?はなはだ怪しい限りです。佐藤氏も売れすぎたのかもしれません。
彼に、ソビエトと北方領土のことは分かっていてもそれ以外のことになると、全く理解して入ないんでしょうね。
それでも、手嶋氏との対談を出版社から要請されて断り切れなかった。というぐらいの話でしょうか。
もう一度、しっかりと足を地に付けて行動してもらいたいですね。
| 正一 | 2007/01/12 10:14 AM |

アメリカ政府の発表を鵜呑みにしているのは、何も物を考えない日本の平和ボケ連中だけだ。
インターネットには、とても読み切れないほど、政府の公式見解を疑い否定するいろんな専門家や軍人の研究や推測が、それこそ山のように詰まっている。
| JA | 2007/01/13 3:52 AM |

次のサイトはアメリカ人によるものです。Lie #6 Weapons of Mass Destruction に大量破壊兵器に関するブッシュチームによる「情報操作」が出ています。

http://www.impeachbush.tv/args/iraqlies.html

佐藤氏の論法では

“爐蕁淵▲瓮螢人)も「アメリカの事が分っていない人間」になります。佐藤氏は彼らにそう言えますか。言えないでしょう。
∈監氏は、そこに書いてある事実が嘘であると主張しているわけですが、それを証明できますか。できないでしょう。

「素朴にして乱暴」な論を展開すると、そういう困ったことになります。

防衛省が出来ましたが、鉄は熱いうちに打て、外務官僚の雑駁な「インテリジェンス」とは次元の違う、国民が信頼できる情報分析を目指して欲しいものです。
| おのま | 2007/01/14 6:38 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1482
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters