木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< イギリス湾の電飾 | main | Sara Davis Buchner 前編・肖像権 >>
VSO Jeff Alexander


そんなことがあったと思い出したのが二十五日の夜。

二十人くらいのクリスマス会にやってきた VSO(バンクーバー交響楽団)の社長をしている Jeff Alexanderは音楽会やパーティーでときおり見かけていましたが、話すのは初めて。

ニューヨーク生まれのアメリカ人、2000年までシンシナティーにいたというので、かすかな記憶をたどって、あそこはポップスで有名な楽団があるね、と言うと、自分はシンシナティ交響楽団のナンバー2だった、十六年いたと言います。

あのポップスの録音がとても良いので集めたことがある、四、五枚持っているというと、TELARCは本当に素晴らしい仕事をするので、自分が契約して、全部で十六枚出したと目が輝やきました。そうそう、TELARCだった。指揮者がクンツエル・・と話が弾み、ついでにジョージ・ブッシュで意気投合しました。ブッシュを支持するニューヨークッ子なんて市長くらいじゃなかろうか。

トロントにいたころ、人からもらったサンプルCDに入っていた最初の曲が、クンツエル&シンシナティー交響楽団の「20世紀フォックス」のテーマ音楽で、音が出たとたん、二階にいたゆうきんママ(当時は高校生)が、なんだなんだと言って駆け下りてきたものです。それほど衝撃的な音でした。

それがきっかけになりTELARCのCDを集め始めたのですが、1994年日本勤務になるとともに終わり、そんな買い方をしたことがあったことも忘れてしまったというわけです。面白いなあ、昔と今がこんな風に交わるなんて。




クンツエルのCDは五枚あった。残りの十一枚も集めてみようか。いや、コレクションなんてやらないほうが精神衛生にも家計にもいいんだ。あの頃は grp も集めていた。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。



| おのまのプロフィール | 音楽・美術・映画 | 11:09 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:09 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/1464
シンシナティ交響楽団について
シンシナティ交響楽団シンシナティ交響楽団(Cincinnati Symphony Orchestra)は、アメリカ合衆国最古のオーケストラのひとつ。シッパーズ時代の1977年に、シンシナティ・ポップス管弦楽団が設立され、エリック・カンゼルがその指揮者に迎えられた。1893年にオハイオ州
| クラッシックの世界 | 2007/02/20 9:36 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters