木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 雪の旅・2・電車 | main | 雪の旅・4・行きたくなかった >>
雪の旅・3・野球帽
三十年ちかくのあいだ、出張を数百回していますが、たまに出かけたくないことがあります。

シンガポール時代、支店長のお供で、タイとマレーシヤの国境にあるハジャイという町にあるゴム工場を見に行くことになったときは、どうしても行きたくないと出発の朝まで思っていました。

出張の二日目の夕方から猛烈な下痢が始まり、死ぬ思いでひとばんを過ごしました。腹の中がからっぽになった翌日も腹痛が襲ってくるし、気分が悪いしで急遽シンガポールに帰りましたが、衰弱した体力が戻るまで半年以上もかかりました。先ごろ起きたロシヤスパイ暗殺ではありませんが、毒を盛られたのではなかろうか・・

今回の出張も行く前から嫌な気分があったものです。出かけるときにふと野球帽をかぶりました。普段、こういう帽子で外出したりしません。格好悪い。しかしこの野球帽がなかったら、一キロ歩いているうちに体が冷え切ったことでしょう。ニンゲンの体の熱が失われるとき、八十%は頭からだそうです。嫌な気分のなかで最低の備えをしていたわけです。

一夜あけて、セントルイス空港にもどると、おお、野球帽のひとが結構います。やっぱり格好が良いとは思いませんが、こういう時もあるから野球帽は旅の必需品かもしれません。以下、写真だけです。













http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。


以上を書き終えたところで(カナダ時間十二月三日午後四時)、電話が入りました。二十年来の知人、ジェイ・モートンが十一月三十日になくなったそうです。八十七歳になるひとつきまえ。出張するまえに、電話をしようと思いながらしなかったのが悔やまれます・・・



ジェイは玄関脇に日本庭園をつくり、ここでお茶を楽しんでいました。前世は日本の侍だったそうです。


| おのまのプロフィール | | 08:21 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:21 | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters