木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< アイゼンハワー大統領の警告・3 | main | きっこさんの日記・転載 >>
アイゼンハワー大統領の警告・4
今日は四十五年前、アイゼンハワーが大統領を辞任するときの演説に盛られたアメリカ市民に訴える警告の要点を書きます。

当時、この演説は大きな関心を集めたそうですが、なるほど映画でみるアイクの真剣な表情、明瞭な語り口は、テイノウ・ジョージのニヤケた顔、お馬鹿な演説に比べると段違いの迫力です。知能が高いとか低いとかという以前に、ジョージやコイズミには誠意とか正直という基本的な資質に欠陥があるから、演説に力が感じられないのは当たり前なのですが。

●私の在任中に起こってきた現象で、アメリカがいまだかつて直面したこともない重大な脅威がある。

●戦争がおきたため、それまで農業器具を作っていた人たちが兵器をつくることになったのだが、それが嵩じていまや恒久的な軍事産業が存在するようになった。現在、三百五十万人ものアメリカ人が軍事産業に従事している。

●軍と産業の結合体は、連邦政府のあらゆる部門、あらゆる州議会、米国のあらゆる都市で、経済的、政治的、精神的にも強力な影響力を及ぼしている。

●政府部内の会議で、軍部、産業ブロックが意識的にまたは無意識的に不当な勢力を獲得しようとすることに警戒しなければならない。

●結合体の勢力が米国の自由や民主主義的な政治課程を破綻させるような事態をもたらしてはならない。

●敏感で分別ある市民のみが巨大な軍部、産業ブロックと平和的手段、目標を適切に調和させ、安全と自由を守ることができる。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。



| おのまのプロフィール | 政治経済 | 04:52 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:52 | - | - |
アメリカにこんな骨のある大統領がいたんですか。友達にこの映画の事を紹介します。
日本も世界で軍事費第2位だそうです。アメリカの言うなりに武器を買っているのがミエミエですね。
ミツ○シあたりが、アメリカと共同して兵器を作ってるんだろう思います。
この間の書き込みに誤りがありました。
北に核の情報を流したのは日本ではなくパキスタンの科学者でした。ですが、ミサイルの情報を流したのは日本の科学者です。
北朝鮮と韓国の戦争の時、日本もかなり軍需景気だったそうですね。
北の核・・・。中国が、どう動くか・・・。ロシア・・・。中国としては北に核を持ってもらいたくないないでしょう。中国の動きを注目したいですね。(アメリカの動きよりも)
| チギディー | 2006/10/19 7:32 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1379
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters