木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記・ネコミチイクヨ・後編 | main | バンクーバー・セントルイス >>
原稿:林雨・第十二回・自殺者は増えるか
「悲劇神話」という題で石井光太氏が日本は思ったより自殺が少ないのではなかろうかということを書いていました。なんでも旧ソ連の諸国が断然多いのだそうです。

http://blog.livedoor.jp/kotaism/

それを読んでいて、1973年、ブリティッシュ・コロンビア大学のビジネススクールにいたスウェーデン人の教授が「バンクーバーの冬を一度すごすと、なぜ自殺者がおおいかが分かる」と話した時のことを思い出しました。

当時のスウェーデンはフリーセックスと自殺の国というイメージがあって、イングマール・ベルイマンの映画をみて、なるほど暗い北欧ではかくのごとく衰弱した精神になるのだなと思っていたので、スウェーデンの自殺者がカナダより少ないのだろうかと怪しんだものです。だからといって統計にあたったり、日本はどうだろうと考えたりはしませんでした。

三十年ぶりに調べてみました。

The Vancouver Sun社が発行したThe 1973 World Almanacによると男性百万人あたりの自殺者数はこうです:

 1956〜57  1966〜67
日本  212.4  118.8
カナダ   76.1   80.0
スェーデン   63.1   55.3
アメリカ  101.4  98.8
ドイツ  137.2  153.4

教授が言ったようにカナダの自殺率がスウェーデンより高かったのです。そして1956〜57年の日本はカナダの三倍だったとは驚きです。十年後に半減したのは日本の経済事情がよくなったせいでしょうか。

石井光太氏が引用している統計を百万人あたりに読み替えると最近の状況は以下のようになります:

国名  統計年  自殺率
ロシヤ  2000  387
日本  2002   241
ドイツ  2001  139
スェ−デン  2001  130
カナダ  2000  117
アメリカ  2000  104

なんと四十年で、日本とスェ−デンの自殺者は倍増。
そして、日本はアジアのなかでトップ:

スリランカ 1996  216
韓国  2001  145
中国本土  1999   139
香港  1999  132
インド  1998  107
シンガポール2001    92
タイ  1994  40
フィリピン  1993    21

1990年代の日本は年間21,000ないし22,000人が自殺していますが、2000年代になると31,000ないし34,000人と50%も増えています。そして世代でみると60歳以上の自殺者が断然おおいのですが、2000年代になると50歳台の自殺者が急速に増えていて、60台のそれに迫っています。

こういう好ましくない状況を直すことが出来なかった、というより、悪化させたのが小泉政権ですが、新たに発足した安倍政権のもとで事態は更に悪化するような予感がします。

http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。



| おのまのプロフィール | 政治経済 林雨編 | 02:58 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:58 | - | - |
私も悪化するように思います。昨日、国民年金の額って私はどうなるのだろうって疑問に思って、社会保険庁に行ってきました。
30代の私で、5万いきませんでした。20からコツコツ全額払っているのにぃ。それも相場変動で今後、もっと減るかもしれません。
とりあえず、貯金を銀行に1年定期にでもするかぁ、と思っている今日この頃でしゅ。(ノ_σ)クスン
| チギディー | 2006/10/04 9:13 AM |

申し訳ありません。修正があります。5万少しでした。国民年金。これも、何年も前から400円プラスの積み立てをしていたのがよかったみたいです。(これをしないと2万いくらに・・・)これも相場変動で、変わるので見込み額です。
| チギディー | 2006/10/05 9:43 PM |

日本はだんだん無慈悲な世界に変わっていっていますね。このまま進むと、自殺者、犯罪者はもっと増え、経済指標だけが豊かな国になり、非常に住みにくい社会になる・・

こういうとき、施政者は往々にして外国を攻撃して国民の目をくらますというテを使います。きっこの日記に、昨年、安倍晋三氏がアメリカとの戦争チームとともに、日中戦争をどうやってはじめるかというシミュレーションに参加したとありましたが、その虚実をフォローすることをはじめとし、戦争の芽を摘むことに注意しなければいけない時代に入っている感じがします。
| おのま | 2006/10/09 1:49 AM |

アベちゃんには前から、右的なものを感じてました。ジュンもそうだけど。
北朝鮮をやたらつつこうとするのも、何か、ちょっと気になります。
日本人の奥さん達は、奥さんが若いだの、韓流で冬のソナタが好きだのの、そんな事ばかりをテレビで見させられて、洗脳されようとしてますが、いい加減、政治にも関心をもってもらいたいなーと思います。
特に団塊の世代!一番人数が多いんですから。ハンカチ王子を見ているばかりではいけないと思うんですよね(>_<)
これから自分の母親の介護が大変な労力と金額の負担となり、コネがなければ長期に病院に入れることも施設に入れることもできない状況にすでになっている事をいい加減、自分の問題でもあるし気づいて欲しいなぁって思います。
きっこさんにメールしてこの議題、取り上げてもらえるよう頼んでみようかしら?彼女は影響力があるし。これでこそネットの力ですよね(*^^*)
他の人気ブログ製作者にも声をかける・・・いい手かもしれませんね。
| チギディー | 2006/10/09 5:30 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1363
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters