木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記・ねそべる | main | ゲンキー記・ネコミチイクヨ・前編 >>
懸案解決・ウッドデッキ
五年前の夏、この家の改装の手配をしていた時に二人の建築家と会っています。台所・食堂が面している裏庭に小さな音楽会が開ける部屋を増やしたかったのです。

建築家のひとりは自宅にそういう部屋を作ったと言うし、もう一人は四万ドルくらいですぐできると言うしで話はとんとん拍子に進むかに思いました。

ところがふたりとも増築するにはこの家の設計図が必要である、それに基づいて市に建築許可申請しないといけない、設計図がないのなら新たに作らないといけないといいます。

家の設計図はあとになって地下室から出てきたのですが、そのときはなく、役所の手続きが嫌いな私はなんとなく水をかけられたような気分になりそれっきりになってしまいました。

裏庭に立って眺めるとこの家の外観にふさわしい部屋を増設するのは簡単ではないと感じたので気持ちが固まるまでウッドデッキでも造ろうかとバルコニーを造った大工に訊くと四千ドルかかるといいます。

増築するときはデッキはパーになるから四千ドルを投資するのはどうかなあ、自分でやってみようかと考えました。考えたものの、昨年の夏は見送り、今年はいよいよやらなきゃと思っていたのですが夏も去ってはや秋・・自分でやるとしたら二通りあり、どちらにしようかと迷っていたのです。

ひとつは本格的なデッキで、これは材料が重いからなかなか完成しないだろう。材料の運搬にトラックを借りなければいけない、本格的な大工道具がほしい、ぎっくり腰にならないように気をつけないといけない・・と暗いイメージが次々と沸いてきます。

もうひとつは簡易方法で、一メートル四方のデッキをたくさん作って敷き詰める。デッキの下は小さな物置きにする。しかし全体としてきれいなデッキになるだろうか。

などと迷っていたら、三十センチ四方のデッキを見つけました。私が作ろうと思ったものより、高さがないのが傷ですが、杉板で軽いし接合も簡単。百枚近くのデッキをつなぎ合わせて出来上がり。

材料の買いだしから完成までの時間は三時間。費用は約七百ドル。大工に頼むより、三千三百ドル、増築するより、三万九千三百ドル安い。

音楽会を開くスペースとはいえないけれど、他の履物にはきかえることなく家から戸外にでられるのはなんと気分の良い事かと満足。良い香りにひかれてかキャッキーがやってきて休憩していきました。

ちなみにこの簡易デッキは中国製でこの夏から売り出したばかりで、売れ行きは好調だそうです。


http://blog.with2.net/link.php?310164
↑クリックして頂くと「木霊の宿る町」に一票はいります。



| おのまのプロフィール | 居住空間 | 09:09 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:09 | - | - |
うわあ!素敵ぃ。ご自分で?綺麗な仕上がりでプロの仕事としか思えません!いつも思いますが素敵なおうちですね(*^^*)
| チギディー | 2006/10/01 5:53 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/1358
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters